Domuhei 1
評価: 0+x
small.jpg

このテキストは画像の下に表示されます。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの発掘現場出入り口周辺の土地は天然ガス採掘現場に偽装します。敷地には軽装備の警備員が、シフト交代制で警備します。敷地内に侵入者が侵入した場合は拘束、尋問の後に問題がないのであればBクラス記憶処理を施し解放して下さい。SCP-XXX-JP内で発掘されたオブジェクトはサイト81-██の収容ロッカーにて保管してください。
  SCP-XXX-JP内のSCP-XXX-JP-3は現在構造が未解明のため完全なシャットダウンに至っていません。SCP-XXX-JP-2制御室は4人の武装した警備員と財団標準の警報システムによって監視してください。万が一救難信号に反応があった場合はサイト-81██のサイト管理官に連絡してください。
 また、全世界のSNSやメディアによるSCP-XXX-JPに関連すると思われる情報が確認された場合、財団に協力的な専門家が情報を虚偽の情報とともに脚色することでSCP-XXX-JPの公への存在の信憑性を低下させてください。

説明: SCP-XXX-JPは、トルコ北東部の████地下██kmに位置する高さ████mの未知の文明の遺跡です。財団の放射線測定では紀元前3万年~およそ1万年前のものとされています。SCP-XXX-JPは当時の人類の建築技術では不可能な高層ビル群(SCP-XXX-JP-1)と9世紀頃のゴシック建築に似た2階建て(SCP-XXX-JP-2)の建物群で構成されています。どの建物の材質も現代の物質構成には近いものの未知の物質で構成されています。
 このSCP-XXX-JP内で確認された言語は古英語と現代英単語から発展したと推測される言語が使用されています。また、SCP-XXX-JPから発見された出土品などから現代から██年進歩していると推測されるIT技術を有していたとされています。SCP-XXX-JPは元々地下に存在していたわけではなくSCP-XXX-JPの直上のユーフラテス川第二源流付近にあったとされています。これは19██/█/█に██博士による仮説の元ーフラテス川第二源流付近にて調査された際にSCP-XXX-JP由来と思われる
 
[[/collapsible]]

[[/collapsible]]

ERROR

The domuhei's portal does not exist.


エラー: domuheiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:domuhei ( 02 Jun 2018 18:01 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License