SCP-XXXX-JP 湯けむり症候群

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 現在SCP-XXXX-JPは、サイト-████に存在する20×20×20の隙間のない水槽で収容されています。SCP-XXXX-JPは、常に脱走していないか監視している必要があります。しかし、肉眼では見えないため、撮影倍率が高いカメラを使って監視しています。また水槽の周りは、常に湿度10%以下に保っていなければなりません。SCP-XXXX-JPに関する実験を行う場合は、担当職員の許可を得て慎重に行動してください。

説明: SCP-XXXX-JPは、湯けむりに生息する微生物の一種です。SCP-XXXX-JPは湯けむりだけでなく、水関連のものならば、どこにでも生息できます。また湿度が10%以上の状態であると、空気中の水蒸気に溶け込んでしまうため、常に、乾燥している状態に保っておくことが重要です。
 
 SCP-XXXX-JPを吸引してしまうと、温泉へ禁欲症状が出始めます。序盤は症状が無いに等しいのですが、日に日に強さが増していき、最終的には、極度のストレスで死亡してしまいます。欲に負けて温泉に入ったとしても、このオブジェクトを吸引した後では、死に至ります。

 20██年に、██県██市██町の██温泉で通報があったのが初めての事件で、一番最初の被験者は上記と全く同じ症状が現れて死亡しました。その後も各地の温泉で症状が現れました。初めて観測されたのは異常性が見つかった後で、当時は各地の温泉街で、温泉や土地の影響や「これは妖だ」と騒がれていましてが、のちにこのオブジェクトの影響ということが分かり、適切な処置がとられました。
 
 このオブジェクトは常に3匹で活動しています。地図記号の温泉のような曲線を描いており、どれか一匹が死滅すると、他の2匹も死滅してしまいます。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The Digdugdog's portal does not exist.


エラー: Digdugdogのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7538324 ( 06 Jul 2021 11:30 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License