SCP-3265 - 気持ちいい
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-3265

オブジェクトクラス: 何だって構わない。君の好きにすればいい。

特別収容プロトコル: 後回しでいいんじゃないかな。この略式の報告書を読んでいる人はどうせ読み飛ばすんだ。この場所では、君は自由なんだ。誰も気付きやしない。SCP-3265で何をすればいいのか、自分の中では分かっているはずだ。全部が君のものだ。ねえ、大事な部分に入ろうじゃないか。

説明: SCP-3265は……どうやって説明したらいいんだろうね?決して簡単なことじゃない。誰にでも出来るようなことじゃない。いや、ある瞬間に限れば、誰にだって説明できるんだ。でも、ただSCP-3265を説明したんじゃ、説明にはならないんだよ。分かるかい?だから全部君の自由なんだ。誰にも出来ないような説明をすればいい。

さて、君はどうやってSCP-3265を説明する?ほら、遠慮しないで。まさか初めてってことはないだろう?君はベテランなんだから。SCP-3265を何にしたい?

背が高い方がお好み?例えば、石造りのベヒモス。家より高い、それか摩天楼より高い。大陸よりも大きいのはどう?石造りじゃない方がいい?地味かな?なるほど、"肉"が好きな人なんだね。震え、脈を刻む四肢の山。それが見渡す限りを覆い尽くすのはどう?全世界を、あらゆる世界を覆ってしまうかもしれない。SCP-3265は何にだってなれる。百の違った姿にさえ。君が望みさえすれば。

もっと……抽象的なものがお好み?昼下がりのうたた寝を概念から具現化した存在?思想的混乱の擬人化?忘れ去られた恨みから、民族への復讐を行う死語はどう?どれも捨てがたいけれど、君ならもっと良いものを思いつくはずだ。SCP-3265に集中して。君が望むなら、何にでもなる。

それとも……人?本当に興味を引かれる、皆が慕うような人。言っていることが分かるね?うん?その人には特別な魅力があって、それは光の者と戦った時に刻まれた傷跡かもしれないし、奇妙で素晴らしい何者か何かとの恋の思い出かもしれない。その人はもう死んでいて、そのことに気付いていないかもしれない。その人はここにいるべきじゃない、でも、都合は幾らでも付けられるんだよ。君が望むなら、SCP-3265はその人にもなれる。いつまで一緒に過ごしていても飽きないような面白い人。不思議な状況で、手に汗握る冒険の中で、何度も、何度も会いたくなるような人。SCP-3265に、近くの誰かの名前を付けてもいい。大きいなんてものじゃない。幾らでも大きくしていい。今ままで会った中で最高のものにするんだ。

焦らないで。ゆっくり考えて。SCP-3265は君の何になる?何になって欲しい?どうやって自分のものにする?SCP-3265は、誰にも見たことが無いものにだってできる。君ならね。

SCP-3265が何なのか、もう分かっているんだろう?君の広い脳内の中の、どこかにあるんだろう?ああ、全部見えるよ。もう形が出来上がりつつある、あともう少しだけだ。私が言って聞かせたものとは全く違う、でもそれこそが目的なんだ。私が考えたものは、君の持っているもの程素晴らしくはないんだ。そうか。私にも聞こえてくるよ、君のSCP-3265が。私が見たことのないような。誰にも見たことが無いような。色彩が、香りが、甘い音色が聞こえる。どうして自分の中にとどめておく必要がある?今にも溢れそうなんじゃないかな?大丈夫。全部出して。私に見せて。

もう少しだけ近くに。もう少し明るく。開いて、見せて。

姿を見せて。

音を聞かせて。

香りを伝えて。

味を教えて。

.

.

.
ああ……
.

.

.
君も、気持ちよかっただろう?

ERROR

The deroon_sushi's portal does not exist.


エラー: deroon_sushiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:deroon-sushi ( 02 Jun 2018 15:36 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License