SCP-KAKUGE-JP-J 超闘争試験

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x
op.png

SCP-KAKUGE-JP-Jの起動画面

アイテム番号: SCP-KAKUGE-JP-J

オブジェクトクラス: Knockout!

特別収容プロトコル: SCP-KAKUGE-JP-Jは、サイト-81██の実験用ゲーミングPCに保存して下さい。担当者は1日1回SCP-KAKUGE-JP-Jを起動し、キャラクターセレクト画面および説明画面にて新規キャラクターが追加されていないかを確認し、追加されていた場合は報告書に内容を追記してください。
実験(ARCADE)をプレイする場合は、レベル3クリアランス以上の管理担当者の許可を得た上で、対戦記録を録画し、必ず報告してください。
実験(ARCADE)をプレイする場合は、ネットワーク対戦(VS MODE)で段位クリアランスKeter以上を取得してから、同じくネットワーク対戦(VS MODE)で段位クリアランスKeter以上を取得しているレベル4クリアランス以上の統括サイト管理者の監督下で行って下さい。

説明: SCP-KAKUGE-JP-Jは、『Super Combat Probation -超闘争試験-』と銘打たれた2D対戦格闘ゲームアプリケーションです。20██/█/██にサイト-81██の実験用ゲーミングPC内に突如アプリケーションが出現したことでその存在が確認されました。これまで研究目的に██回の複製及び再配布が行われています。
SCP-KAKUGE-JP-Jは不定期にゲーム内のプレイアブルキャラクターが自動増加する異常性を有しており、現在のところプレイアブルキャラクターは345678体が確認されています。プレイアブルキャラクターは実在する財団職員または財団が収容するオブジェクトに関連していると考えられていますが、確認できる限りでは当該職員及びオブジェクトは全員このゲームの開発への関与を否定し存在も知らなかったと証言しています。

SCP-KAKUGE-JP-Jは実験(ARCADE)、対戦(VS MODE)、訓練(TRAINING)などのゲームモードを搭載しており、1~4人対戦にまで対応しています。Windows XP以降のOSを搭載したコンピューター上で動作確認済みです。対戦画面は854*480 pixelであり、ハイレゾ画質です。操作は4+1ボタンに方向キーを組み合わせて行い、設定(OPTION)にてボタンコンフィグを行うことで、ゲームスティック・パッドを使用することもできます。キャラクターは3Dモデルにモーションを付け、2Dレンダリングされて製作されたと考えられています。

実験(ARCADE)ではプレイアブルキャラクターを選択すると、固有のストーリーが紹介された後、CPUが操作する各キャラクターとの対戦を行い、最終的に隠しキャラクターであるラスボスとの対戦を行うことになります。ラスボスに勝利するとそれぞれのストーリーの後半部が明らかとなり、起動画面に戻ります。
プレイアブルキャラクターのストーリーは様々ですが、一貫して「世界に限られたキャラクターしか存在しなくなり、互いに戦うことでその原因を探らざるを得なくなった」という、何らかのK-クラスシナリオの発生が示唆される点は共通しています。
実験(ARCADE)の難易度は非常に高いため、現在職員が実験(ARCADE)をプレイするには、まずネットワーク対戦(VS MODE)にて段位クリアランスKeter以上を取得しなければなりません。

以下の文書はSCP-KAKUGE-JP-Jの隠し要素を明らかにしています。
そのためアクセスは、ネットワーク対戦で段位クリアランスKeter以上を取得しているレベル4以上のクリアランスを保持した職員にのみに限定されます。

職員コード
パスワード

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The den_wgC73NFT9I's portal does not exist.


エラー: den_wgC73NFT9Iのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3321143 ( 25 Nov 2019 08:06 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License