SCP-No.-JP(固定フィルム)
rating: 0+x

アイテム番号:SCP-No.-JP

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル:SCP-No.-JP群を耐火性のある箱に収容したうえで金庫に収容してください。

説明:対象は無色透明な写真フィルムです。対象を使用して写真を現像すると被写体が撮影当時の状況を再現して撮影場所に固定されます。固定された被写体は一切の物理的干渉を受け付けなくなり、時間経過による劣化などもおこりません。また、SCP-No.-JPで写真を現像すると音以外のすべての状況を保存できるようです。また、SCP-No.-JPで現像した写真はデータから消滅するようです。(実験記録No.-JP-4を参照)

実験記録No.-JP-1 - ████/██/██

対象:Dクラス職員 1名
目的:現像前に被写体を移動させた場合の観察
結果:現像時に移動していた被写体は消滅、撮影場所に撮影当時の被写体が固定された状態で出現しました。
考察:

実験記録No.-JP-2 - ████/████

対象:Dクラス職員 1名
目的:SCP-No.-JPを使用し現像された写真の裁断
結果:固定されていたすべての被写体の固定が解かれました。また、固定から解かれた被写体は撮影当時の状態のままでした。
考察:SCP-No.-JPを使ってサイトの壁の写真を現像すればかなりの強度を得られるのでは…? - 責任者███ ██博士

補遺:███ ██博士の実験室の出入り口を撮影し、強度を試したところ強度は問題なかったのですが扉が固定されて出入りできなくなったため再検討

実験記録No.-JP-3 - ████/██/██

対象:投擲されているボール一つ
目的:固定解除後に運動が保存されているかの観察
結果:ボールは撮影当時の動きを続けました。
考察:動きなどの運動も保存されるのか - 責任者███ ██博士

実験記録No.-JP-4 - ████/██/██

対象:故 エージェント ██
目的:故人を写した写真をSCP-No.-JPを使用して現像した場合の観察
結果:撮影当時のエージェント ██が撮影場所に固定された状態で出現。写真を四等分したところエージェント ██のみが消滅。使用した写真はデータ上から消滅していました。
考察:さすがに故人の蘇生はできなかったか… - 責任者███ ██博士


ERROR[[span_]]

The clown noon's portal does not exist.


エラー: clown noonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4223251 ( 12 Jun 2018 12:06 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License