SCP-No.-JP(高慢の香り)

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-1161-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1161-JPに寄生された宿主(以降SCP-1161-JP-aとします)に対して友好的な人物と隣りの収容室に収容されます。SCP-1161-JPが収容違反した際は赤外線を照射して位置を特定したのち消滅するまで消臭剤を浴びせ続けてください。また、SCP-1161-JP-aが収容違反した際は麻酔銃とハザードスーツを用意した担当職員に追跡、確保させてください。SCP-1161-JP-a収容室には一日に一度市販の消臭剤の詰め替え用パックの十分の一を散布してください。(実験記録1161-JP-2を参照)

説明: 対象はエステサロン████ の室内の匂いによく似た香りを放つ霧状寄生生命体です。対象に寄生されると高慢な性格になり、周囲の人物を見下すようになります。また、SCP-1161-JPはSCP-1161-JP-aに対して友好的な人間がいなくなるとSCP-1161-JP-aから離れて次の宿主を探し始めます。また、SCP-1161-JP-aを孤立させることでSCP-1161-JPにどのような利点が発生するのかは現在研究中です。
追記: 長時間寄生できないでいるとSCP-1161-JPは消滅するようです。

SCP-1161-JP-aとの間に遮蔽物のない状態で長時間至近距離にいるとSCP-1161-JPに寄生される可能性があります。この可能性は予め自分に消臭剤をかけておくことで最小限に抑えられます。

SCP-1161-JPは自クラスの生徒全員が寄生された高校教師によって発見、通報されました。この通報により32人のSCP-1161-JP-aが保護、収容されました。

実験記録1161-JP-1 - 20██/██/██

対象: SCP-1161-JP-a 一名
目的: 宿主が死亡した場合のSCP-1161-JPの観察
結果: SCP-1161-JPは独立することなく消滅
考察: SCP-1161-JPがSCP-1161-JP-aから離れるのには何らかの条件があるらしい。 ー責任者██ ██博士

実験記録1161-JP-2 - 20██/██/██

対象: SCP-1161-JP-a 一名
目的: 何の対処もせずに部屋で生活させた場合の観察
結果: SCP-1161-JP-aの身体から白い煙が発生。その煙を吸った職員2名が寄生され、それぞれSCP-1161-JP-a-35、SCP-1161-JP-a-36に指定されました。
補遺:実験後、責任者を██ ██博士には減俸処分が下されました。特別収容プロトコルに一部追加。

実験記録1161-JP-3 - 20██/██/██

対象: SCP-1161-JP SCP-1161-JP-a それぞれ一体ずつ
目的: 消臭剤をかけた場合の反応の観察
結果: SCP-1161-JPは収縮、SCP-1161-JP-aは少し高慢ではなくなりました。
考察: やはりSCP-1161-JPには消臭剤が有効でしたね - ██研究員

収容違反記録1161-JP-1 - 20██/██/██

違反対象: SCP-1161-JP 3個体
11時23分: 収容違反発生
11時32分: 対象が赤外線カメラに映り、位置が特定される
12時6分: SCP-1161-JPを1個体再収容
12時24分: 2体目のSCP-1161-JPを再収容
12時41分: 残り1個体が見つからないためサイト全体に消臭剤を散布
補遺: 責任者の変更が検討されましたが██ ██博士の懇願により変更は却下。██ ██博士にはさらなる減俸処分が下されました。[[include credit:start]]

タイトル: SCP-1161-JP - タイトル
著者: ©︎clown noonclown noon
作成年: 2018


[[/div]]

scp-heritage-v3.png
評価: 0+x
評価: 0+x

[[/div]]
[[/div]]
[[/div]]

ERROR

The clown noon's portal does not exist.


エラー: clown noonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:clown-noon ( 12 Jun 2018 12:06 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License