横断歩道法第//条
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXX-JPは、██県██市、県道██号線上に存在する横断歩道です。歩行者用信号が緑色の時は異常性が発現しないものの、赤色の時にSCP-XXX-JPを横断すると異常性が発現します。信号を無視し、横断した対象(SCP-XXXX-JP-1と呼称)には「横断歩道の白線部を渡らなくてはならない」という強い強迫観念と、極度な平衡感覚の喪失が見られ、ほぼ確実に白線部から足を踏み外すという結果になります。足を踏み外したSCP-XXXX-JP-1は痕跡を残さず、即座に消失します。転移先は判明しておらず、GPSを用いた実験は全て失敗に終わっています。 補遺XXXX-1を参照。

補遺: オブジェクトの発見から██日後に一枚の紙とともに、体の至る所が潰された遺体が出現しました。特に頭部と脚部は損傷が激しく、完全に陥没しています。その二箇所の幅が正確に1435mmであったため古代ローマで使用されていた馬車によって轢殺されたと見られています。また、遺体に付着していた泥を調査したところ少なくとも███年間に渡って轢かれ続けたことが判明しました1

ERROR

The Cinna-Mon's portal does not exist.


エラー: Cinna-Monのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5631666 ( 03 May 2020 08:17 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License