SCP-4281

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png
UPLnAxv.png

SCP-4281と白い矢印で記されたSCP-4281-1。

アイテム番号: SCP-4281

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-4281を収容している部屋に常にカギをかけて、「故障中」の看板を立ててください。無関係の人間が侵入した場合、インタビュー後にクラスA記憶処理を施されて解放されます。二人の警備員がサイト内のカジノスタッフを装って常に在中してください。SCP-4281-1との会話は承認された実験以外では禁止されています。

説明: SCP-4281は、ネバダ州ラスベガスのホーリーローラーカジノの1階に配置されている男子トイレです。

SCP-4281-1はSCP-4281内に住んでいる知的実体です。SCP-4281-1実体はトイレ個室の壁または扉の20cmの隙間からのみ視認できます。他の方法で視認した場合内部に何も確認されません。もし迂回や扉の破壊などで強引に侵入した場合SCP-4281-1は確認されません。ドアを閉めるか、トイレを一定時間占有せずに放置すると、SCP-4281-1は再出現します。この異常性により、SCP-4281-1は白と赤のストライプの靴下と青と白の1995 Adidas Orionのランニングスニーカーを履いた白人男性のふくらはぎしか確認されていません。

もし人がSCP-4281と隣接する個室に入った場合、10~15秒後にSCP-4281-1が入った人と会話を開始します。SCP-4281-1は明るい、穏やかな南西アメリカ訛りを持ち、長い個人的な逸話、求められていないアドバイス、時事問題に関する長々とした意見などが主な話題です。SCP-4281-1は、反応の有無に関係なく話し続け、多くの場合、会話の自然な一時停止を「なあ、そうだろ?」、「別のことだけど…」及び「なあ、それで俺がどう思ったと思う?」等のフレーズで埋めます。

SCP-4281-1は、ほとんどの場合日常的なトピックについて議論しますが、まれに奇跡論や造血誘発を含むさまざまな異常な話題への洞察を示します。さらに、SCP-4281-1は財団といくつかのGOIに関する大量の個人情報と機密情報を保有していることが見受けられます。SCP-4281-1は選択された「議論」から逸脱することを望まない、または逸脱することができないようなため、これらの主題に会話を導く試みは効果的ではないことが確認されています。そのため、SCP-4281-1の知識の全容、またその情報をどのように取得したかは現在不明です。

付与予定タグ: 移動不可能 知識 safe 知性 scp 自我


ERROR

The chain_chain's portal does not exist.


エラー: chain_chainのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8224805 ( 07 Sep 2022 23:23 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License