悪コン下書き「美味礼讃」

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPとその敷地をサイト-81██に指定し、民間人の進入を阻止してください。対象地域でSCP-XXX-JPに関する招待状が確認された場合は対象の回収とカバーストーリー「金持ちの道楽」の流布を行ってください。

年に1名2名のDクラス職員をSCP-XXX-JP-B候補者として選定し、サイト-81██に併設された標準人型オブジェクト収容室に収容してください。候補者への食事は機動部隊て-28("食の鉄人")によって厳重に管理されます。SCP-XXX-JP活性化の30日前になっても候補者がSCP-XXX-JP-Bに変化しなかった場合、直ちにSCP-XXX-JP-Bとなった人物を捜索してください。

財団データベースから上質な食事を摂ることが可能な能力や財力、環境を持ちうる人物の上位100名の人物をリストXXX-JPに指定します。リストXXX-JPは年に1度、SCP-XXX-JP活性化の60日前に更新されます。リストXXX-JPの更新後からSCP-XXX-JP-Bの発生までの期間、リストXXX-JPに含まれる人物に対して味覚抑制効果のある薬品の投与と質の低い食事への誘導が行われます。この際に必要であるならば記憶処理の実施が許可されます。

SCP-XXX-JPの転移が確認された場合は人工衛星による対象の捜索が行われます。SCP-XXX-JPが特定され次第臨時サイトの設置とSCP-XXX-JP-B候補者となるDクラス職員の選定が行われます。候補者の食事を管理する人材が不足している場合は民間人を一時的にレベル0職員として雇用する事が許可されます。

現在"食事会イベント"に関する実験は禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは[編集済]に存在する二階建て住宅です。玄関にあたる扉には「三叉槍」、もしくは「フォーク」をモチーフにしたと思われるエンブレムが確認できます。これは全ての転移において確認される唯一の外見上の共通点です。非活性状態のSCP-XXX-JPは外部からのあらゆる干渉を受けず内部の観測も不可能です。SCP-XXX-JPは特定の要因により転移し、転移先の文化に則した建築物に変化します。財団の記録上では██回の転移が確認されており、その範囲は█ヶ国、██ヶ所の地域に及びます。

SCP-XXX-JPは年に1度活性化し玄関の扉が開放されます。SCP-XXX-JP内部には複数の実体(SCP-XXX-JP-A)が出現し"食事会イベント"が発生します。SCP-XXX-JP-Aは空中に浮遊する、顔の上面を覆う形状のマスクと衣服で構成されます。これらは透明な人型実態よって着用されているかの様に振る舞います。マスクと衣服は霊的実体であると思われ、外部から侵入した人物が接触した場合はすり抜けます。SCP-XXX-JP活性化の前段階として2つの異常現象が発生します。

SCP-XXX-JPの活性化する30日前になると一定の基準を満たした人物(SCP-XXX-JP-B)の左臀部にSCP-XXX-JPの扉のエンブレムと同様の図形がケロイド状瘢痕として現れます。SCP-XXX-JP-Bとなる人物の基準はおおよそ以下の2点であると思われます。

  • 身体の欠損や生命に関わる疾病が無い。
  • 最も上質な食事を摂れる能力又は環境を持っている。

上質な食事の定義はおおよそ一般的な認識と一致し、SCP-XXX-JP-B個人の嗜好は関係しないと推測されます。SCP-XXX-JP-Bは異常な物理的耐性を獲得し、外的要因による致命的な損害を受けなくなります。投薬等による終了は可能ですが、SCP-XXX-JP-Bの死亡はSCP-XXX-JPの転移に繋がるため推奨されません。。SCP-XXX-JP-Bとなった人物は自らの権力や財力、環境を利用してより上質な食事を摂ることに執着します。SCP-XXX-JPの活性化が始まるとSCP-XXX-JP-Bは直立状態で硬直し、SCP-XXX-JP内部へ転移します。

SCP-XXX-JPが活性化する7日前になるとSCP-XXX-JPから周囲2kmの民家のポストに招待状(SCP-XXX-JP-C)が出現します。SCP-XXX-JP-CにはSCP-XXX-JPの扉と同様のエンブレムが刻印され、食事会を開催する旨の文章とSCP-XXX-JPへの簡単な地図、開催日時などが対象地域の主要言語で記載されています。

SCP-XXX-JPの活性化が始まると建物の内部に複数のSCP-XXX-JP-Aが出現し"食事会イベント"が始まります。この時招待状を所持した外部の人間も"食事会イベント"に参加することができます。外部からの"食事会イベント"に参加した人物を以下SCP-XXX-JP-Cとします。SCP-XXX-JP内部に進入したSCP-XXX-JP-Cの頭部にはSCP-XXX-JP-A同様のマスクが出現します。これは"食事会イベント"の終了まで外すことができません。SCP-XXX-JP-Cは"食事会イベント"で提供される料理に対して好意的な解釈を示しそれを衝動的に摂食します。

"食事会イベント"は一般的な立食パーティーのように見えます。食事の様式とSCP-XXX-JP-Aの服装は対象地域の文化や風俗に則したものになります。"食事会イベント"発生ごとに出現するSCP-XXX-JP-Aの個体数は後述の増加を除いて一定です。SCP-XXX-JP内部へと転移したSCP-XXX-JP-Bは調理服のSCP-XXX-JP-Aによって調理され、他のSCP-XXX-JP-AやSCP-XXX-JP-Cに提供されます。SCP-XXX-JP-Aが触れた料理は実体と同様に接触不可能となり、SCP-XXX-JP-Aの口が存在すると思われる地点で消失します。提供された料理が人肉であることを認識しているにも関わらずSCP-XXX-JP-Cはそれを摂食することに抵抗を示しません。SCP-XXX-JP-CはSCP-XXX-JP-Bを摂食すると急激な多幸感を覚えると同時に、SCP-XXX-JP-Bが過去30日に摂った全ての食事を鮮明に想起します。全てのSCP-XXX-JP-Bが消費されることで"食事会イベント"は終了します。その後SCP-XXX-JPの玄関の扉が閉まり、対象は非活性状態になります。

"食事会イベント"の終了までにSCP-XXX-JP-Bを摂食したSCP-XXX-JP-Cが存在した場合、次回の"食事会イベント"で出現するSCP-XXX-JP-Aの個体が1体増加します。増加した個体はSCP-XXX-JP-Cの体格、声紋と一致します。

収容記録XXX-JP: 財団は早い段階でSCP-XXX-JPの存在を確認していましたがその異常性の一部しか把握出来ていませんでした。年に1人の周期で著名な美食家が失踪した事件の捜査からSCP-XXX-JP-Bが外部の人間である事が判明しました。研究と実験により転移の条件を特定してからは特別収容プロトコルが改定され、現在の対象地域を管轄する財団日本支部へと収容が引き継がれました。

補遺: ██回目のイベント発生時において財団が用意したSCP-XXX-JP-Bの他に不明なSCP-XXX-JP-Bが確認されました。これ以降の活性化毎に出現するSCP-XXX-JP-Bの数は常に2体ずつです。SCP-XXX-JP-Aの個体数とSCP-XXX-JP-Bの個体数が相関関係にある可能性を考慮して今後のSCP-XXX-JP-B摂食実験は禁止されました。


ERROR

The cgu2's portal does not exist.


エラー: cgu2のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:cgu2 ( 01 Aug 2018 08:55 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License