SCP-XXX-JP - 一日一善

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、サイト81██の高危険度物品収容区画にあるロッカーの中で保管されます。SCP-XXX-JPは、サイト-76の収容室で、壁に貼り付けて保管されています。SCP-XXX-JPは漢字が読めないDクラス職員が監視する必要があり、そのDクラス職員には毎週の精神鑑定を義務付けます。それ以外の職員はSCP-XXX-JPを直視してはいけません。Dクラス職員に変化が見られた場合には記憶処理を施してから別サイトへ送って下さい。

説明: SCP-XXX-JPは「一日一善」と書かれた1枚の和紙です。発見は、19██/██/█ ブラジルの刑務所で、不審な大量殺人が起きている事を不審に思った財団のエージェントが回収しました。この紙を見た者は24時間以内に『善いこと』を実行しようとします。この影響は『善いこと』が完了するか24時間が経過するまで続き、24時間の経過によって終了した場合には対象は精神的に不安定な状態になります。影響の大きさは『善いこと』の達成回数に関係しており、達成出来なかった時の精神的ショックも大きくなる事が分かっています。この『善いこと』の内容は対象の趣味嗜好によって変化しますが、最終的には人の殺害や、それに準ずる行いをするようになります(実験記録を参照)。この際、手段は直接的なものに限らず、他のオブジェクトの収容妨害などの間接的な行動も含まれる事が確認されています。又、この異常性はSCP-XXX-JPを視界に入れる事によってのみ発言すると考えられていましたが、事案記録XXX-JP-1が発生した事でSCP-XXX-JPの影響下に誰もいない場合、それの存在を知っている人物に影響を与える事が判明しました。この影響は異常性の理解度に比例して大きくなります。これ以降、SCP-XXX-JPは必ず1人以上の職員によって監視されることが義務付けられ、サイト-76への移送が決定しました。

事案記録XXX-JP-1
19██/█/██ サイト81██で収容違反が発生しました。SCP-JP-██の内██%がサイト外へと脱走し、これによって職員の1██名が死亡しました。機動部隊む-2("嵐を呼ぶ男")が再収容に当たりましたが、█%は未だ収容に至っていません。この事態は、当時このサイトで働いていた██博士によって起きたもので、この件によって終了措置を受けました。また、この博士はSCP-XXX-JPの実験を行った人物でした。

補遺1:収容された刑務所の食堂に掛かっていたSCP-XXX-JPは当時看守長であった█████氏が伴 ██を名乗る日本人から譲り受けた物だと答えており、SCP-XXX-JPに押された判の名前と一致したことから現在行方を捜索しています。


ERROR

The Bromedent Metal's portal does not exist.


エラー: Bromedent Metalのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4425314 ( 28 Jul 2018 16:20 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License