SCP-XXX-JP[TASウィルス]

現在このページの批評は中断しています。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、ゲームソフト[削除済み]がインストールされたコンピュータに保管されています。SCP-XXX-JPの保管されたコンピュータを起動する場合、財団職員はサングラスを着用した状態でSCP-XXX-JPを閲覧してください。また、SCP-XXX-JP-Aが発生した場合、それが起こす行動を邪魔せずSCP-XXX-JP-Aの居る部屋の外に出て、██分程経過した後再度入室し、コンピュータをシャットダウンしてください。また、SCP-XXX-JP-Aが発生した室内に、SCP-XXX-JP-A-2などのオブジェクトが残った場合、施設内の焼却炉を用いて処分をしてください。

説明: SCP-XXX-JPは、コンピュータに潜む視覚感染する特殊なウィルスです。SCP-XX-JPに感染した場合SCP-XXX-JP-Aとなり、周囲に様々なオブジェクトを発生させ、異常な行動/発言をします。SCP-XXX-JP-Aが起こす行動は、なんらかのゲームソフトに準拠しており、その行動が終了するとSCP-XXX-JP-Aは活動を停止し、感染者の体内に存在するSCP-XXX-JPは消滅します。SCP-XX-JP-Aの行動終了時、星の形をしたSCP-XX-JP-A-1が発生する場合があります。それを目視した財団職員が活動を停止したSCP-XXX-JP-Aのことを平和主義者と認識する傾向にあります。また、同状況時、部屋にドニの形をしたSCP-XXX-JP-A-2などが散乱している場合もありますが、それらに害はないので、収容プロトコルに則り処理をしてください。また、SCP-XXX-JP-Aは明確な意思疏通が出来ますが、質問者の問いを先回りし、時間が経過すると質問者を無視し異常行動に戻ります。

補遺:

SCP-XXX-JP-Aが起こす異常行動の例:

・衣類のポケットから筆記用具の見た目をしたSCP-XXX-JP-1取りだし、文字を書き出す。そのノートに書かれた物品、生物、人物はSCP-XXX-JP-1-αとしてSCP-XXX-JP-Aの存在する室内に発生する。
・壁に尻を密着させ、痙攣と叫び声を上げた後に壁と床を通り抜け、室内から脱出する。
・寝具、勉強机、日記帳などの形状をしたSCP-XXX-JP-2が発生し、それらを計31回往復する。
・ボーリングボールとピン、障害物の形状をしたSCP-XXX-JP-3が発生し、物理法則を無視した動きでボーリングを行う。
・不可解な動作で室内を高速移動する。

などの行動が現在確認されているが、未だ確認できていない行動があると見られる。

SCP-XXX-JP-Aへのインタビュー映像記録:

質問者: ████博士
回答者: SCP-XXX-JP-A


ERROR

The Bluetas-Youaremocha's portal does not exist.


エラー: Bluetas-Youaremochaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5392348 ( 01 Sep 2020 14:30 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License