紅白帽子
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の収容金庫に収容されます。SCP-XXX-JP-R-1〜5はサイト-8115の低年齢用人型収容室に、SCP-XXX-JP-W-1〜5はサイト-8165の低年齢用人型収容室に収容し、成長に応じて適切な教育を施してください。また、2週間に1回カウンセリングを行ってください。上記以外のSCP-XXX-JP-R及びSCP-XXX-JP-Wはサイト-81██の標準人型収容室に収容されます。実験時を除いてSCP-XXX-JP-RとSCP-XXX-JP-Wが互いを視認することがないようにしてください。SCP-XXX-JP-R及びSCP-XXX-JP-Wに関する実験にはセキュリティクリアランスレベル3以上の職員の許可が、SCP-XXX-JP-Uに関する実験にはセキュリティクリアランスレベル4以上の職員の許可が必要です。

説明: SCP-XXX-JPは█████社製の紅白帽子18個です。20██年に██県の████小学校に購入されたものであり、これら以外の同製品及び同社製品に異常性は確認されていません。

SCP-XXX-JPを赤い面を上にして着用した場合、着用者の瞳孔が赤く変色します。同様に、SCP-XXX-JPを白い面を上にして着用した場合、着用者の瞳孔が白く変色します。この状態になった着用者を、それぞれSCP-XXX-JP-R、SCP-XXX-JP-Wとします。SCP-XXX-JPの着用による変化は恒久的なものであり、元に戻ることはありません。

SCP-XXX-JP-R及びSCP-XXX-JP-WはSCP-XXX-JP-Rを「紅組」、SCP-XXX-JP-Wを「白組」と呼称し、瞳孔を確認せずにSCP-XXX-JPの暴露者を判別できます。SCP-XXX-JP-RはSCP-XXX-JP-Wに対して高い敵意を示し、SCP-XXX-JP-Wを視認した場合その時行いうる最も効率の良い方法で相手を殺害しようと試みます。SCP-XXX-JP-WもSCP-XXX-JP-Rに対して同様の反応を示します。SCP-XXX-JP-R及びSCP-XXX-JP-Wは着用したSCP-XXX-JPを脱ぐことに軽い抵抗を覚えますが、強く命令すれば従います。しかし、SCP-XXX-JPを脱いだ後、自身が初めに着用した色の面を下にしてSCP-XXX-JPを着用することには強い抵抗を覚え、着用した場合死亡します。この時の死因は不明です。

SCP-XXX-JPは20██/04/16に、████小学校において1年生18人がSCP-XXX-JP-RないしSCP-XXX-JP-Wとなり争い合う事案が発生、教師が警察に通報し、財団に存在を確認されました。この際18人のうち8人が死亡し、生存者10人は財団が収容、SCP-XXX-JP-R-1〜5及びSCP-XXX-JP-W-1〜5と指定されました。小学校及び警察関係者にはクラスB記憶処理が施され、周囲にはカバーストーリー「猟奇殺人」が流布されました。

以下は収容されたSCP-XXX-JP-R-1へのインタビュー記録です。

インタビュー記録XXX-JP

対象: SCP-XXX-JP-R-1 (本名: ██ 優斗)

インタビュアー: ██博士

<録音開始>

██博士: さて、優斗くん、君にいくつか質問があるんだ。落ち着いて、答えてくれるかい?

SCP-XXX-JP-R-1: う、うん。大丈夫。

██博士: いいね。それじゃあ質問。君たちは昨日、学校でいきなり暴れだしたんだよね。どうして?

SCP-XXX-JP-R-1: ……だって、白組が、隣にいたから……。殺さなきゃ、殺されてたから……。

██博士: でも、██君1とか██さん2とか、昔からのお友達だったんじゃないの?

SCP-XXX-JP-R-1: ██? 友達だけど……え、なんで?

██博士: ……いや、いいんだ。次の質問にいこう。君たち紅組は、なんで白組と戦ってるの?

SCP-XXX-JP-R-1: だって、白組は悪い奴らだもん。

██博士: 悪いって、どんな風に?

SCP-XXX-JP-R-1: えっと……分かんない、けど、でも、絶対悪いんだよ。許せないんだよ。

██博士: ……うん。そうか。質問は以上だ。ありがとう。

<録音終了>

付記: この後、SCP-XXX-JP-R-2〜5及びSCP-XXX-JP-W-1〜5にも同様のインタビューを行いましたが、いずれも特筆に値する回答は得られませんでした。

補遺: 20██/██/██、SCP-XXX-JP-R-6(D-1792)及びSCP-XXX-JP-W-6(D-1793)を使用しSCP-XXX-JPの記憶への影響を調査するための実験を行なっていた際、SCP-████-JPの収容違反が発生しました。

ERROR

The blue_radio's portal does not exist.


エラー: blue_radioのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:blue-radio ( 03 Jun 2018 04:04 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License