ワルコン(仮)
がいこつ

SCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の特別人型オブジェクト収容房(No.066)で収容されます。収容房にはモニターを設置し、直近に起こった重大な犯罪事件の映像をSCP-XXX-JPの要望に応じる形で流してください。またSCP-XXX-JPには3日に1度程度、死者の出る可能性の高い実験の様子を実際に見学させてください。この際のSCP-XXX-JPは財団に協力的ですが、収容違反に細心の注意や、厳重警戒体制を敷いた対象の輸送が求められます。重要な機密事項の絡んだ実験の見学はあまり好ましくありません。

説明: SCP-XXX-JPは一見骸骨のようである由来不明の人型実体です。日本語によるコミュニケーションが可能で、会話の中には広島弁1を用います。食事や呼吸などの生理現象は確認されず、またそれを必要としません。SCP-XXX-JPのエネルギーとなっているのは、非人道的行為の手助け、及びそれを鑑賞することへの興味関心と満足感とみられます。SCP-XXX-JPは戦争や大量虐殺、詐欺、強盗殺人などの主として犯罪行為や人間が死亡することに非常に関心を示します。

SCP-XXX-JPは1950年にサイト-8100に姿を現し、「自分を収容してくれ」と自ら申し出ました(その際のSCP-XXX-JPとの接触ログは[ログ名]を参照)。財団は[ログ名]で提示された"条件"を承認し、仮収容へと移りました。その後、仮収容内でのSCP-XXX-JPとの接触から、[ログ名]でのSCP-XXX-JPの供述内にあったSCP-XXX-JPの異常性は虚偽ではないとされ、現在の収容体制となっています。

SCP-XXX-JPは"条件"を満たしている限りは財団に対し協力的であり、収容違反の危険性は低いとみられています。しかし"条件"を満たさなかった場合、SCP-XXX-JPは自らの手で残虐行為に走り、財団職員や民間人に大きな被害が出ると予測されます。

接触ログ-[未定]

ERROR

The benisou's portal does not exist.


エラー: benisouのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:benisou ( 26 Jul 2018 12:29 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License