SCP-JP予定 喉元過ぎれば

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 回収されたSCP-XXX-JPは低危険度オブジェクト用大型保管庫に随時搬入,保存されます。保管庫貯蔵可能量の八割を超えた場合,超過量を液体オブジェクト用圧縮固形化処理プロトコルに従って小型の有機ペレットに変換し異常物品由来副産物貯蔵庫に収容されます。

一般市場に流通しているとみられるSCP-XXX-JPを発見,回収するために広域機動部隊ゆ-7”ブルワリー”が全国の大手コンビニチェーン,スーパー,酒屋等の,酒類を取り扱う販売店を監視します。また,一般への注意喚起,啓蒙活動のためのプロトコル”オリオン”が全国に展開されます。

説明: SCP-XXX-JPは全国の飲食店を含む酒類を販売する店舗に出現する,製造元不明の缶ビールです。SCP-XXX-JPの外見は一定ではなく,常に現在流通している他種の缶ビールの外見を模倣しています。この模倣は完全なものではなく,原材料名の誤表記,およびラベルデザインの不一致などによって正規の商品と区別することが可能です。
SCP-XXX-JPの異常性は,ある種類の動作(別紙プロトコル”オリオン”参照)を行わずに人間がSCP-XXX-JPを摂取した場合に発生します。SCP-XXX-JPを摂取した人間は顔面から胸部にかけての著しい変形に見舞われます。その変形は生じた人間の個体差にもよりますが,共通して頬の膨らみ,目尻の下垂,耳朶および肩幅の増大,腹部の肥大が認められます。その後,
SCP-XXX-JPは東京都██区にて不審な商品があるとの通報を受け,警察内部に潜入するエージェントによって初めて回収されました。SCP-XXX-JPが回収された最初の事例ではSCP-XXX-JPの外装ロゴ部分が「Esahii」となっており,以後同様のケースが4回発生したため当該オブジェクトはSCP認定を受けました。

補遺1: 20██/3/26に発生したSCP-XXX-JP関連インシデント遭遇者へのインタビュー

補遺2: プロトコル”オリオン”概要より抜粋


ERROR

The basicoftheunder's portal does not exist.


エラー: basicoftheunderのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:basicoftheunder ( 31 May 2018 16:37 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License