記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

あ

下りエスカレーターを上るSCP-XXX-JP-J。

アイテム番号: SCP-XXX-JP-J

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 担当職員はSCP-XXX-JP-Jの出現の可能性がある地点、日時を常に把握し、職員を5 2名をその地点に向かわせてください。SCP-XXX-JP-Jが出現した場合、職員はSCP-XXX-JP-Jを5分間取り押さえてください。一方の職員がもう一方の職員に対して軽い暴行を行ってください。その後、SCP-XXX-JP-Jの目撃者に対してAクラス記憶処理を施し、カバーストーリー「不審者」を流布してください。

説明: SCP-XXX-JP-Jは身長約170cmの人型実体です。SCP-XXX-JP-Jは幼児期の児童が20人以上存在する地点付近に出現します。SCP-XXX-JP-Jは目標地点に向かう際、信号機の表示を無視して横断歩道を渡る、エスカレーターを逆走するなどのルールに反した行動を取ります。幼児期の児童がSCP-XXX-JP-Jのこの行動を見ると、(その児童を以降SCP-XXX-JP-J-1と表記)SCP-XXX-JP-J-1はルールに反した行動を取ることを好むようになります。ただし、これは幼児期の児童が一般的に行うものであり、これにより民間人が被害を被る場合はほとんどありませんが、幼稚園などの施設にSCP-XXX-JP-Jが出現した場合、大規模な混乱が引き起こされる可能性があるため、注意が必要です。

インタビュー記録XXX-JP-J

ERROR

The bamboon's portal does not exist.


エラー: bamboonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3591242 ( 02 Jun 2018 11:46 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License