真実の愛(笑)

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは低危険度物品保管ロッカーに保管されます。実験を行う場合はレベル3以上の職員の許可が必要です。現在SCP-XXX-JPを用いた実験は禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは全249ページのハードカバー書籍です。SCP-XXX-JPの表紙は白色であり、何も書かれていません。SCP-XXX-JPの成分に異常はありませんが、ページが破損したり汚れたりすると即座に元の状態へと戻ります。

過去の恋愛対象を亡くしている人物(以降SCP-XXX-JP-1と表記)が、その恋愛対象(以降SCP-XXX-JP-Aと表記)の名前をSCP-XXX-JPのいずれかのページに書き込むと、そのページの余白に「真実の愛(笑)があるなら乗り越えられるよね!」という文章が出現します。SCP-XXX-JP-1が書き込んだ名前と余白に出現した文章が消えることはありません。その後、SCP-XXX-JP-1を中心として直径3m以内にSCP-XXX-JP-Aと同一の記憶を持つ実体(以降SCP-XXX-JP-2と表記)が出現します。SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JP-1が恐怖、または嫌悪を抱く存在の姿をしており、その存在への恐怖、嫌悪が強いものであるほどSCP-XXX-JP-2の体長は増大します。SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JP-1と24時間以上離れる、SCP-XXX-JP-1に拒絶されるなどすると、SCP-XXX-JP-Aと同じ死に方をします。この際のみSCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JP-Aと同じ姿になります。SCP-XXX-JP-1が死亡した場合、SCP-XXX-JP-2は問題なく生命活動を続行します。

SCP-XXX-JP-1がSCP-XXX-JP-2を拒絶せず約1年間経過すると、以下の異常性が発現し始めます。これは大きく4段階に分けられます。

第1段階: SCP-XXX-JP-Aと同一の記憶を保持する別個体のSCP-XXX-JP-2が出現します。

第2段階: SCP-XXX-JP-2の付近に死体の一部、または骨の一部1が出現します。SCP-XXX-JP-2にはこれを摂取させる強制力が働きます。

第3段階: SCP-XXX-JP-1は現在、または過去に恋愛関係にあった人物に好意を抱くようになり、SCP-XXX-JP-2を拒絶するようになります。この好意はSCP-XXX-JP-1が強く意識することにより制御することが可能です。

第4段階: SCP-XXX-JP-2が凶暴化し、SCP-XXX-JP-1に襲いかかります。この際SCP-XXX-JP-1が逃げる、SCP-XXX-JP-2を拒絶するなどの素振りを見せなかった場合、SCP-XXX-JP-2は行動を停止し、約1時間後にSCP-XXX-JP-2の肉体はSCP-XXX-JP-Aの姿に変質し、問題なく生命活動を続行します。この際、SCP-XXX-JP-1がSCP-XXX-JP-Aの名前を書き込んだSCP-XXX-JPのページの余白部分には「おめでとうございますどうぞしあわせに」という文字が出現します。この文字は出現してから約20秒後に消失します。

これらの段階はSCP-XXX-JP-1にSCP-XXX-JP-2を拒絶させるよう行われていると考えられています。SCP-XXX-JPを用いた実験はこれまでに14回行われていますが、このうち第4段階まで到達したのは2回のみでした。

検査の結果、変質したSCP-XXX-JP-2は通常の人間と変わりはないということが判明しており、生存したSCP-XXX-JP-2とSCP-XXX-JP-1をサイト-81██の施設で保護観察目的で共に収容することが許可されています。

追記: SCP-XXX-JP-2-10の肉体が人間のものとなってから1年後、突如SCP-XXX-JP-2-9、SCP-XXX-JP-2-10が出現時の姿に戻り、SCP-XXX-JP-1を殺害しました。2体のSCP-XXX-JP-2は人間の姿に戻り、狼狽えたような様子を見せました。その後、SCP-XXX-JP-2-9は空中から現れたロープが首に巻き付いたことにより縊死し、SCP-XXX-JP-2-10は急激に癌が進行したことにより死亡しました。この際、SCP-XXX-JPの余白には「なんちゃって!何が愛だよ」という文章が出現していました。

追記2: それぞれのSCP-XXX-JP-1、SCP-XXX-JP-2が死亡してから約3ヶ月後、かつてSCP-XXX-JP-1、SCP-XXX-JP-2を収容していたそれぞれの収容室に体長4mの人型実体(以降SCP-XXX-JP-3と表記)が出現しました。SCP-XXX-JP-3は男性と女性の身体的特徴を持っていました。発声は不可能ですが、言語を理解する能力はあるため、筆談などで意思疎通が可能です。

インタビュー記録XXX-JP

付記: SCP-XXX-JP-3-1は筆談でインタビューに対する回答をしています。

<記録開始>

钃博士: インタビューを開始します。

SCP-XXX-JP-3-1: [頭を下げる]

钃博士: では、あなたは一体何者ですか?

SCP-XXX-JP-3-1: 私は██ 花2 です。

钃博士: ██…?あなたは……。では、私のことは分かりますか?

SCP-XXX-JP-3-1: [頷く]

钃博士: なるほど……。では、███氏3もそこに?

SCP-XXX-JP-3-1: [首を振る]

钃博士: では彼はどこに…….?

SCP-XXX-JP-3-1: [手をバツに組み、首を振る]

钃博士: そうですか。では…….。

SCP-XXX-JP-3-1: [しきりに辺りを見渡し始める]

钃博士: どうかしましたか?

SCP-XXX-JP-3-1: [口を開いて何かを伝えようとする]

钃博士: どうしたんですか?声は出ないでしょう。伝えたいことがあるのなら筆談でどうぞ。

SCP-XXX-JP-3-1: [怪しむような顔をする]ここはどこだ。

钃博士: 忘れてしまったのですか?以前あなたが収容されていた場所ですよ。██さん。

SCP-XXX-JP-3-1: 俺は裕太だ。花はどこだ?

钃博士: はい?

SCP-XXX-JP-3-1: [裕太という名前を指さす]

钃博士: 先程まで我々はあなたに、██氏にインタビューを行っていました。ですが今のあなたは自分のことを███氏だと。一体どういうことでしょうか?

SCP-XXX-JP-3-1: 花と?でも俺は███だ。花はどこに?

钃博士: まさか…….その体の中に2人が入っている?

SCP-XXX-JP-3-1: なにいってるんだふざけんなよ花はおい

钃博士: ……恐らくはあの本、SCP-XXX-JPによっておふたりは肉体を1つに、混ぜられてしまったのかも知れません。

SCP-XXX-JP-3-1: [顔に怒りの表情を浮かべ、钃博士に掴みかかる]

钃博士: やめてください!誰か!誰か来てください!

SCP-XXX-JP-3-1: [钃博士を揺さぶりながら何かを叫ぶように口を開く]

[職員3名が入室]

钃博士: 取り押さえてください!

SCP-XXX-JP-3-1: [職員に腕をつかまれると、突如沈静化した]

钃博士: 落ち着きましたか?

SCP-XXX-JP-3-1: [しきりに辺りを見渡し始める]

钃博士: どうしましたか?

SCP-XXX-JP-3-1: [ペンを取る]私は何かしていましたか

钃博士: え?

SCP-XXX-JP-3-1: [不安げな表情を浮かべる]きおくが無いんです。今何をしていたのか

钃博士: ……いえ。何もありませんでしたよ。それではインタビューを終了します。

<記録終了>

終了報告書: このインタビュー後、SCP-XXX-JP-3-2にも一定の間隔を置き、2回「あなたは誰ですか」と質問をすると、SCP-XXX-JP-1-10、SCP-XXX-JP-A-10の名前を回答しました。このことから、SCP-XXX-JP-3にはSCP-XXX-JP-1、SCP-XXX-JP-Aの自我が存在していると考えられています。また、SCP-XXX-JP-3の心理的ストレスを考慮し、自身の容姿、異なる自我の存在などを認知されないよう注意してください。

補填: SCP-XXX-JP-3の出現時、SCP-XXX-JPのページの余白には「私にも恋人ができました。おふたりも永らくお幸せに。」と表示されていました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The bamboon's portal does not exist.


エラー: bamboonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3591242 ( 02 Jun 2018 11:46 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License