炭酸飲料

現在このページの批評は中断しています。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは2m×2m×2mの収容室に収容されます。収容室内でのSCP-XXX-JPとの接触は収容違反が発生する恐れがあるため承認されません。SCP-XXX-JPを用いた実験、インタビューなどを行う際は、音声などを用いてSCP-XXX-JPを目的地まで誘導してください。

SCP-XXX-JPはサイト-81██の低危険度収容ロッカーに収容されます。

説明: SCP-XXX-JPは内容量633mlのガラス製の瓶です。SCP-XXX-JPは知性を持ち、未知の手段により発声も可能です。SCP-XXX-JPは自らの両側面に一般的な成人男性よりも発達した筋肉を持つ腕を持ちます。これはSCP-XXX-JP自らの意思で消失、出現させることが可能です。SCP-XXX-JPを直接、または写真などで間接的に見た場合、このどちらの場合でも「コラージュ画像のようだ」と認識します。

SCP-XXX-JPは非常に陽気な性格であり、職員に対しても友好的です。SCP-XXX-JPが人間を発見すると、発見された人間(SCP-XXX-JP-1)は体の自由を失います。この異常性は直接発見された場合でのみ発現します。SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-1に近づくと、一緒に踊ることを要求します。SCP-XXX-JP-1がそれに対して回答すると、SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-1の回答に関係なく踊りだします。この際SCP-XXX-JPの両腕にはそれぞれ炭酸飲料のペットボトルが出現します。SCP-XXX-JPが踊りを開始するとSCP-XXX-JP-1もまた踊りを開始します。SCP-XXX-JP-1は踊りにより重大な身体的疲労を受けますが、この踊りについて全てのSCP-XXX-JP-1は、「楽しかった」と報告しています。SCP-XXX-JPが踊りを終えると、SCP-XXX-JP-1もまた踊りを終了します。SCP-XXX-JPは踊れば踊るほど気分が高まる傾向にありますが、これはしばらく放置することである程度沈静化することができます。

SCP-XXX-JPは踊りを終えると手に持っていた炭酸飲料のペットボトルの蓋を開封します。SCP-XXX-JPが振った炭酸飲料は通常では考えられないレベルで内容物が噴出します。この噴出量は基本的に内容物の許容範囲を大幅に超えています。その威力は████に相当し、屋内で開封すれば家屋は損壊します。SCP-XXX-JPはこれをSCP-XXX-JP-1に向けて噴出させます。SCP-XXX-JP-1はその威力により壁を破壊し約[編集済]m吹き飛びますが、ダメージを受けることはなく、逆に身体的疲労が回復します。ですが、全てのSCP-XXX-JP-1はこれについて「もう二度とやられたくない」と報告しています。

SCP-XXX-JPは実験記録XXX-JP-██の実施中にその異常性を喪失し、SCP-XXX-JPのオブジェクトクラスはNeutralizedへと変更されました。

実験記録XXX-JP-██-音声記録

<記録開始>

SCP-XXX-JP: おっ。人がいるじゃねえか。おう。兄ちゃん。

D-1028: ん?なんだこいつ……..違和感すげえぞ。あれ、体が動かねえ。

SCP-XXX-JP: 気にすんな気にすんな。じゃ、踊ろうぜ!

D-1028: え?何言って……..

SCP-XXX-JP: フゥー![踊り始める]

D-1028: うわっ体が勝手に![踊り始める]

SCP-XXX-JP: 楽しいぜ!イエーイ!(この際SCP-XXX-JPの両腕に炭酸飲料のペットボトルは出現しなかった)

D-1028: おお。結構楽しいなこれ!

SCP-XXX-JP: だろだろ?ひゃっほう!

D-1028: イエーイ!フゥー!ヒャッフー!

[その後24分間踊り続ける]

SCP-XXX-JP: フゥー!おっと、そろそろ兄ちゃんが限界かなーっ!?

D-1028: [息を切らす]もう、無理だぁ。

SCP-XXX-JP: よしよしOKOKOKOKィ!やめようストップ!フゥー!

D-1028: はあ、やっと終わった。楽しかったけど疲れたぜ。

SCP-XXX-JP: そんな兄ちゃんにぃー?とっておきのプレゼンツ!があるぜえー?

D-1028: おっなんだなんだ?

SCP-XXX-JP: 俺だよ。[自らの蓋を開封する]

[爆発音]

D-1028: [叫び声]

SCP-XXX-JP: あ……..[両腕が消失する]

<記録終了>

SCP-XXX-JPの爆発によりサイト-81█は半壊し、D-1028は約[データ削除済]km離れた地点で発見されました。


ERROR

The bamboon's portal does not exist.


エラー: bamboonのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:bamboon ( 02 Jun 2018 11:46 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License