レコードカタツムリ

現在このページは批評中です。

評価: 0+x

オブジェクトクラス: Anomalous Euclid

特別収容プロトコル: SCP-1250-JP全個体は、サイト-81██の低危険度生物収容室内に配置された蓋付きの強化アクリル樹脂製大型水槽に収容されます。飼育環境の条件は一般的なカタツムリと同様です。SCP-1250-JPを実験に使用する場合は事前にサイト管理官へ申請し、その承認を得てから研究責任者を含むクリアランスレベル3以上の職員2名以上の立ち会いの元で行ってください。封じ込め違反が起こった場合は、直ちにサイト-81██を完全に封鎖した上でサイト施設全体の湿度を20%以下になるまで調整し、サイト内の各種記録媒体の存在する場所の捜索を行い、発見したら直ちに収容室に戻してください。

説明: SCP-1250-JPはヒダリマキマイマイ(Euhadra quaesita)に酷似した陸性巻貝です。一般的なヒダリマキマイマイに比べると殻高15mm、殻径17mmと非常に大きく、金属質の光沢を有する殻を持っています。殻は非異常性のヒダリマキマイマイのものと強度に差異は見られませんが、採取されたサンプルの解析によれば後述する異常性質に由来する金属成分やプラスチック、ガラス等の成分を含むことが判明しています。後述する異常な食性を除けば生態的特徴は通常のヒダリマキマイマイと同様であり、湿度が30%を下回ると殻内に閉じこもり不活性状態となります。分子系統解析の結果、遺伝情報も85%までがヒダリマキマイマイと同一という結果を示しましたが、残り15%に関しては他の陸生巻貝種をはじめとした既知の生物とは一致するものが見られません。寿命は不明ですが、収容されてから██年生存しています。

SCP-1250-JPの特異性の1つはその異常な食性にあります。SCP-1250-JPは非異常性のヒダリマキマイマイと同様に植物質の食性を示しますが、殻部を成長させるために必要とする石灰質の他に、音楽データが記録されているコンパクトディスク(以下、音楽CD)を食します。SCP-1250-JPは不明な原理で音楽CDを感知していると考えられていますが、その感知範囲の限界は現在も明らかになってはいません。

SCP-1250-JPの半径3m以内では、不明なプロセスにより一定の音量の音声または音楽が発生していると報告されています。それは通常の集音、録音機器でも問題なく記録できますが、その場合は音割れ等音質の著しい劣化が発生します。発生している音声および音楽は、いずれもSCP-1250-JPが最後に摂食した音楽CDの収録曲と一致することが判明しており、新しい音楽CDを摂食することでそれ以前に有していたデータは失われます。SCP-1250-JP個体が不活性状態になることで、SCP-1250-JPは音楽を発さなくなります。

SCP-1250-JPが発する音楽を聴いた場合、被験者(以下、対象)はその音楽に対して好意的な印象を抱き、音楽の可聴領域内に留まり続けている間リラックスした状態を保ちます。可聴領域内に3時間を超えて留まった被験者は自発的に可聴領域内から離れようとし、十分な睡眠を得たようだと証言します。この状態の被験者を検査した結果、脳波をはじめとしたバイタルサインの全てが「快眠」と呼ばれる状態から覚醒した直後と一致するデータが得られています。このことから、SCP-1250-JPを職員のメンタルケアに活用する提案が研究主任の██博士によって提案されると共に、より高いリラクゼ―ジョン効果を発揮する音楽の調査を目的とした実験が行われました。


ERROR

The autumn_prismfox's portal does not exist.


エラー: autumn_prismfoxのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:autumn-prismfox ( 02 Jun 2018 16:48 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License