誤民官
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:
日本の警察機関に潜入中の担当エージェントは被害者が複数人存在する殺人事件(以下、大量殺人事件と表記)についての捜査書類を対ミーム予防措置施した上で査閲し、SCP-XXX-JPの痕跡を調査してください。SCP-XXX-JPの影響がが認められた場合、容疑者は釈放され収容スペシャリストによって任意のカバーストーリーが流布されます。SCP-XXX-JP実体の追跡と調査は現在進行中です。

説明: SCP-XXX-JPは大量殺人事件において、事件の論理的推理に基づかず容疑者の逮捕及び起訴が行われる現象とそれを主導する人型実体です。この現象は容疑者の逮捕までのミーム的作用と逮捕後の主に捜査資料や捜査関係者による認識災害によって構成されています。当初日本警察の内部体質と考えられていましたが、財団の潜入エージェントが認識災害の効力が薄く、それにより認識災害の存在と効果範囲が判明しました。
この現象は容疑者の逮捕までは事件を担当する警察官に対しミーム的に作用し、現状の事件関係者で最も容疑者に近いものを逮捕しようとします。またこの時の取り調べは威圧的ないし暴力的であり容疑者の自白を引き出そうとします。これらは違法な取り調べですが周囲の人間は疑問に持ちません。
この捜査の際に

容疑者の逮捕にさいし

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The architech's portal does not exist.


エラー: architechのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6421450 ( 13 May 2020 17:51 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License