悪い冗句に含羞の刑

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

201█年█月█日、Neutralizedとして分類されているSCP-014-JP-Jが再活性化しました。
SCP-014-JP-Jは現在、エージェント・████として財団に雇用されています。SCP-014-JP-Jは当時、他のエージェント2名と共に複数のAnomalousアイテムを回収し、サイト-8141へ向かっていましたが、その道中において突如、SCP-014-JP-J-2が出現しました。SCP-014-JP-J-2は回収していたAnomalousアイテムの1つを活性化、一般市民に曝露させ、認識災害による精神的苦痛を与えました。SCP-014-JP-Jは当事案の約半月前にあたる201█年█月█日のメンタルチェックでは異常性を認められず、再評価の必要なしと判断されていました。
共に行動していたエージェント・█がサイト-8141に緊急連絡し、SCP-014-JP-Jは駆けつけた機動隊員により確保、拘留されました。今後の処遇については、オブジェクトクラスの再分類も含め未定です。

インタビューログ014-JP-J

対象: SCP-014-JP-J

インタビュアー: エージェント・カナヘビ

<録音開始>

エージェント・カナヘビ: えーっと、確認やけど、自分、今は……その。

SCP-014-JP-J: 今の私は████です。あれは、今は眠っています。

エージェント・カナヘビ: 今は非活性状態、ってことでええんやね?

SCP-014-JP-J: はい。我が堕天使様は、酷く消耗しており、少しでも長い眠りを必要としていまして……。

エージェント・カナヘビ: あー、大丈夫大丈夫。無理してそないなこと言わんでもええよ。自分、つらいやろ。ついこの前のチェックでも問題なかったんやし。

SCP-014-JP-J: ……今は不活性であっても、あの時は活性化して、一般市民に異常存在を目撃させたんですよ。

エージェント・カナヘビ: せやけど、それならその時何かあって、それで活性化したんとちゃう? せやから教えてほしいんや。あの時、何があったん?

SCP-014-JP-J: (1分程度の沈黙)あの男は、あの子に……エージェント・██に、心無いことを言って、笑ったんです。ゲラゲラと、下卑た笑い方でした。

エージェント・カナヘビ: その時一緒におったエージェントの1人やね。どんなこと言ってたん?

SCP-014-JP-J: ……どうしても言わなきゃ駄目ですか。

エージェント・カナヘビ: まあ、できればでええんやけど……大体でええよ? セクハラとか、恫喝まがいのこと言われたとか。

SCP-014-JP-J: (1分程度沈黙し、震えた声で)異常性を失ったSCP-014-JP-Jに、SCP-014-JP-J-2について尋ねるとどうなるとか、報告書に書いてありますよね? それに近いことを、彼女は言われました。

エージェント・カナヘビ: ……ありがとう。それだけでも充分やで。あとはこっちで調査して、処遇を検討してくから。

<録音終了>


彼は、私の召使の一人だった。

「おや、誰かと思えば皇女様ではありませんか!」

両親は拘束されて、他の使用人達も財団や警察がどうにかして、もう二度と会うこともないと思ってたのに。

「とてもお元気そうで何よりです。あれほどに恥ずかしく苦しい思いをしたというのに、一体どのような教育でこの現実に適応できたのか、とても興味深いことですねえ」

召使は笑った。あの時と同じように。自分の望む私の顔を引き出すために。

「██? どうしたの、██?」

仲間の声が聞こえる。一番の仲間にして親友、エージェント・████。……エージェント? エージェントって何? この世界って、何? 違う。何かが違う。ああ、ああ、そうだ、私は王国の第一皇女だ!
魔法大戦によって荒廃した大地の中の唯一の王国、100,000ドミニオとこの世で最も広い、その王国の国王と女王に生まれた第一皇女!私は炎を司る魔法の使い手だ、魔法陣より炎を生じさせることができた!できたはずなんだ!ああ、Mein Leben war sinnlos! Mein Leben war sinnlos! 後に覚えたドイツ語は私に現実を突きつけた。なんて無意味な人生なの!

「何だ、貴様は」

——再び、声が聞こえた。

その声もエージェント・████だった。音源を追って姿を見ても、どう見てもエージェント・████だった。それでも、何かが違った。

「我が器の同胞たる者に対して無礼だぞ。何者だ?」
「うつわ? どうほう? あっははは、私はこの方の召使を務めさせていただいていた者ですよ!ハリボテの世界を現実と勘違いしちゃってたカワイソーな皇女様のね!」
「そうか。お前の身分になど興味はないが我も名を明かそう。奈落の悪鬼、黒き翼の堕天使アイスヴァインだ」

男は笑った。
私よりも滑稽で面白い人間を見つけた、と言わんばかりに、笑い転げた。豚の塩漬けと同じその名前を何度も繰り返し、腹筋が攣るんじゃないかと心配になる勢いで。

「人間の分際で、我に対して随分と無礼だな。第十二地獄ヘルより来たる我を恐れぬとは、面白い人間だ」

それでも、彼女はものともしなかった。そればかりか。

「だが……これを見てもそのような愉快でいられるのか?」

おい何してんだ、やめろ、その声はエージェント・█か、そう判別するよりも早く、彼女は確保したAnomalousアイテムを活性化させた。

Mein Leben war bedeutungsvoll1

発生した炎は、熱も燃焼力も持たないただの光。だがこの炎に触れた者は、本物の炎と同じような熱さを認識する。そういうアイテムだった。


SCP-014-JP-Jらが接触した人物は、SCP-014-JP-Jの確保に際し、財団に保護されました。曝露したAnomalousアイテムの認識災害によってパニック状態となっていたため証言は不明瞭でしたが、当人物はSCP-014-JP-EX-1の飼育者の一人であるSCP-014-JP-EX-B2であったことが判明しました。SCP-014-JP-EX-1は現在エージェント・██として財団に雇用されており、事案当時はSCP-014-JP-Jらと共にAnomalousアイテム回収任務にあたっていました。
SCP-014-JP-EX-Bは事案当時、すれ違ったエージェント・██がSCP-014-EX-1であることに気づき、悪意を持って接触したという旨の証言をしています。これはSCP-014-JP-Jの証言とも一致しており、SCP-014-JP-J-2の再出現に何らかの因果関係があると推測されます。
SCP-014-JP-EX-Bは既に警視庁公安特事課へ身柄を引き渡しており、処分を一任しています。


人型生物収容室。
一般的な居室のようにも、監獄のようにも思えるこの空間に、私は——SCP-014-JP-Jは、十数年ぶりに戻ってきた。

頭に血が上った、と言えばそれまでだ。

フィールドエージェントとして雇用されてから、ちょっとした好奇心からわざわざ黒歴史を掘り返そうとしたことで、間違ってアクセスして、彼女を知った。私に対するSCPとしての評価と似ているようでまるで違う、彼女を。
『そのように振舞うのがカッコイイ』と思って、クソみたいな妄想を真実と言い張って、自分からSCP認定された私とはまるで違う、彼女を。
……未だに誰にも真実を明かせていない、私とは、本当に違う。

彼女と初めて会った時は、まさかそのSCP-014-JP-EX-1だったとは思わなかった。アメリカ本部か、ヨーロッパのどこかの支部からの出向エージェントかな、そのわりには日本語が上手い人だな、としか思わなかった。一体彼女は、どんな思いで現実復帰プロトコルを受けたんだろう。自分が現実だと信じて疑わなかった世界の全てが、汚らしい大人達による嘘だったのだと……それを受け入れた彼女は、どれほど強く気高い人なんだろうか。

そんなカッコイイ人に、尚も悪意を向けようとする奴がいるなんて、許せなかった。
Explainedただの人間の分際で、自分の享楽のためだけに、彼女の絶望を引き出そうとした、その男が。
悪意を持って黒歴史を掘り返して、『恥』という苦痛を味あわせようとした、あの男が!

……とはいえ、私は財団に背くようなことをした。
Anomalousとはいえ、異常存在をわざと活性化させて、一般人に曝露させたんだ。解雇、そこまでいかなくても降格は免れない、と思う。
SCP-014-JP-J-2の再出現によるもので私自身の意図じゃない、と判断されても、それはNeutralizedとして分類されていたSCP-014-JP-Jの異常性が復活したことを意味するから、私はSCiPとしての扱いを受けることになる。
カナヘビさんは処遇を検討するって言ってたけど、もうエージェントとしては復帰できないだろうな。……そう確信した。

「████ちゃん」

噂をすれば何とやら。

「処遇、決まったで」

誕生日プレゼントとケーキ抜き、そんな程度じゃ済まされないことくらいわかってる。
それでも、後悔は微塵もしていない。間違ったこと、悪いことをしたとはわかってるけれど。
私がさらに上を行く恥をかくことで、彼女を恥という悪意から守ることができたのだから。


SCP-014-JP-Jの処遇決定

SCP-014-JP-Jには脳の精密検査と精神鑑定を行い、その結果に異常が見られなければ、サイト-9█に身柄を移送し、Euclidクラスのオブジェクトとして収容します。収容中は月に一度メンタルチェックを行い、半年間異常が見られなければ解放、フィールドエージェントとしての復帰が許可されます。
復帰する場合において、職員分類やセキュリティクリアランスレベルの変更については、復帰が確定してからの検討となります。


「財団は正義でも悪でもあらへん。嘘も方便とは言うけど、財団っちゅー組織には通用せえへんのよな。SCP-014-JP-J、随分と悪い子や」

彼女もまた、Explainedただの法螺吹きである。水槽を歩き回るサイト管理者はとっくに知っていた。知っていて、NeutralizedからEuclidへの再評価を導いた。

「ま、そんな悪い子にはちょうどええやろ」

架空の異常性をいつまでも認められ続ける——その羞恥こそを、嘘吐きへの仕置きとして。


ERROR

The Aoha_Rena's portal does not exist.


エラー: Aoha_Renaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:4363479 ( 02 Aug 2018 02:02 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License