And Ro Meda 1

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe/Euclid/Keter (適切なクラスを選んでください)

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその性質上、収容がほぼ不可能です。財団サイト内では、同じ部屋内で同じ作業を全員がしないようにしてください。

説明: SCP-XXX-JPは、日本国内で発生する異常性を持った現象です。SCP-XXX-JPは、多くの場合学校やオフィスといった場所で発生します。SCP-XXX-JPの異常性は、同一の部屋内にいる人物(以下、SCP-XXX-JP-1と呼称)すべてに及びます。SCP-XXX-JP-1は、[n=その部屋内にいる人数]n進法で数を認識するようになります。

<以下、SCP-XXX‐JP-1へのインタビューログ>

対象: SCP-XXX-JP-1-a(██県立██中学校█年█組の生徒)

インタビュアー: ██研究員

<録音開始>

インタビュアー: それでは、インタビューを開始します。

SCP-XXX-JP-1-a: はい。

インタビュアー: SCP-XXX-JPが発生した時の状況を教えてください。

SCP-XXX-JP-1-a: 確か、期末テストの次の日の数学の時間でした。いつもなら██君とか何人かが寝てるんですけど、その時はいつテストが返ってくるか、みんなびくびくしてたんです。変な表情でみんな起きてました。証明がすごく難しかったんですよ。絶対点数悪いねって、友達と覚悟を決めてたんです。

インタビュアー: 少し話がそれていますね。

SCP-XXX-JP-1-a: すみません。でも思い出せることが少なくて。

インタビュアー: あなたのペースで続けてください。

SCP-XXX-JP-1-a: ありがとうございます。そして、██先生が入ってきたんですけど、テストは返されなくって、みんな少し表情が緩んでいました。単元が変わって、方程式の問題が出されたんです。みんなが一斉に解き始めて、その時だったんです。

インタビュアー: SCP-XXX-JPが発生したのは?

SCP-XXX-JP-1-a: はい。別に眠いわけでもなかったのに、急に頭がこんがらがって、

<録音終了>

終了報告書: [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The and_ro_meda_'s portal does not exist.


エラー: and_ro_meda_のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6657222 ( 19 Sep 2020 05:29 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License