Amenbou 1

このページの批評は終了しました。


このアーカイブ情報は参照専用です

現在SCP-XXXX-JPに対する有効な封じ込め手段は現在、確立されていません

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: —その極端な封じ込めの難しさからSCP-XXXX-JPはKeterに分類されました。
実際、SCP-XXXX-JPを封じ込める有効な手段は存在しません。

SCP-XXXX-JPに感染した全ての人物は即座に隔離され、瞬間焼却により処分されます。その結果生じた炎は感染の拡大を防ぐため、完全な無音状態の中で真空吸引によって消化されます。財団職員がSCP-XXXX-JPに感染した人に接触することは、どんな状況であろうと許可されません。

補遺-XXXX-JP-1 完全な無音状態はSCP-XXXX-JPの生物への症状拡散を防ぐことが発見されました。エージェント・原家と船山は、この研究のため拘留され続けています。

説明: SCP-XXXX-JPは感染した対象が発する音によって感染する、笑いの対象が逆転する複雑な知覚現象です。この現象は最近開発された技術を用いて撮影することができますが、映像記録を閲覧することにより、この異常減少が迅速に拡散するのを招くため、推奨されません。

—SCP-XXXX-JPは現在未収容であり、倫理的にも収容不可能です。この現象は太鼓より受け継がれる伝統的な話術が映像として家庭に放映されたことによって発生しましたが、その影響は全ての会話に影響し、時として動作などにもその影響を示します。今日我々が知るSCP-XXXX-JPが出現したのは、おそらく1900年代中期█████により放送されていた█████の企画として行われた███と思われます

補遺-XXXX-JP-2:

ERROR

The Sayaya's portal does not exist.


エラー: Sayayaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6390604 ( 30 Apr 2020 09:00 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License