もっと知りたい?
Foundation Collective
維持され続ける意識

foundation_collective_logo.jpg

"我々は暗闇の中に立つ"

クローラー: SCP BOT | クエリー: オネイロイ | サーチ: FC SUBNET
オプションフィルタ | AND NOT: 未使用 | 言語: 日本語



検索結果


オネイロイ・コレクティブ/Oneiroi Collective

Oneiroi.png

概要: オネイロイ・コレクティブに関する財団の唯一の情報源は、コレクティブに遭遇した人物へのインタビューと、コレクティブが残した異常なオブジェクトです。それによれば、コレクティブとは夢を見る人と夢に基づいた存在との集合意識であると考えられています。

噂では、財団職員の中には、夢の中に幻影や光が訪ねてきて、職員の持つ影響力や役割をコレクティブを支援するために行使するよう訴えてくる、と信じているものがいるとされます。

諜報活動により、彼らの存在は他の要注意団体も記録しており、おおむね財団と同程度の接触機会があることが判明しました。オネイロイ・コレクティブには、非常に独立した存在(「何者でもない」など)に対しても接触できる能力があることは明確です。彼らの目標は、仮に存在する場合、現在も不明です。

オネイロイのタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

"要注意団体"より抜粋


1 スレッド


amamiel_icon.png

amamiel - FCの第12避難所

以下は"オネイロイ・コレクティブ"及び、"オネイロイ"という概念、そしてそれを取り巻く人間の"夢の世界"に関する考察/解釈のヘッドカノンを列挙したものです。また、このページは解説のみではなく、各読み手の解釈やヘッドカノンを擦り合わせ、統合し、より良きオネイロイの知見へと繋げていくことも目的としています。そのため、各考察や解釈に対する、ご意見・ご指摘・ご質問を常にお待ちしております。

Upvote Reply +0 ██ ████, 20██ ██:██am


関連用語

シャドウ/オネイロイ(Shadow/Oneiroi)

  • 個人の潜在意識であり、彼ら自身の夢です。個人のアイデンティティの形態を取って現れます。オネイロイは一般的にこの形態の名称で他のオネイロイに言及します。 - オネイロイ要注意団体ハブより
  • 何百万もの人間が彼らの夢の中でだけ存在しています。彼らはオネイロイとして知られ、他の覚醒している個人の潜在意識の中に住んでいます。彼らは人から人へと自由に漂い、地球に広がる無秩序な集団を形作っています。 - ブラック・ロータスより
  • 上記の通り"シャドウ/オネイロイ"とは、夢の中の"アバター"とも言える存在です。夢を見えている間、我々はオネイロイとなり、自身の潜在意識の世界、そして他者の潜在意識の世界で活動することができます。ただし、一口にオネイロイと言ってもその種類・性質は様々であり、多くは自らが夢の中の存在であることにも気付いてはいないか、覚醒後に自らのオネイロイとしての活動を一切記憶していないようです。
  • また、各関連記事で語られる人間の潜在意識間のネットワークを往来する性質自体も、全てのオネイロイが有している(あるいは、行使できることを知っている)わけではないようです。その一方で、危険は伴うものの、特殊な訓練を行うことで会得可能なようでもあります。
  • なお、どこまでの性質を有していれば"オネイロイ"と呼べるのか、その判定は(もしくは、そんな判定があるのかは)不明です。また、オネイロイの種類・性質に関しては、後述の各項目を参考のこと。

夢界/夢の世界(Dream)

  • 読んで字の如く、我々が睡眠中に経験する"夢"のことを指します。上記の"シャドウ/オネイロイ"の項目で既に言及している通り、これは同時に"潜在意識の世界"という意味合いを持ち合わせているケースがあります(勿論、記事によってはオネイロイの集団が屯するような空間として描写されていない場合も多いですので、そのあたりは注意が必要です)。
  • この夢界、もとい潜在意識の世界は、ホストとなる人物が覚醒している状態であっても存続し続けます。そして、近隣に存在する人間同士で自動的に相互接続される夢界間を、オネイロイ達はあたかもネットサーフィンをするかのようにして行き来しているようです。また、場合によっては、オネイロイの集団により"都市"が潜在意識内に築かれているケースもあります。その結果として、ホストも何らかのプラスもしくはマイナスの影響を被る可能性があると考えられます。
  • 首都のホストであるジェーソン・グラハムはユーファニアの存在に気付いており、明晰夢の中では頻繁に領土の征服を試みています。 - #ユーファニアより
  • 上記参考記事のように、ホストに"都市"の存在を気付かれることは、一定以上の危険を伴う可能性があるようです。無論、集団のメンバーとしてホストも参加しているのであれば、話はまた別かもしれません。

夢界実体(Dream entities)

  • "夢の中の実体"と、これだけではそのまま過ぎますが、後述の使用記事から読み解いてみると、オネイロイ/シャドウとは異なり"夢の中で生まれた存在"、つまりは"ホストの潜在意識に由来する、AIやNPCのような存在"とでも言い換えられるかもしれません。
  • 多くの場合、その性質はホストの潜在意識、精神状態に紐付けられている可能性が高く、それによって敵対的であるか、友好的であるか等も変わってくると考えられます。また、オブジェクトの異常性が夢界実体へと影響を与えるケースもあるようで、それによっても性質や特性は大きく変化しています。
  • 同時に、通常の人間のような感情や反応(夢由来なので部分的に歪んでいるケースもあるが)を示しているように受け取れる表現があったりと、まさしくホストの潜在意識を基にした存在らしいと言えるかもしれません。
  • なお、夢界実体の詳細について説明した記事は現状ではなく、オネイロイや夢の中で生まれた存在等、それら全てをひっくるめた"夢の中の実体"のことを指している可能性があることにも留意が必要です。
  • 参考: 使用される記事 - SCP-2245, SCP-2747, SCP-2876, SCP-3435, SCP-3969
  • SCP-2245では「夢の登場人物」、SCP-2747と SCP-3435では「夢の中の実体」と訳されていることに注意。

肉体持ち/夢見(Corporeals/Dreamers)

  • 全ての肉体持ちは体から離れる行為を義務付けられるべきではない - ほとんどがやり方を知らないとしても! - #ユーファニアより
  • 非肉体者も夢見も等しく、現時点では未知の手段で拡散する錯睡眠ウィルスの影響を受けている。 - 星々の下で眠るより
  • 関連記事を読む限り、現在進行形で夢を見ている人間由来のオネイロイたちは"肉体持ち"と呼称されているようです。その反対に、(死亡する、もしくは特殊な技術によって)現実で肉体を放棄して"純粋なオネイロイ"へと降下した者ものたちは"非肉体者(Noncorporeals)"と呼称されている模様です。
  • 似た意味合いで"夢見"と呼称されているケースも見られますが、これは現実に肉体を残しつつも、眠りに就いて夢を見ることで潜在意識の世界へとアクセスする者たちを直接的に言い表したワードといった感覚でしょうか。夢を見ているわけでもなく常にログイン状態の"非肉体者"とは、また別の存在だということが何となく伝わってくる表現であるようにも感じますね。
  • また、肉体持ちは非肉体者に比べて制約やデメリットもあるようで、自身のオネイロイへと曝された影響が、自身の夢界・潜在意識、更には現実の精神・肉体にまで何らかの作用を齎すケースも存在するようです。
  • ウルージのシャドウは見受けられなかった。ウルージは言うならば"ゾンビ"のようだ。私は、年末までこれを追い続けることを勧める…もし被験者が覚醒しなければ、私たちは生命維持装置を外すことが出来る。もし彼が覚醒すれば、私たちは彼をセキュリティの特別任務へ再配置するか、解雇することが出来る。 - ブラック・ロータスより
  • 上記のように、自身のオネイロイがホストから不適切に分断された場合、昏睡状態、あるいはまた別の異なった状態を引き起こす可能性は十分にあります。仮に、昏睡から覚醒しても、オネイロイを無くした状態で人は夢を見れるものなのか、等も。

オネイロス型幽体(Oneiric apparition)

  • ターゲットが見る夢の中で、エージェント990-モルフェウスはクラスIオネイロス型幽体の特性を宿し、ターゲットが経験するイメージおよび感覚を操作する能力を獲得します。 - プロジェクト・モルフェウスより
  • 現状、ENでは上記の記事のみで使用されている関連用語、要約すれば"夢界での操作・改変能力を有するオネイロイ個体"ということになるでしょうか。明晰夢を見ている時、夢の中を自由自在に破壊・創造できるという状態を、任意に再現し行使できるオネイロイと言えば分かりやすいかもしれません。
  • おそらくは、他者の夢界へと移動能力を持つオネイロイの多くが有している能力であると推察できるものの、その強弱にも差異があると考えられます。その範囲は単純な道具類の生成から、他者の潜在意識内の壁紙・テクスチャーを丸ごと張り替えるようなことまで様々だと考えていいでしょう。おそらく、これは多くの夢界実体にも作用します。

オネイロイ・ウエスト(Oneiroi West)

  • オネイロイ・ウエストは存在する中で最大かつもっとも理論的なオネイロイの集団です。ここは視察や夢を見ている人間と、身体を完全に放棄した純粋なオネイロイで構成されています。OWのメンバーは自律性と自己認識を持っています。OWの存在は一般的に他の巨大な集団に好意的と見なされています。 - オネイロイ要注意団体ハブより
  • 集団としての大まかな説明は上記の文章で事足りるでしょうか。世界最大のオネイロイ集団、参加者は肉体持ち・非肉体者の両方を含むとともに、その全てが潜在意識のネットワークを行き来できる性質を持ち、自らが夢の中の存在であること(さらには自らの夢の中での活動内容の記憶も?)も理解している模様です。一方、所属する非肉体者の中には、自らの不死性に飽きている者もいるとのこと。
  • 更にその内部では、財団の偵察睡眠者や後述の機動部隊工作員がメンバーとして参加し、暗躍もしているようです。
  • また、オネイロイGoIフォーマット記事の多くは、オネイロイ・ウエスト視点で他の集団に関する情報が語られる・描写されるという形が主に取られています。まさに世界一のネットワークを持つ集団ならではと言えるでしょう。

ユーファニア(Xiupania)

  • ユーファニアは排他的であり、内部に数百人の人類を収容する、接続されていない集合意識(あなたの物語の目的のために)です。この集団内部に存在する各オネイロイはクィ・シャオ、かつて人間であったユーファニアの創造者の劣化コピーです。 - オネイロイ要注意団体ハブより
  • 秀槃全体存在集合体 — 時にはユーファニア、略してXPとも呼ばれ、しばしば非公式にユーファンという手っ取り早い名称でも知られる — は、クィ・シャオに由来し、現在はジェーソン・グラハムを拠点とする集合意識です。ジェーソン・グラハムは首都です。ユーファンが最大都市です。 - #ユーファニアより
  • 女帝"クィ・シャオ"が支配する集団、その女帝の姿は推定50mを超える"ヤツメウナギとトンボの中間のよう"と表現されています。女帝が支配する州において、多くのオネイロイの姿は彼女の劣化コピーであるようです。また、死の間際、クィ・シャオはオネイロイに加わる技術の研究を行っていたとも言及されています。
  • この集団のホスト及び支配する領域は常に不安定かつ危険であり、その領域へと踏み込む非肉体者は致死的な武力行使を受けることになるようです。また、肉体持ちが違法に侵入を行った場合、それらは適切にホストと分離されることなく強制送還され、潜在意識に大きな影響(疑似的にユーファニアの領域となる)を受けることになります。
  • ある記事では、財団の潜入作戦の結果として、OW、OCを巻き込んだ三つ巴の戦いが起こっています。よく読んでみると、ブラック・ロータス等で登場する工作員の名前が頻出していたりと、各関連記事との繋がりが見えてきます。
  • ちなみに、ユーファニアやオネイロイのインターネットという概念、実はオネイロイ要注意団体ハブが作成されるより前に成立していたものであり、(他のオネイロイ関連記事の著者とどの程度の事前擦り合わせがあったのかは不明ですが)現在のオネイロイ全体の概念及び、フォーマットの原型となった存在と言っても差し支えないのかもしれません。

ファイブイージーステップス(FiveEasySteps)

  • そこのあなた! お手軽な脳空間の改善をお望みですか? 私たちがあなたのための解決策を持っています! たった五つの簡単なステップで、あなたのオネイロイ・クライアントをもっと速く機能させ、より大きな夢が見られるようにできます! - 星々の下で眠るより
  • ファイブイージーステップス — 第五フィフスコレクティブの名称でも知られ、しばしば非公式に5Cとも呼ばれる — は急速に成長している集合意識であり、既知のホストには共通していません。首都は、仮に存在する場合、素晴らしい場所です - 同上より
  • 上記の記事からも分かるように、非常に難解な集団の1つ。"ファイブ"、"第五"の要素からも分かる通り、"第五教会"に関連する集団です。SCP-3125が人間の精神を踏み台としてこちらの世界・現実に現れようとしているのであるのなら、夢の世界、ある種のレイヤーとレイヤー、次元と次元の狭間とも言えるその空間に影響を与えるとともに現実へと顕現しようとするのは、理に適っているのかもしれません(この部分はかなり自信がありませんので注意を)。
  • その性質・存在はオネイロイの集団の中でもかなり異質であり、スパム的な文章等の媒介物によってあらゆるオネイロイを錯睡眠ウィルスで汚染します。そして、影響を受けたオネイロイは常軌を逸した行動(媒介物の内容を読み上げて更に拡散させるなど)をした後、自らが所属する団体より失踪しています。
  • また、OWによって作成されたページの文章を異常な手段で改変するなど、その異質さは計り知れません。更に、唯一の対抗策として感染したオネイロイをOCへと送ることが述べられていますが、それによってどのような対処が行われるのかは正確には分かりません。

オネイロイ・コレクティブ(Oneiroi Collective)

  • OC、もしくはオネイロイ・コレクティブは形而上空間に位置する集合意識存在です。これは睡眠中の生命によって作り出された知能を利用する無意識の集団です。物理空間には、オネイロイの有利となるように夢世界と相互作用する無生物や有機体のオブジェクトとして現れることが知られています。 - オネイロイ要注意団体ハブより
  • オネイロイ・コレクティブは謎めいた、巨大な集団です。多くのオネイロイが、そこに主要な地球の植物相と動物相の住人が存在すると信じています。多くは知られていません。オネイロイ・コレクティブに参加したオネイロイは消息不明となり、帰還を試みたものは多くの異なる物質の混合物と組み合わされた姿になっています。 - 同上より
  • 上記の通り、要注意団体ハブで一番最初に目にしてしまうがために、多くの読み手へとオネイロイに対する難解イメージを植え付ける元凶とも言える団体。難解なのは読み手にとってだけではないようで、オネイロイたちにも正体不明、謎の集団として扱われている模様です。
  • 主に、夢に作用・影響するオブジェクトの製造・販売や、サービスの提供を行う記事が目を引きます。その一方で、作成された年代や、ハブページ作成前後によって、関連記事の性質や雰囲気が少々バラけているということもあります。
  • その目的は不明(一時期は、夢を永続的な現実へと持ち出すこと)とされており、関連する記事や各オネイロイ間での繋がりも非常に分かり難いものとなっています。しかしながら、ハブページ作成以降は疑似的にでも夢を現実へと持ち出そうとする傾向性が強くなっているようにも見えます(もっとも、EN支部ではハブページ作成から2作しか関連オブジェクト記事が書かれていないことには留意すること)。
  • 最近の記事例を挙げるならば、表向きは人間の夢見にプラスの影響を与える製品・サービスだが、その裏では上述した"非肉体者"や"夢界実体"に対しても何らかのサービスを提供している、といったパターンも見られるでしょうか。
  • また、外宇宙や並行世界をルーツとする集団であるとする説や、記事によっては後述する"オネイロイ・ガーデン(Oneiroi Gardens)"とも呼称されており、その名称がOCのルーツに関連している可能性もあったり。詳細は次の項目を参照のこと。

オネイロイ・ガーデン(Oneiroi Gardens)

  • この並行世界における地球は“オネイロイ・ガーデン(Oneiroi Gardens)”という複合企業体に支配されており、同社の星幽投射装置は広く民衆によって使用されていました。2045年、オネイロイ社のメインフレームで発生した電源障害は、世界人口の90%の死亡と、世界各地の政府の不安定化を引き起こしました(IK-クラス世界文明崩壊シナリオに相当)。宇宙3513-Ω-パープル-Zに存在していた類似する既知の装置は、全て破壊されたと考えられています。 - プロジェクト・モルフェウスより
  • 上記の記事にて語られている通り、"オネイロイ・ガーデン"とは破綻した世界線を支配していた企業体の名称で、OCのルーツの1つである可能性もあります。彼らの世界ではオネイロイとなる技術が一般化されていたが、事故によってK-クラスシナリオが発生、その結果として肉体を捨てて他の世界線へと逃避を図ったということが上記記事にて説明されています。
  • ただし、現状では未翻訳を含めて2記事に登場しているだけであるため、主流なカノンであるかは怪しい点に留意ください。そのため、あくまでも1つの説くらいに考えておくのが良いかもしれません。

機動部隊-OP"ドリームチーム"(MTF-OP "The Dream Team")

  • 財団はオネイロイになる方法を発見しています。そして今、この力は彼らを収容できるほどの強さとなっています。財団は何十年にも渡って、エージェントたちに1つの意識が他者の意識と結びつく技術を教えています。ごく少数の精神的に頑強な成功者たちが1つの機動部隊として組織されました。この最初の1つが、機動部隊オミクロン・ローです。 - 機動部隊より
  • ごく少数の者たちが長期訓練によってもたらされる過酷な試練に持ちこたえられました。多くが自身の自己同一性を失い、あるいは永遠の昏睡に陥りました。ごく少数の精神的に頑強な成功者たちが1つの機動部隊として組織されました。この最初の1つが、機動部隊-OP、"ドリームチーム"です。 - ブラック・ロータスより
  • 機動部隊の説明文からも分かる通り、"ドリームチーム"はオネイロイとして夢界で活動する能力を得るために、過酷な訓練を受けた部隊です。オネイロイに関わるオブジェクトだけでなく、夢界での活動を要する際に声がかかるようであり、幾つかの夢関連記事でもその名称を目にすることができます。
  • しかしながら、その任務内容に対し、実際に夢界で活動を行っている描写がある記事は多くありません。その活躍のほとんどがオネイロイ関連(特にユーファニア関連)の記事です。これは毎回オネイロイという説明が必要となる分、通常の夢関連記事では名称を登場させるだけに留めた方が都合的にも良いという背景があるのかもしれませんね。

局番27(Station Number 27)

  • 未翻訳のため保留。

ナイトメア・コレクティブ(The Nightmare Collective)

  • 未翻訳のため保留。


Q&A

オネイロイ・コレクティブのあれこれ

Q: オネイロイ・コレクティブの目的は何?

A: 旧版の要注意団体ページでは"非永続的な夢をより永続的な現実に持ち込むために活動しているかもしれないと考えられています"という記述があったものの、現版の要注意団体ページからは消されているようです。そのため、現状では不明のままとなります。

Q: オネイロイ・コレクティブと、他のオネイロイの違いは何? その正体は?

A: これまた詳細は不明ですが、通常のオネイロイと起源や出自が大きく異なっている可能性はあります。例えばですが、平行世界や高次世界から流れ着いた、こちらの現実を起源としていない集団なのかもしれません。また、こちらでの戦闘描写からも分かるように、彼らが有しているオネイロス型幽体としての性質自体もかなり異質であることが窺えます。

Q: オネイロイ・コレクティブと他の要注意団体の関係は?

A: 現状、他の要注意団体にも存在が知られており、接触機会があるとされています。その一方、旧版の要注意団体ページでは"コレクティブと相互に敵対的であることが報告されている唯一の要注意団体はザ・ファクトリーですが、その理由は不明です"という記述があったものの、現版の要注意団体ページからは消されているようです。また、既存記事ではAlexylva大学やサーキック・カルト関連のTaleに登場している他、GoIフォーマット記事の1つである"星々の下で眠る"では第五教会に関すると思わしきオネイロイの集団も登場しています。いずれまた、現実の要注意団体に関する、新たなオネイロイの集団が登場/書かれるかもしれませんね。

Q: [任意の質問を追加してください]

A: [質問への回答を追加してください]

ハブやフォーマットのあれこれ

Q: 要注意団体ハブやGoIフォーマット記事で書かれている「首都」って、どういう意味?

A: 読んで字の如く、オネイロイの各集団が総本山としている都市の場所、つまりは"誰の潜在意識の中"を首都としているかという意味となります。ですので、首都として書かれているのは現実に存在している個人名ですね。

Q: 要注意団体ハブのテンプレートにあるフクロウの画像って、どんな意味があるの?

A: 貴方が適当な検索サイトを開いた時に目にする、検索フォームのちょうど上あたりに表示されている画像と同じものだと考えて差支えありません。要するに検索サイトのロゴですね。あのフクロウの画像の場合は、オネイロイ・ウエストの検索サイトを開いている状態ということを示しています。また、検索サイトやサーチエンジンが異なる場合には各要素を変えることも可能なようですね。

Q: GoIフォーマット記事で、ちょくちょく読み手に語りかけて来る存在は何者なの?

A: #ユーファニアでのディスカッションの内容を意訳すると、"敵の情報を求めている貴方のことを気にして、話しかけてきたオネイロイ・ウエスト"とのこと。要するに、自分たちのサイトで少し危険な調べ物をしている見かけないやつがいたので、声をかけて来た、という感じでしょうか。また、最後の"ベーコンを作っておいた"等の不思議な言い回し、これに対する回答もされており、"現実での出来事や言われていることが混ざり合った目覚める前の経験、解離のようなもの"(これまた意訳です)とのこと。つまり、最後の部分で読み手は覚醒しかけており、オネイロイ・ウエストのメンバーに話しかけられた内容と、現実で家族(夫か妻?)に呼びかけられている内容が混線しているということのようです。これらを踏まえた上で、他のGoIフォーマット記事も改めて見てみてもと良いかもしれませんね。

Q: [任意の質問を追加してください]

A: [質問への回答を追加してください]

なぜなにオネイロイ

Q: 「純粋なオネイロイ」って、どういう意味?

A: 現実で肉体を放棄した、俗に言う"非肉体者"のオネイロイのことを指します。純粋なオネイロイへと降下する要因や方法は説明されていませんが、自らの死後にオネイロイとなる研究をしていた人物がいることから、手段はあるようです。逆に言えば、"夢見"は純粋なオネイロイの状態ではないということ?

Q: 夢の中でオネイロイを失うとどうなるの? もしくは切り離されると?

A: いくつかの記事でオネイロイを無くした/失踪した/切り離された人物が登場していますが、基本的には昏睡状態へと陥るようです。また、その状態から覚醒する可能性についても言及されています。仮に覚醒した場合、その人物は一見すれば普段と変わらない反応や行動を示すかもしれませんが、どのような変化や問題が起こるのかは不明です。オネイロイを失ったのだから、夢を見れなくなるのかもしれません。または、中身のない、一種のゾンビのような存在となるのかも。

Q: オネイロイは人間に友好的? 敵対的?

A: 基本的には集団ごとの性質に関係しますが、多くは友好的であると考えられます。そもそも、ホストとなる人間が存在しなければ、オネイロイたちの住まう場所もなくなってしまいます。そう言う意味では、"ガオー! 人類を滅ぼしてやるぞー!"といった感じの強く敵対的な思考を持つ存在はかなり稀有と言える気もします。ともあれ、破滅的な思考の集団や、精神的な不安定さのためにホストの死を招くなど、結果的に害する可能性もあり得るのは確かです。

Q: オネイロイの首都である人間が死亡した場合、住んでいたオネイロイたちはどうなる?

A: 現状、説明されている記事がないため不明です。各人のヘッドカノンに委ねられますが、近隣に存在する別の人間の夢界へと弾き出されるのか、あるいはリンクが張られている別の都市がある夢界へと強制的に飛ばされるのか。もしくは、ホストが人気のない孤立した場所に居たのならば、その中のオネイロイも逃げ場所がなく消滅してしまうという可能性も考えられますね。

Q: Aさんの夢界にBさんのオネイロイがいる時、Aさんが睡眠状態に入ったらどんなことが起こる?

A: おそらくは、AさんのオネイロイとBさんのオネイロイが鉢合わせすることになるかと思います。この時、Aさんが友好的か敵対的か、同じ集団に所属する仲間か否か等により、どのようなことが起こるか変わって来るでしょう。仲間や友好的であれば互いに挨拶を交わすでしょうが、全く知らないやつが自分の潜在意識の中に居座っていて、しかも勝手に都市を築いて騒いでいようものなら、下手をすれば喧嘩になりますよね。もっとも、Aさんのオネイロイが自己認識を持っておらず、自身が夢の中の存在であることも知らずに、ただそこらを歩き回っているだけならば、特に何も起きることはないでしょう。

Q: 現実で覚醒するためには、自分のオネイロイが、自分の夢界へと戻って来る必要がある?

A: 詳細に説明されている記事はないですが、他者の夢界で囚われの身となり、戻れなくなった人物が昏睡状態になる描写もあり、その可能性はあります。しかし、あくまでも囚われとなる状態が特殊という可能性もありますので、夢の中で死亡した場合、強制的に自身の夢界へと飛ばされて覚醒する、なんてこともあるかもしれません。そも、遠くの夢界まで行きすぎて戻れなくなったために昏睡状態に陥る、なんてことが起きてしまうと、やや間抜けでしょうか?(そのことを皆知っているので、十分に注意しているという可能性もありますが)目覚めが近付くと、強制的にページバックさせられたりもするなど、この部分も少々ヘッドカノンに依存していますね。

Q: オネイロイが人間の夢界から夢界へと移動するためには、現実でどのくらい近くにいる必要がある?

A: 機動部隊員いわく、"神経中継は約1メートルの距離から繋げられると推測しました"とあるため、訓練を受けた程度では1m圏内での移動がやっとのようですね。また、続く文章を読む限り、最初からオネイロイとしての素養があれば、その接続可能な範囲も大きく変わってくるものと考えられます。とはいえ、流石にどの程度の距離感を行き来できるのかは厳密には判断しかねますね。また、遠隔地の指定された夢界へと移動できるポータル的存在、ネットワークにおけるリンクのようなものが張られているという可能性もあったりするのかもしれません。

Q: [任意の質問を追加してください]

A: [質問への回答を追加してください]

オネイロイと日本

Q: 日本にもオネイロイの派閥は存在するの?

A: 現状、不明です。しかし、島国という閉鎖された環境もあり、そんなローカルエリア内でのオネイロイ集団が構築されているという可能性は、十分にあるのではないかと思います。

Q: [任意の質問を追加してください]

A: [質問への回答を追加してください]


関連オブジェクト

SCP-1498 - 夢へと繋がる電話/Dial-A-Dream

RogetRoget, 2013)


SCP-2028 - 悪夢のスノーグローブ/Nightmare Snow Globes

GibberingEloquenceGibberingEloquence, 2014)


SCP-2245 - 夢にとっての悪夢/A Dream's Nightmare

KnightKnightKnightKnight, 2015)


SCP-2272 - エリス・カナストータ、投手、ペンサコーラ・ブルーワフーズ/Ellis Canastota, P, Pensacola Blue Wahoos

Kate McTirissKate McTiriss, 2014)


SCP-2444 - 蚤のサーカス/Flea Circus

RogetRoget, 2018)


SCP-2603 - その処女航海/Its Maiden Voyage

CrayneCrayne, 2016)


SCP-2805 - 氷の中のディズニー/Disney on Ice

RogetRoget, 2014)


SCP-2876 - 夢見心地/Dream A Little Dream

RogetRoget, 2017)


SCP-001-JP - Ave Maria

amamielamamiel, 2018)


SCP-1876-JP - お母さんの外へ

amamielamamiel, 2018)


未翻訳

SCP-1262-RU - Пойманный кошмар/悪夢捕まえた

SnorriMathSnorriMath, 2016)

SCP-221-KO - 스피노자 도마뱀/スピノザトカゲ

Salamander724Salamander724, 2012)

SCP-650-KO - 세상에 존재하는 모든 죄와 불행을 막기 위한 사명/この世に存在する全ての罪と不幸を防ぐための使命

younggucyoungguc, 2018)

SCP-CN-255 - 托梦的床/夢見るベッド

W AsrielW Asriel, 2017)

SCP-CN-275 - 黑城/黒い街

W AsrielW Asriel, 2017)

SCP-CN-901 - 现实之梦/現実的な夢

Samuel ZhangSamuel Zhang, 2017)

SCP-255-FR - Les rêves brisés/壊れた夢

DrCendresDrCendres, 2017)


おまけ

関連用語(JP版)

ファウンデーション・コレクティブ(Foundation Collective)

  • あらゆる精神のグループがコレクティブとなることが出来ます。オネイロイになる方法を学んだマクスウェリアンはマクスウェリアン・コレクティブもしくはAWCYコレクティブとなるでしょう。 - オネイロイ要注意団体ハブより
  • JP支部にて初出となったワードであり、上記の文章の通り、財団職員のオネイロイによって構成された集団コレクティブのことを指します。現状、SCP-001-JPで言及されるのみに留まっており、正確な活動内容なども不鮮明な状態です。財団という環境を考えれば、閉鎖的なローカルエリアのオネイロイ・ネットワークといった形をとっているとも推察できるかもしれません。
  • なお、上記の"ドリームチーム"と少々競合する部分もあるものの、特殊な背景設定である提言ならではの要素と言えるかもしれません。また、場合によっては部分的な箇所のみを引用するという形も。

夢売り(英名無し)

  • "夢売り"とはJP支部で初出となる準要注意団体であり、夢に関する異常特性を有した機器・製品の製造・販売を行う団体です。と、これだけであれば、OCとやっていることが大きく被ってしまいますが、大きな違いは彼らが現実の存在であるという点です。
  • 彼らは上記の項目で説明したように、適切でない形でホストからオネイロイを切り離されたことで"夢を失ってしまった者"たちの集団です。一定の昏睡期間を経た後、彼らは奇跡的に現実へと生還しました。しかし、彼らは覚醒して以降、一切の夢を見ることができなくなりました。そのため、彼らは現実での集団となり、夢への帰還を目的として動き出します。
  • もっとも、現状の記事では上記の背景はほぼ語られていない状態であり、これは(原案者である私の)ヘッドカノンに他なりません……(というわけで、宜しければこちら(工事中のため、リンク先は未開通です)のページも見て行ってくださいね、あくまでも、おまけですので)。

インターナショナル・オネイロイ

支部 各言語での団体名/ハブページ 各言語でのタグ名/タグ一覧ページ
SCP-EN Oneiroi Collective oneiroi
SCP-RU Коллектив Онир Онир
SCP-KO 오네이로이 공동체 오네이로이
SCP-CN 梦神集团 梦神集团
SCP-FR Le Collectif Oneiroi oneiroi
SCP-PL Zbiorowość Oneiroi oneiroi
SCP-ES Colectivo Oneiroi oneiroi
SCP-TH กลุ่มออเนย์รอย oneiroi
SCP-JP オネイロイ・コレクティブ オネイロイ
SCP-DE Oneiroi Collective oneiroi
SCP-IT Il Collettivo Oneiroi oneiroi
SCP-UA Колектив Онір онір
SCP-PT/BR Coletivo Oneiroi oneiroi


Last Edited 01:50AM 16 Aug FC by amamiel

ERROR

The amamiel's portal does not exist.


エラー: amamielのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:amamiel ( 31 May 2018 16:09 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License