旭日旗よ永遠なれ
評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8123の専用収容施設の地下室に設置し、日本人と血縁関係が無い外国人8人に6時間交代で施設内を巡回させるようにしてください。SCP-XXX-JP-Aの発生を防ぐため、日本人および日本人と血縁関係がある職員は専用収容施設に入る事は禁止されています。SCP-XXX-JP-Aが発生した際には外国人のみで構成された機動部隊う-4(“尊皇攘夷”)によって各フェイズ毎に適切な処置を取ってください。SCP-XXX-JPを使用した実験はレベル3以上のセキュリティクリアランスを持った職員のみが行う事ができます。

説明: SCP-XXX-JPは重さ10.4 kg、高さ2.5 mの旭日旗1です。竿部は純度99.36 %の金で構成されており、旗地はどの物質の繊維とも類似していません。SCP-XXX-JPの竿部には“大日本帝国並ビニ天皇陛下ヨ永遠ナレ”と彫られています。
SCP-XXX-JPは1945年にGHQが陸軍省で複数の日本人死体と共に発見されました。史料として回収され、20█年に日本へ返還される際、異常性が発現された後財団が収容にあたりました。その際に財団職員含む██人がSCP-XXX-JP-Aに変化しましたが広範囲におよぶ記憶処理とカバーストーリー“政治家の演説”の適用によって事態は収束しました。
SCP-XXX-JPは自身からおよそ120〜150 m以内にいる日本人および日本人と血縁関係にある人間をSCP-XXX-JP-Aに変化させます。SCP-XXX-JPを写真、動画、正確な模写等の媒体を通して見た場合も同様の異常性が発生します。SCP-XXX-JP-Aは進行度によって4つのフェイズに分類されますが共通して非SCP-XXX-JP-Aに対するSCP-XXX-JP-A化、欧米人に対する敵対心を持ちます。

インタビュー記録

SCP-XXX-JPは発見時、陸軍省の[編集済み]の極秘資料管理室にて1█人の他殺と思われる遺体と1人の自殺したと思われる遺体と共に発見されました。
その際にGHQの職員が自殺体が握っている遺書を発見し、回収しました。

補遺1: SCP-XXX-JPは当初異常性の解明が難航したためKeterに分類されていましたが、複数回にわたる実験により異常性の詳細が解明されたため、Euclidに再分類されました。
補遺2: SCP-XXX-JPの異常性が解明されてから、SCP-XXX-JPをアメリカ本部に移送する案が出ましたが、移送中の収容違反のリスクの大きさにより、却下されました。
補遺3: GHQの資料を回収した際に、SCP-XXX-JPと共に発見された遺書の書き手と思われる自殺体には、6つの旭日旗の刺青が存在していた事が判明しました。





ERROR

The AlternativeN's portal does not exist.


エラー: AlternativeNのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:alternativen ( 14 Jun 2018 09:17 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License