Akki893 44 6b68

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-Aが一般人に侵入及び発見されないようにSCP-XXX-JP-Aの半径2kmに侵入させないでください。SCP-XXX-JPには20人以上の人が常駐して、事案XXX-JPが発生した際に無線連絡が出来ない場合に備え海底の連絡用ケーブルの点検を2週間1回行なってください。またSCP-XXX-JP本体の破損が確認された場合は直ちに修復してください。

説明: SCP-XXX-JPは以上な量の電力を生成する炉及びその周辺設備のことをさします。SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JPの存在する「閑雅埼島(かんがざきじま)」のことです。SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-A内に存在する文章などによって「イギリス東アジア会社小笠原支社(原文: East Asia Company Ogasawara Branch)1[以後イギリス東インド会社をEACと呼称し、小笠原支社のことをEACOBとする。]」のイギリス人である「チャールズ・アンダーソン」とイギリス人の「クリストファー・ネーチン」、フランス人の「ドバルゴ・クーフス」がいくつかのAnomalousクラスの異常物体やSafeクラスの異常物体を組み合わせ1738年に建設されたと思われます。SCP-XXX-JPに使用された異常物体は推定32体だと思われます。事象XXX-JPとは1741年に発生した事案で詳細はドキュメントXXX-JP-cを参照してください。

補遺1: SCP-XXX-JP内で回収されたドキュメントXXX-JP群

補遺1-a-1:

ドキュメントXXX-JP-a
執筆日時: 1738/09/23
内容: やあチャールズ、元気か?君たちにジャガイモや小麦、後例の小物を送っておいた。あまり気は進まないが植民地化には役に立つだろう。この小物は使い方を間違えると死んじまうからな。 イッツェーリより。

補遺1-a-2: 例の小物とはSCP-XXX-JPを構成しているオブジェクトの1つであるSCP-XXX-JP-21と思われる。またこれらのジャガイモなどはSCP-XXX-A内
で確認されており一切腐食していませんでした。

補遺1-b-1:

ドキュメントXXX-JP-b
執筆日時: 1738/12/29
内容: どうすれば良い炉を作れるのだろう。今の所は"E=m^12/r!"という数式にて製作しているがANO2が少なすぎるんだよ。もう少し効率の良い数式のほうがいいのか?

補遺1-b-2: E=,m^12/a!という数式はおそらくm=オブジェクトが発生させるエネルギー、a=使用している異常物体の量だと思われ、財団の試算によるとオブジェクトが用いられてている点を除けば異常はありませんでした。


なんか書く



ERROR

The AKKI893's portal does not exist.


エラー: AKKI893のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3791869 ( 10 Jun 2018 06:53 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License