認証しました

アイテム番号:SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:Safe Euclid keter

特別収容プロトコル:SCP-XXX-JPは孝宗院博士の監視カメラが内部に取り付けられた貴重品ロッカー内に収容されています。SCP-XXX-JPが、貴重品ロッカー内から消滅した場合、機動部隊-除霊組を派遣して、SCP-XXX-JPを80%の破壊を行ってください。SCP-XXX-JPを82%以上破壊した場合、核弾頭を起動させ、SCP-XXX-JPの復活を送らせてください。

説明:SCP-XXX-JPは破棄、82%以上の破損があった場合に所有者の元に戻ってくるオブジェクトです1。SCP-XXX-JPは変則日本理科学会が開発したオブジェクトで、変則日本理科学会がSCP-XXX-JPを販売する時に入れる箱の裏の説明に「壊すことはできません!素粒子、微粒子、原子レベルに分解しても戻ってきます!(実証済み)」と記述されています。SCP-XXX-JPの素材は絹糸、鉄、未知の素材、[編集済]です。SCP-XXX-JPは復活した後未知の方法で無差別に生物を殺害し、植物を枯らさせます。SCP-XXX-JP個体は財団が管理するもの以外にもその殺人衝動が発生し、GH-クラス:"デットグリーンハウス"シナリオが発生する可能瀬があります。

補遺1: SCP-XXX-JPの変則日本理科学会側の報告書です

実験記録XXX - 日付2003/02/13

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: D-98322にSCP-XXX-JPを近くのゴミ捨て場に捨てさせます。

結果: D-98322の目の前にSCP-XXX-JPが出現しました。

実験記録XXX - 日付2003/02/16

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: D-98322にSCP-XXX-JPを焼却させます。

結果: D-98322の目の前にSCP-XXX-JPが出現しました。

実験記録XXX - 日付2003/02/22

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: D-98322にSCP-XXX-JPをナイフで切断します。

結果: D-98322の目の前にSCP-XXX-JPが出現しました。そして、研究員[編集済]人、D-98322が殺害されました。

補遺2: SCP-XXX-JPが暴走を始めました。この報告書を閲覧した職員は直ちにプロトコル-███を行ってください。プロトコル-███を行うため、サイト-██に集合してください。















































ERROR

The AKKI893's portal does not exist.


エラー: AKKI893のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3791869 ( 10 Jun 2018 06:53 )
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License