Akki893 1

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは標準人型オブジェクト収容房に収容されています。SCP-XXX-JPでの実験はレベル3職員1人2人の許可が必要です。SCP-XXX-JPは財団の食堂に雇用されSCP-XXX-JPにはある程度の娯楽品が不定期に支給されます。SCP-XXX-JPの異常性はSCP-XXX-JPに対して料理やそのほかの物品などを作るように命令した時に発生します。いかなる物でもチャーハンを作る工程を行い蓋を2〜3秒程度被せ蓋を開けると、命令された料理やそのほかの物品が鍋の上に出現し、皿に盛り付けたりコップに注いだりして命令を出した人物に提供します

説明: SCP-XXX-JPは19██年に埼玉県に生まれた日本国籍の男性です。財団に収容される前はチェーン店の料理人として雇用されていました。SCP-XXX-JPは19██年に「チャーハンを作っていたのに皿に盛る時にはカレーが鍋の中にあった」と同期の料理人が店長に行ったことにより噂が広まり、その噂を財団が聞きつけSCP-XXX-JPを確保しました。

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: D-65444にSCP-XXX-JPに対して餃子を作るように命令させる

結果: 上記の工程を行いD-65444に餃子を提供した

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: D-65444にSCP-XXX-JPに対して味噌汁を作るように命令させる

結果: 上記の工程を行いD-65444に味噌汁を提供した

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: D-65444にSCP-XXX-JPに対して麦茶を作るように命令させる

結果: 上記の工程を行い麦茶をD-65444に提供した

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: D-65444にSCP-XXX-JPに対して木炭を作るようにに命令させた

結果: 上記の工程を行いD-65444に木炭を提供した

実験XXXによりSCP-XXX-JPは料理以外のものを発生させることができることが判明した

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: D-65444にSCP-XXX-JPに対してSCP-███を作るように命令させた

結果: 容姿は完全に一致しているが異常性は見られなかった

上記の結果からSCP-XXX-JPはSCPオブジェクトの容姿のみを再現させることが可能ということが判明した。このことにより実験を行うことが前よりも制限された


ERROR

The AKKI893's portal does not exist.


エラー: AKKI893のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:akki893 ( 10 Jun 2018 06:53 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License