SCP東京ディズニースカイ
sky

撮影されたSCP-XXX-JPの外観。大部分は常に雲で隠されている。(写真右下)

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、設置した認識阻害装置を起動させることにより、航空機及び衛星カメラからの認知を妨害されます。定期的にメンテナンスを行い、収容状態の確実性を維持してください。

SCP-XXX-JP入口部は、運営会社である株式会社オリエンタルランドに潜入した警備チームによって監視されます。

ウォルト・ディズニー・スタジオの著作物において死亡したキャラクターが発生した場合、SCP-XXX-JP内の探索が実施されます。この工程は、SCP-XXX-JP内で死亡キャラクターと同一視可能な存在の発見まで継続されます。

説明: SCP-XXX-JPは東京ディズニーリゾートの上空約12km地点に浮遊している領域、及び領域内に設置されたテーマパークです。SCP-XXX-JPは反発性を有した白色の硬質物体を基礎としています。

SCP-XXX-JPは、"東京ディズニースカイ"を称しています。エリアやアトラクションなどはすべてウォルト・ディズニー個人、及びウォルト・ディズニー・スタジオの著作物に由来するもので構成されています。また、ウォルト・ディズニー・スタジオの映像作品の公開に伴い、設置物が改変されることがあります。改変は、映像作品内でキャラクターが死亡/死亡設定のキャラクターが登場した場合に発生しています。なお、ウォルト・ディズニー・カンパニー及びオリエンタルランドがSCP-XXX-JPに関与した形跡は見られませんでした。

SCP-XXX-JPの特徴として、ディズニーキャラクターの風貌をしたキャストが勤務しています。外見は原作と同一のセルアニメ/3DCG/俳優です。これまでSCP-XXX-JP内で確認されているキャラクターは、すべて映像作品内にて死亡もしくは消息不明の状態でした。(以下、このような状態のキャストをSCP-XXX-JP-1とする。)
多くのSCP-XXX-JP-1の記憶状態・設定は、本編中か本編終了後であるかのどちらかです。また、SCP-XXX-JPで発生するイベントにより、作中と同様の死亡パターンによる消失を繰り返す個体も見られます。その場合、一定時間経過後、SCP-XXX-JPに再び出現します。

SCP-XXX-JPは、東京ディズニーリゾートの敷地内にオリエンタルランドが認知していない建造物が発見されたことで財団に認識されました。建造物は20██/11/18に突如出現しており、入り口付近には鋏で切断されたような赤のリボンが散乱していました。
SCP-XXX-JPへは、建造物内部に備えられている複数のエレベーターより移動可能です。建造物上空に構造が存在しないこと、またエレベーターの速度と搭乗時間から算出される距離が実際のSCP-XXX-JPまでの距離を満たさないことから、移動は瞬間移動を伴ったものであると推測されています。エレベーター付近には、以下の文字が記されたプレートが確認されています。


Growing by him.
-Tokyo Disney Sky-
1966/12/15 ~
Installation: Kisaragi Builderes


東京ディズニースカイ。
子どもが成長するために必要な場所。
成長に貢献してくれた者たちへの場所。

ウォルトの両親の家があり、一酸化炭素中毒で死亡した母親が『白雪姫』のガラスの棺に納棺されている。

成長していないなら、死にかけているんだ。
だけど、私にこの場所をつくることは不可能だ。
私は''委託''することにした。

ERROR

The aisurakuto's portal does not exist.


エラー: aisurakutoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:aisurakuto ( 01 Jun 2018 04:23 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License