メリーポピンズ(仮)

アルバートは笑い続け、依然として浮遊していた。
「ぎ、義足の男がいたんだ。そ、そそ、そいつに私は尋ねたよ。義足の方の名前は?とね」
天井付近で漂うテーブルを囲む者たちは腹を抱えて笑い始めた。

同じくテーブルに着いている、3体のメリーポピンズを除いて。

メリーポピンズ-1は眉を寄せて目を閉じ、メリーポピンズ-2も同様に呆れていた。ただ、メリーポピンズ-3はふるふると身を震わせていたが。
「ちょっと」
メリーポピンズ-2がメリーポピンズ-3に声をかける。
「ここでメリーポピンズは笑ってはいけないの。バートとアルバートおじさんと子どもたちを一刻も早く降ろしたいと考えてるの。もっと毅然として」
「ご、ごめんなさい」
「そうじゃないでしょう?」
「あ……。申し訳ありません」

ぱちりと、メリーポピンズ-1は片目を開けて両脇に座る2人を見た。
「あんまり騒がしいのも、メリーポピンズ的ではないのよ」
それを聞いた2人は俯くと、

ERROR

The aisurakuto's portal does not exist.


エラー: aisurakutoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:aisurakuto ( 01 Jun 2018 04:23 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License