ニーケーの再臨
評価: 0+x

人工的な神格の再現Νικε Σεψονδ Ψομινγ

神の創造儀式、人の転身、Victōria、アテーナーの化身

要旨

この再臨は人の神格化 — 人が神へと変化すること — を促進する儀式の一つです。数多くの勝利を得ることで人は限りなく神に近い存在へと昇華します。しかしながら、それらの勝利を得ることのできない人々、もしくは特定の人間を神格に転身させようと望んでいる者にとって、これが最も現実的な方法となるでしょう。1

イラストレーション

Nike_Samothrace_001.jpg

これはサモトラケのニーケーです、2学術的な身体の形とそのサイズの一例です。3

知識

特徴: この手順は全て非ユークリッド的空間で行われなければいけません。そうでなければ、その周囲に非常に甚大な被害が発生するでしょう。尚且つ、大抵の人間は死に至るでしょう。また、儀式に用いられるのは限りなく善人でなければなりません。そうでなければ、儀式に対し最も十分なパフォーマンスを発揮できないでしょう。相当大きな空間が、此処には存在しないであろう空間が必要となるでしょう。4しかし、懊悩としないでください。それらは此処ではなくとも構いません。かの者が実際に試練を経験する必要はないのです。修練者が試練を経験するに値するだけの仮想現実、或いは電子空間を作り出せばいいのです。5そうすればうまくいくでしょう。

性質: この儀式は元来、蓄積された超自然的魔法を用い、荒ぶる大地の神々の記録を利用し、人間の記憶領域に納められるまでに圧縮し、インプットする儀式を置き換えてエミュレートしたものです。6この儀式が作動する理由は、これは本来の契約にとっての逆転であり、対極に位置するという性質からです。人が神へ昇華する方法はいくつも考えられますが、これはその中でも特に、強者ではなく弱者に視点を向けた方法です。

歴史と関連組織: 私が参照した文書によれば、この方法は当初、新教徒を神格へと昇華するために用いられていた儀式のようです。内容自体も対象が政治的強者であった新教徒から弱者に変わった事を始め、多くの変更点があるため、それらを明らかにするまでには至らないでしょう。7

概して、この儀式は他のものと比べ、宗教的な目的に使用されたそうです。神格を有する事はその系統は正しく神の血を有していること、もしくは素晴らしく秀でた系列であることを示し、その神格を生み出した司教が天啓を受けたとする事で行いが正当であるように祈られました。文献によれば、力のある人間であれば誰でも神と成り得る事を覚えておくことが重要なようです。ただし、これらの思想は儀式が全て対象が政治的強者であった新教徒によって存在していた事を忘れないでください。89

接触: 具体的にこれらの儀式を執り行うにあたって、彼らは数多くの敗北と接触し、そしてそれらを回避する術を、より多くの忍耐を必要とするでしょう。限りなく善人である弱者と、彼と深く関わりのある弱者の二つを非ユークリッド的空間に配置します。これは、インプットする記録がより小さい器にも関わらず、槌で打ち続けることで正しくそれを受け入れる盃であるという本質を表します。そして善人である弱者に対し、数多くの敗北を与えてください。この際、当初から荒ぶる大地の神々の記録における敗北を与えるのではなく、十分に回避可能だと考えられる敗北から与え続けることが重要です。あなたにできることは、その彼に敗北を与え続け、彼がそれを回避し続けるのを待つだけです。その際に、彼が息絶えた時、儀式は悪い考えであるとみなされる事でしょう。

他の詳細: この儀式を受ける事が"許された"存在に限りはありません。そのため、空間が用意できるのであれば、同時に、いくつもの弱者に試練を受けさせることが可能であるでしょう。なぜなら、本当に神にたどり着く事ができるのはほんの一握りでしかないからです。10

観察と物語

彼の試練を与うる者はより多くの知識がなければなりません。尚且つ、空間はよりコンパクトに、そしてより多くの試練を司るものでなければならないでしょう。初めにこの儀式を提案したのは、図書館の司書にあたる人物でした。しかし、図書館を用いてのその儀式は、決してうまくいくことはありませんでした。

ただし、そこで放浪者は数多くのヒントを得ました。物理的な破壊を伴う施設においては、その儀式は阻害され、意味のないものとなるでしょう。或いは、その人物は本当に長い時間をかけて試練に挑まなければならないでしょう。具体的には、凡そ数万年ほどの。

そうして彼らは書籍の中に仮想現実を組み込むことを可能としました。彼らが求めていたものが、遂に実現なされたのです。数多くの試練はその書籍内に蓄積され、仮想現実は物理的な破壊に干渉せず、時間経過はその中でのみ行われます。そうして彼らは世界を渡り歩き、試練を与え続けました。11

疑念

この儀式により生み出された存在は、本当に神格となりえるのかとの疑問があります。既に一つの前例はある対抗勢力によって管理が実施されています。いかに負ける術を知らない人間が、絶対的な勝者となりうるかと言えば、それは非常に疑問的なものであると感じます。 - スピーカー


ERROR

The AiliceHershey's portal does not exist.


エラー: AiliceHersheyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

[[div class="system-portal-amount-warning"]]
[[div class="content"]]
  1. portal:2788062 ( 06 Jun 2018 13:57 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License