"処女作"

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP
 
オブジェクトクラス: Safe
 
特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在サイト-8181の低脅威度物品保管ロッカーに収容されています。担当職員は3日に1度ロッカー内を確認し、増殖したSCP-XXX-JPを焼却処分してください。また、焼却炉へ運搬する際には不透明な容器を用いてください。
 
説明: 説明: SCP-XXX-JPは515mm*728mm1のポスターです。表面には赤と赤紫の不規則なマーブル模様が印刷されており、裏面にはAre_We_Cool_Yet?のサインと”処女作”という文字がボールペンによって記されています。

SCP-XXX-JPの表面の模様を裸眼/機械越し問わず意識的に視認した場合、暴露者は平衡感覚をごく一時的に喪失します。これは「一瞬クラっとくる」と表現される程度のものであり、継続的に視認しても身体に害はありません。

また、SCP-XXX-JPは、約3~4日に1度活性化し、自身の1/9サイズの複製を発生させます。この複製(以下SCP-XXX-JP-1)は元となったSCP-XXX-JPの1辺に接続する形で出現します2。SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPの性質を引き継いでいますが、焼却することで問題なく処分できます。

SCP-XXX-JPは20██/08/19、愛知県██市████駅の改札の壁に貼り付けられていたところを発見、収容されました。発見時点で少なくとも██人がSCP-XXX-JPを視認しており、記憶処理ののち簡易カバーストーリー『寝不足』を適用しました。

補遺: 20██/██/08、SCP-XXX-JPを作成した人物の確保に成功しました。当該人物の尋問の結果、以下のことを証言しています。

  • 要注意団体Are_We_Cool_Yetの新人構成員である
  • 元は彫刻家であったが全く作品が売れず困窮していたところ、同期だった人物から誘われたため入団した
  • 下記メールの送信者含め他の構成員とは直接の面識はほとんどない
  • ████駅にオブジェクトを設置したのは自分の作品を早く認めてもらいたかったため

また、以下は当該人物の所持していたノートPC内から発見された文書です。

To: ████
確認したが、あれはダメだ。
発狂させる図柄と無限に増える支持体を組み合わせただけじゃあcoolじゃない。それはただの危険物だ。
しかも、動作確認も行わず、品評会に出すこともなく放りだしたな?悪いが、作品に対する愛着、愛情ってものも感じられないな。
逸る気持ちはわかるが、焦ってもいいことはなにもない。
じっくり腰を据え、自分の思う最高の作品を作りあげるのが芸術家ってもんだろ?
過激派がいるのも確かだが、本来俺たちは芸術家であってテロリストじゃない。
俺たちの合言葉はAre_We_Cool_Yet?であってAre_We_Destroyer_Yet?じゃない。
破壊は目的でなく手段であるべきだ。そして、手段は目的のために使わなきゃならない。
From: ███

追記: 不具合の原因はおそらく2種の異常をそのまま結合したことだろうな。複数の異常性を持たせる場合は相応の処置が必要だ。簡易的な手法を載せたPDF3を送るから参考にしてくれ。2作目を楽しみにしているよ。

また、当該人物の家宅捜索の際、作りかけと思われる氷像、及び設計図4が発見されています。
この氷像は発見時、異常な室温の高さにも関わらず一切融解していなかったため、AO-███-JPとして収容が行われました。調査の結果、AO-███-JPは自然融解せず、昼間は熱を放出し、夜間には熱を吸収する異常性を持っているとみられています。



ERROR

The Aikagi26's portal does not exist.


エラー: Aikagi26のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:aikagi26 ( 02 Jun 2018 22:43 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License