SCP-XXX-JP 異常なし
rating: 0+x

画像閲覧がレベル4職員によって許可されました。

scp-XXX-JP-1.png

SCP-XXX-JP。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、サイトー81██の低脅威度物品保存用ロッカーに収容され、接触、視認、写真、映像の閲覧にはレベル4以上のセキュリティクリアランスを持つ職員による許可が必要です。実験を行う研究員は、必ずSCP-XXX-JPに曝露した後、記憶処理を受けてください。

説明: SCP-XXX-JPは、約2cm×1cm×0.5cmの大きさの青色をした一般的なプラスチックです。

SCP-XXX-JPは、サイトー81██の床に落ちていた所を██博士に発見され、「これはオブジェクトではないか?」という報告を受け、 報告書を提出したところO5職員の全員が承認したため収容に至りました。

SCP-XXX-JP実体の視認写真、映像の閲覧、接触を行うと、これを異常物品であると錯覚します。この認識災害はBクラス記憶処理で取り除くことができます。また、記憶処理後この画像を閲覧しても、異常性に曝露されることはありません。

実験記録001 - 日付20██/██/██

対象: D-398164

目的: SCP-XXX-JPの性質の確認。

実施方法: SCP-XXX-JPに対象を視認させる。

結果: SCP-XXX-JPを異常物品と認識。

分析: 予測通り。

実験記録002 - 日付20██/██/██

対象: D-398165、D-398166、D-398167、D-398168

目的: SCP-XXX-JPの性質の確認。

実施方法: SCP-XXX-JPに対象を左から順に「目隠しをして接触」 「写真を閲覧」 「映像を閲覧」 「目隠しをして写真に接触」させる。

結果: D-398165、D-398166、D-398167はSCP-XXX-JPを異常物品と認識。D-398168は変化なし。

分析: 写真に接触しても効果はないのか。

実験記録003 - 日付20██/██/██

対象: Bクラス記憶処理を施したD-398164。

目的: SCP-XXX-JPの性質の確認。

実施方法: SCP-XXX-JPに対象を視認させる。

結果: SCP-XXX-JPを異常物品と認識せず。

分析: ほう、記憶処理でどうにかなるのなら楽だな。

補遺: これは異常性があると「錯覚」されるオブジェクトです。このオブジェクトにそれ以外の異常性はありません。

[[collapsible show="[更なる情報の閲覧には世界XXXの職員にのみ許可されます。]" hide="[用件が許可されました。]"]]

上記の情報はSCP-XXX-JPの一例です。

scp-XXX-JP-1.png

SCP-XXX-JP-XXX。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス Safe,Euclid,Keter,Thaumiel,Other

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、常に増加するようにしなければなりません。また、それぞれのSCP-XXX-JPに高度な特別な手順を制定させる必要があり、その他情報にすべての職員がアクセスできる様にしなければなりません。SCP-XXX-JPの増加を促進させるために、すべての職員にSCP-XXX-JPを自身の感性による評価を行う権利が与えられます。

説明: SCP-XXX-JPは、電子媒体に記述される文書、写真です。SCP-XXX-JPに新しい文書が掲載されると、並行世界にオブジェクトが現れます。現在、日本のみでも1000種以上のSCP-XXX-JPが確認されています。現在もSCP-XXX-JP文書は増加を続けていますが、他の財団の存続のために定期的な評価や削除を必要とします。文書、写真を閲覧すると、実際にはそうでないにも関わらず、異常性があると認識します。この異常性は職員となってからの時間とともに薄れていきます。

ある職員からの文書

よく考えてほしい。
この世界から見ると、財団は、「単なるコミュニティサイト」なのだ。
そして、貴方達は、「架空のサイトに登録しているだけの、ただの人間」だ。
しかし、貴方達が「執筆」した「記事」は、他の世界に実在するオブジェクトなのだ。
だからって、貴方達が記事を執筆してはいけないということではない。
一つあなたに問う。財団の活動理念は?
そう。「確保、収容、保護。」
確保し、収容し、保護するものがなければ、財団は単なる「空き箱」なのだ。
だからこそ、君たちにしてもらいたいこと。
それは、
このサイトに記事を書き、確保、収容、保護させることだ。
  ────職員

ERROR

The (user deleted)'s portal does not exist.


エラー: (user deleted)のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:3988268 ( 11 Jul 2018 10:57 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License