wannya-2-1dc9

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png
6BDF4406-86D9-406A-B368-47047B9DC7B2.jpeg

SCP-XXX-JP(非活性状態)

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは高濃度酸素ボンベと繋がれた低危険物収容庫に保管します。SCP-XXX-JPはダメージを受ける、またはSCP-XXX-JPを飛ばそうとした際に活性化するため、実験時以外はSCP-XXX-JPダメージを受けないようにかつ、飛ばさないようにして下さい。揺れによるダメージの被害を防ぐため、持ち歩く際はSCP-XXX-JPを型どったクッション入りのケースに入れて運んで下さい。なお、24時間に1度、収容庫に繋がれている高濃度酸素ボンベを入れ替えるようにして下さい。

説明:SCP-XXX-JPはマットポスト紙製の紙飛行機です。このマットポスト紙のメーカーおよび生産工場は特定されており、これらに特異性はありません。1

SCP-XXX-JPはダメージを受けた際、または対象者がSCP-XXX-JPを飛ばそうとした際に活性化します。SCP-XXX-JP はダメージを受けると即時再生し、SCP-XXX-JPが感じた痛みは、最後にSCP-XXX-JPを飛ばした対象者に移ります。また、定期的にSCP-XXX-JPに酸素濃度の高い空気を浴びせないと、自力で飛び、壁にぶつかって即時再生を繰り返すため、最後にSCP-XXX-JPを飛ばした対象者は痛みを感じ続けます。

SCP-XXX-JPを飛ばそうとすると対象者が飛ばそうと思った方向に逆らうように飛びます。またSCP-XXX-JP は危害を加えられそうになる、あるいはSCP-XXX-JP にとって危険な場所に飛ばされそうになると、対象者に時速90kmで突撃します。対象者は「骨が折れたような痛みがする。」と報告しますが、実験記録9817-16によると、これは衝突による痛みではなくSCP-XXX-JP が対象者に当たって折れたことによってSCP-XXX-JP が受けた痛みが対象者に移ったことが原因だと考えられます。

SCP-XXX-JPは███県███市███学校の職員室で回収されました。発見者はこのオブジェクトを体育倉庫で拾ったと証言しています。発見者が激痛を訴えていたため、体育倉庫で転んだというカバーストーリーを適用して記憶処理しました。学校関係者や発見者の保護者にも同様の記憶処理を実施しました。

実際記録 第一次実験 - 日付20██/██/██

対象: 紙飛行機(※現在のSCP-XXX-JP)

実施方法: Dクラス職員(D-9817)を用いて、5m先に的を用意し、その的を狙って対象を飛ばす。
結果:1mほど進んだところで右に急カーブし、壁にぶつかりました。D-9817は骨が折れたような痛みを報告しましたが、レントゲン写真で解析したところ、骨折したような痕跡は見当たりませんでした。2

実験記録 第二次実験-日付20██/██/██

対象: 紙飛行機(現在のSCP-XXX-JP)
実施方法: 対象を36時間放置する。
結果: 約24時間ほど経過したところで、対象は自力で飛び始め、壁にぶつかって即時再生を繰り返しました。そして、最後に対象を飛ばしたD-9817が痛みを感じ続けました。

分析: このオブジェクトは知性、あるいは何らかの情報を保有している可能性があります。Euclidクラスへの再分類を要請します。回収状況の再調査を要請します。

財団は再調査を実施しましたが、関係者には既に記憶処理を実施していたため、このオブジェクトの拾得状況について新しい情報は得られませんでした。


ERROR

The nebula2700's portal does not exist.


エラー: nebula2700のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8260379 ( 21 Sep 2022 12:30 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License