11/22 〆切 アルト・クレフの墓石 (原題: The Tombstone of Alto Clef)

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

The funeral service was larger than Jack expected. It must’ve been against regulation for this much of the Foundation’s senior staff to be in the same place at the same time. But then again, so was recruiting discarded GOC agents, and Alto had been the exception for that as well.

その葬儀は、ジャックの予想以上に規模が大きかった。これだけの数のシニアスタッフが同時に同じ場所にいることは、財団の規定に違反していただろう。けれども、クビになったGOCのエージェントを雇用するのだって規定違反だし、そこに関してもアルトは例外的存在であった。

“Exceptional is a good word for him,” Jack said to himself.

「例外ってのはあいつにぴったりの言葉だな」とジャックは独りごちた。

“You’d never say that to him in person, would you?”

「それ、彼に直接言ったりはしなかったでしょうね?」

Jack looked over his shoulder. Sophia stood behind him, dressed in a pair of black slacks and a white button down.

ジャックは後ろを振り返った。彼の背後には、黒いスラックスに白のワイシャツを着たソフィアが立っていた。

“And give his ego another boost? Hell no.”

「そしてあいつをさらに付け上がらせようっての?まさか。」

“You make a good point.”

「それもそうね。」

“It’s good seeing you.”

「会えてうれしいよ。」

“It’s good to see you too, Jack.”

「私もよ、ジャック。」

“We need to grab drinks sometime that’s not, you know, after a funeral. It’s been what? Five years?”

「今度、葬儀の後じゃないときにでも飲みに行こうか。何年振りだい?5年か?」

“Seven I think.”

「7年じゃないかしら」

“Hmm. Close enough.”

「ふむ、惜しかったな。」

Sophia nodded, and they both fell silent. Jack’s gaze wandered to the tombstone again. It was small, which Alto would’ve hated. It didn’t even have the name “Alto Clef” on it. They engraved the name “Jonathan Sealee” instead. But such is life in the Foundation, die in the dark and all that.

ソフィアは頷き、そして2人ともが沈黙した。ジャックの視線は再び墓石の方に向いた。それはアルトが嫌いそうな小ささだった。"アルト・クレフ"という名前すら書かれていなかった。代わりに彫られていた名前は"ジョナサン・シーリー"。けれど、財団での人生なんてそんなものだ。暗闇の中で死んで、それで終わり。

“Did they tell you how he died?” Jack asked after a while.

「クレフがなんで死んだのか聞かされてるか?」少しの間のあと、ジャックが尋ねた。

“No. You?”

「いいえ。あなたは?」

“Nope.”

「いいや。」

“Did you ask?”

「聞いてみたの?」

“At least a dozen times,” Jack replied, “Classic Clef, isn’t it? Even dying in mysterious and classified ways.”

「十数回はね。」ジャックは答えた。「全くクレフらしいな、だろ?死に方でさえも謎めいていて機密事項だ。」

“Only thing that’d make it more him is if he died horny.”

「これ以上の彼らしい死に方なんて、腹上死くらいじゃないかしら。」

Jack cracked a smile. “He was a rat bastard, wasn’t he?”

ジャックは微笑んだ。「あいつは嫌な奴だったな。」

“That he was. A brave bastard, but a bastard.”

「本当にそうね。勇敢で、でも嫌な奴だった。」


The last time Jack saw Alto, it was at his son’s wedding. He threw Alto an invitation just on the off-chance to see the bastard again, but didn’t really expect much from it. He missed the ceremony, and most of the reception. But as the night drew to a close, and people started to shuffle toward the door, a familiar face sifted through the crowd toward Jack.

最後にジャックがアルトに会ったのは、ジャックの息子の結婚式でのことだった。彼は、アルトにまた会えるかもしれないという理由だけで招待状を送ったが、特に期待していたわけではなかった。彼は式には間に合わなかったし、披露宴にもほとんど出なかった。しかし夜が更けてきて人々が帰りだした頃に、人混みの中から見慣れた顔がジャックの方に近づいてきた。

“Look who decided to show his ugly mug!” Jack called out.

「馬鹿面を見せに来たのは誰かと思えば!」ジャックは呼びかけた、

“I’d be a shitty god-father to miss the whole thing now, wouldn’t I?”

「全く出席しなかったら、私は最低の名付け親になっちまうだろ?」

“You missed the ceremony, you’re still a shitty god-father,” Jack gave Alto a hard slap on the back, “You want a drink?”

「式に出なかったんだから、既に最低の名付け親だろ。」ジャックはアルトの背中を叩いて言った。「何か飲むか?」

“No, I’m good. I need to drive myself home anyways.”

「いや、やめておく。家まで運転して帰らなきゃならないからな。」

“Oooh, look at you. Mr. Responsible.”

「なんだよ、珍しいな。ミスター・せきにんかん、ってか?」

“I’ve been playing it safer for a few years now, you know.”

「ここ数年は安全志向で行ってるんだ、わかるだろ。」

Jack took another swig from his beer, “Don’t give me that. It’s only been like, two months since we got into that knife fight down in Bolivia. Nearly getting your fingers sliced off isn’t very safe.”

ジャックはビールをもう一口すすった。「そんなこと言わずにさ。私たちがボリビアで巻き込まれたあのナイフの喧嘩から、まだ2ヵ月くらいしか経ってないじゃないか。指を切り落とされかけるのを安全志向とは呼ばないぜ。」

“That happened five years ago, Jack.”

「ジャック、あれはもう5年前だぞ。」

“Wait, really?”

「待って、本当に?」

“Yeah.”

「ああ。」

“Huh, I guess my sense of time must be screwed up.”

「どうやら私の時間感覚はイカれたみたいだな。」

Alto smiled and guided a wobbly Jack to a seat, “How much have you had to drink?”

アルトは笑って、ふらつくジャックを席に座らせた。「何杯飲んだんだ?」

“This is like, my eighth I think?”

「たぶん、これで8杯目かな?」

“Please don’t get alcohol poisoning on me. Remember that time when you drank too much before that full site meeting?”

「アルコール中毒沙汰に私を巻き込むのは勘弁してくれよ。全サイト会議の直前に君が飲み過ぎた時のこと、覚えてるか?」

“Not really, no. I blacked out hard.”

「いや、あんまり。だいぶ気を失ったらしくて。」

“… that’s fair. You died.”

「……当然だな。君は死んだんだ。」

“That sounds a little dramatic,” Jack replied, a wide smile plastered across his face.

「そりゃあ、少しだけ劇的に聞こえるな。」ジャックは満面の笑みで答えた。

“They got you a replacement body.”

「替えの体が用意されて来たよ。」

“I see…” Jack eyed Alto suspiciously. He could’ve been making it up. This was twenty years ago, at least. He could’ve been pulling shit out of his ass. “Well, how about you champ?”

「そうか……」ジャックは疑わしげにアルトを見た。彼が話を作っている可能性もある。最低でも20年前の話だ。ただのクソみたいな虚言かもしれない。「それで、そっちはどうなんだ、相棒?」

“You never call me champ.”

「君は私のことを相棒と呼ばないだろう。」

“I’m fucking wasted, ok? Now tell me what you’ve been up to.”

「私はひどく酔ってるんだ、わかったか?いいから最近は何をしてるのか教えろよ。」

“Classified.”

「機密事項だ。」

“Oh fuck off. You go off saving the world by yourself all the time, and I have to stay in and do paperwork. The least you could do is give me some good stories.”

「おい、やめろよ。君はいつも世界を救うためにあちこちに行くが、私はといえば引きこもっての書類仕事ばっかりだ。おもしろい話くらいしてくれてもバチは当たらないだろ?」

“Trust me, the stories aren’t even that good.”

「信じてくれよ、おもしろい話なんてないんだ。」

“C’mon, please. Just one.”

「お願いだよ、ひとつでいいからさ。」

“I don’t know. I’m getting old, man. They don’t send me out to do the interesting stuff like they used to.”

「ないんだよ。いいか、私は歳を取ってきた。もう、昔みたいなおもしろい仕事には回してもらえないんだ。」

“You still kill type-greens.”

「まだタイプ・グリーンを殺してるだろ。」

“Sometimes.”

「時々な。」

“Well that’s still interesting.”

「それはおもしろいことじゃないか。」

“I wish it wasn’t.”

「そうじゃなかったらよかったがな。」

“Come again?”

「なんだって?」

“Interesting isn't really what I'm looking for anymore.”

「私が今求めているのは、おもしろいことではないんだ。」

“Huh.”

「ふむ。」

Jack just stared at Alto for a few seconds. Alto waved his hand in front of Jack’s face.

ジャックは数秒間、黙ってアルトを見つめ続けた。アルトはジャックの顔の前で手を振った。

“You there?”

「大丈夫か?」

“Yeah, yeah. I’m just thinking, it really has been a long time since we talked.”

「ああ、大丈夫。考えごとをしてただけさ。前に話してから、だいぶ時間が経ったんだな」

Alto let out a little smile, “I guess it has.”

アルトはすこし笑った。「そうだな。」

“Did something happen to you?”

「何かあったのか?」

“Probably.”

「たぶんな。」

“Probably?”

「たぶん?」

“It’s classified.”

「機密事項だ。」

“Oh fuck you.”

「ふざけるなよ。」

Alto clapped Jack on the back and checked his watch.

アルトはジャックの背中を叩いて、時計を確認した。

“Shit. I really should get going.”

「クソ、もう行く時間だ。」

“Really? You’ve been here for like ten minutes!”

「本当か?まだ10分くらいしかここにいなかっただろ!」

“I have a meeting over at nineteen. This place was along the way.”

「19時から会議があるんだ。ここはちょうど通り道でな。」

“Of course. Had to be convenient for you.”

「当たり前だろ。君が来やすい場所にしたんだよ。」

“See you later, Jack.”

「またな、ジャック。」

“We need to get drinks sometime!”

「そのうち飲みに行こうぜ!」

And those were the last words he ever said to him.

それが、ジャックが彼にかけた最後の言葉だった。


Sophia and Jack stared at the grave until they were the only ones left. Sophia had brought an umbrella, but it turned out to be unnecessary; even the forecast said it was going to be a sunny day. So there was no real reason for Sophia to start back to her car. She was just bored of standing there in the silence.

ソフィアとジャックは、他の人が全員いなくなるまで墓を見つめていた。ソフィアは傘を持って来ていたが、それは必要なくなった: 天気予報だって、晴れを知らせていた。だから、ソフィアが車に戻る意味は特になかった。彼女はただ、そこに黙って立っているのに飽きたのだ。

“Hey, can I get a ride to the reception?” Jack asked Sophia.

「会食の会場まで乗せていってくれないか?」と、ジャックはソフィアに尋ねた。

“You didn’t drive yourself here?”

「ここまで運転してこなかったの?」

“I took the bus, but I don’t think there’s a line that goes to nineteen.”

「バスで来たんだけど、ここからサイト-19に行く路線はなさそうなんだよ。」

Sophia smiled to herself, “You’re more useless than Alto.”

ソフィアはひとりで笑った。「あなた、アルトよりも役に立たないわね。」

“I can’t tell if that’s a high or low bar,” Jack replied as he caught up, “How well did you know him anyways?”

「その基準は高いのか低いのかわからないよ。」ジャックは追いつきながら言った。「実際君は、あいつのことをどれくらい知ってたんだ?」

Sophia shot Jack a piercing glare. He put his hands up in surrender.

ソフィアはジャックを鋭く睨んだので、彼は両手を挙げた。

“No, like, I just rarely see you come out of your office, and I’m another director. I just can’t imagine why you’d talk to Clef all that mu—“

「いや、違うんだ、ただ、君がオフィスから出てくるところはあまり見ないし、私はもう1人の管理官だから。ただ、クレフと君が話してるところを想像できなくて──」

“Who do you think managed his missions?”

「誰が彼の任務の管理をしていたと思う?」

“… Overseers?”

「……評議会?」

“You’re not funny Jack,” Sophia replied. She unlocked a white Toyota Camry. She could’ve afforded something fancier, but Sophia was always the minimalist. Jack got in on the passenger side and the two took off.

「ジャック、それ面白くないわ。」ソフィアは答えて、トヨタの白いカムリの鍵を開けた。もっと高い車を買うこともできたが、ソフィアはいつもミニマリストなのだ。ジャックが助手席に座り、2人は出発した。

“Is that what you spend all your time doing? Managing Clef?” Jack asked.

「君は勤務時間中、ずっとクレフの任務の管理をしてたのか?」

“Of course not. But I’d be lying if I said this didn’t open up my schedule some.”

「まさか。でも、任務管理が私の予定になかったと言えば嘘になるわね。」

“And you don’t know what happened to him?”

「それなのに、彼に何があったのかは知らないと?」

“Not a clue.”

「ええ、まったく。」


The last time that Sophia saw Alto was in a standard debriefing meeting. The man couldn’t seem to look her in the eye. His head drooped and his spine shaped like a question mark. The few times Sophia did get a good look at his face, it was obvious he hadn’t slept well.

ソフィアが最後にアルトに会ったのは、通常の任務結果の報告でだった。彼は彼女と目を合わせようとしなかった。彼は項垂れていて、背骨はまるでクエスチョンマークのように曲がっていた。ソフィアは何度か彼の顔を見ることができたが、よく眠れていないのは明らかだった。

“Mission status?” Sophia asked. She knew the answer, but the formal corroboration was standard procedure.

「任務の結果は?」ソフィアは聞いた。答えは分かりきっていたが、形式的な確認が標準の手続きだった。

“Success.”

「成功だ。」

“All objectives met?”

「目標は全て達成できた?」

“Yes. The target was eliminated.”

「ああ。対象は終了された。」

“Any witnesses?”

「目撃者はいた?」

“Yes. His two sons and his wife.”

「いた。彼の妻と2人の息子だ。」

“Were they aware that the target was anomalous?”

「その人たちは、対象の異常性には気付いていた?」

“It appeared not. I still amnestized them after the deed was done. They think he died in a car crash. Standard procedure.”

「気づいていなさそうだったな。だが、対象の終了後に記憶処理はしておいた。彼らは、彼は車の衝突事故で死んだと思っている。標準プロトコルだ。」

“Anything else to report?”

「ほかに言うべきことは?」

“Yes.”

「ある。」

Sophia tilted her head to the side. Normally this was where the debriefing ended. Alto would walk out the door, and Sophia wouldn’t have to see his unshaved face for another few weeks. She wanted this over with.

ソフィアは首を傾げた。いつもなら、ここで報告会は終わりだ。アルトはドアを通って去っていき、ソフィアはもう数週間彼の不精ひげを見なくて済む。彼女はこの会を終わらせたかった。

“What is it?” Sophia prompted.

「何?」ソフィアは尋ねた。

Alto finally looked up for the first time all meeting, “I would like to be put on reserve.”

アルトは初めて顔を上げた。「私は前線から退いて、控えに回りたい。」

Sophia stifled a laugh. “You? On reserve? Did you hit the bar before you came in here? Request denied.”

ソフィアは笑いを堪えた。「あなたが?控えに?ここに来るまでにお酒でも飲んだの?要請は却下します。」

“What?” Alto stood, and approached Sophia’s desk, “Why?” She could smell the after-mission fumes coming off of him. The man had stopped bathing during missions about a year ago. When Sophia complained Alto blamed the stress, but no one really believed that. It took all Sophia could muster to maintain eye contact.

「なんだと?」アルトは立ち上がり、ソフィアの机に近づいた。「なぜだ?」彼女は、彼の任務後の匂いを感じ取ることができた。彼は1年ほど前から、任務に携わっている間は風呂に入らないことにしていた。ソフィアが文句を言ったときにはアルトはストレスのせいにしたが、誰もそんなことは信じちゃいなかった。ソフィアはただ、目を合わせることしかできなかった。

“You’re our most reliable agent at neutralizing type-greens. No one comes even close.”

「あなたはタイプ・グリーンの無力化において一番頼りになるエージェントよ。他とは比べ物にならないわ。」

“I’m getting less reliable with each day!” Alto said. He put his hand out in front of Sophia. It shook like an earthquake. “Does this look like the hand of a sharpshooter?”

「私は日毎に頼りなくなるぞ!」アルトは言い、ソフィアの前に手を出してみせた。手は、地震のように震えていた。「これが一流の狙撃手の手に見えるか?」

“Well, you must do something to make it work.” Sophia could feel tears forming in her eyes. They stung from Alto’s scent.

「そう、じゃあその手はどうにかしてうまく動くようにしなければね。」ソフィアは自分の目に涙が浮かぶのを感じた。アルトの臭いが目に染みるのだ。

“It only works until it doesn’t. One of these days I’m coming back in a body bag.”

「失敗するその時まではうまく動くだろうさ。いつかそのうち、私は死体袋に入って帰ってくるんだ。」

“What makes the great Dr. Clef so afraid of death all the sudden?”

「偉大なるクレフ博士が、どうして急に死ぬのを怖がり出したの?」

Alto leaned over the table, “Maybe I want to spend a few years in peace, you ever think of that? Given my liver I can’t have more than seven or eight left. Maybe you could let an old man live a little.”

アルトは机の上に身を乗り出した。「私だって平和な数年間を過ごしたいのかもしれないと、一度でも思ったことがないのか?肝臓を考慮に入れれば、私はもう7、8年しか生きられないだろう。年寄りを少しか長生きさせてくれたらどうなんだ。」

Sophia’s nose couldn't take it anymore. She turned away from the man and started rubbing her eyes.

ソフィアの鼻は、もはやその匂いに耐えられなかった。彼女はその男に背を向けて、目を擦りはじめた。

“Request still denied. If you want to quit for real, take it up with the council.”

「要請は却下です。本当に辞めたいなら、評議会に持ち込むこと」

And those were the last words Sophia said to him.

そしてそれが、ソフィアが彼にかけた最後の言葉だった。


The two arrived at Site-19, nodded to each other, and then went their separate ways. They mingled with the others at the reception, trying their hardest to talk about anything except the pain in the ass they just buried. But they could still feel the heaviness in the air. That “you don’t know what you got ‘til it’s gone” vibe that comes with the ending of things.

2人はサイト-19に到着し、互いに頷き合った後にそれぞれの方向に歩いた。会食では他の人と一緒になって、たった今埋葬したイラつきの種以外のことをどうにかして話そうと努力した。けれど、重苦しい空気は依然としてそこにあった。「失って初めてその価値に気がつく」といった、物事の終わりにつきもののあの雰囲気だ。

Meanwhile, somewhere deep inside Site-19, an administrative assistant entered death certificates into the Foundation Database. He has higher clearance than every site director, and a few O5 members. But it’s mostly because they needed someone to enter this information, and they weren’t going to waste O5-3’s time.

その間、サイト-19のどこか奥深くで、ある管理補佐官が財団データベースの死亡診断書にアクセスした。彼は、全サイト管理者やO5の一部よりも高いクリアランスレベルを持っていた。と言ってもその理由は、誰かはこの情報にアクセスできなければならず、だからといってO5-3の時間を無駄にするわけにはいかなかったからだ。

Not that the assistant understands what’s so confidential about the death certificates. He doesn’t know any of the agents or doctors or the Foundation, so he can’t put a face to a name. Besides, for most of the certificates the cause of death was unknown anyways.

補佐官は、死亡証明書のどこがそんなに機密でなければならないのかは知らない。博士やエージェントや財団を全く知らないので、顔と名前を一致させることができないのだ。それに、ほとんどの死亡診断書の死因は不明だった。

But he knew the importance of bookkeeping, and since that’s what he got paid for, the assistant did it. He sat in his own little closet office, closed off from the rest of the Foundation, and continued to enter in names, times of death, and “N/A”s. However, about halfway through his current stack, he ran into a card that finally gave a cause of death.

けれども補佐官は簿記の重要性を知っており、それでお金をもらっている以上、仕事はした。彼は、財団の他の施設から切り離されたところにある自分の小さなオフィスに座って、名前と死亡時刻と「N/A」の入力を続けた。けれど、作業中の資料の半ばを超えたところでようやく、死因が書いてあるカードに出くわした。

Name: Jonathan Sealee

氏名: ジョナサン・シーリー

Time of Death: 04/19/2019, 16:33 hours EST.

死亡時刻: 2019/4/19 米国東部標準時16:33

Cause of Death: Killed in a car crash on his way to pick up his daughter from ballet practice.

死因: バレエ教室から娘を迎えに行く途中、車の衝突事故に遭い死亡。

"Hmm."

「ふうむ。」

And then he moved on to the next card.

そして彼は次のカードをめくった。


en tale ブライト博士 クレフ博士 ライト博士



ページ情報

執筆者: Popepape
文字数: 16350
リビジョン数: 19
批評コメント: 0

最終更新: 05 Oct 2022 11:13
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The Popepape's portal does not exist.


エラー: Popepapeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8207850 ( 22 Aug 2022 22:39 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License