11/22 〆切 クレフ、車両管理局に行く (カック ハブ)(原題: Clef Goes To The DMV)

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

Though the seats at the DMV office would typically be packed tightly with people waiting to be called up to the counter, no one seemed to be interested in sitting next to Clef. It might have been because he looked quite suspicious wearing a duster hat and coat in the middle of summer. It might have been because he smelled a little(a lot) like sulfur and smoke. It might have been because his unusually jagged teeth resembled those of a shark. It might have even been because that eye tattoo on the back of his neck looked like it had blinked.

DMV1の待合室の席は窓口に呼び出されるのを待つ人々でぎゅうぎゅう詰めになっているのが普通だが、クレフの隣に座ろうとする者は誰もいなさそうだった。それは、彼が真夏にも関わらずウエスタンハットを被ってコートを着ていたからかもしれない。彼からほんの少し(すごく)硫黄とタバコの匂いがしたからかもしれない。彼の異様にギザギザとした歯がサメを連想させたからかもしれない。あるいは、彼の首の後ろにある瞳の刺青が瞬きをしたように見えたからという可能性だってある。

Ultimately, it didn't matter to him. His status as an island in the sea of human bodies and chairs only meant he would be able to put his feet on the seat opposite him. Had he not been scolded three times prior, he'd probably be having a smoke as well.

その理由がなんであれ、クレフには関係のないことだった。人と椅子で形成された海において孤島であることは、彼が向かいの椅子に足を乗せて座ることができるということ以外には何の意味も持たない。もしもこれまでに3度も注意されていなかったら、きっと煙草の一服だってしていただろう。

Ding.

チリン。

"Number 67, Line B. Number 67, Line B."

「B列、67番。B列、67番。」

Finally, it was his turn. Clef stood up and approached the small window he had been assigned.

ついに順番が回ってきた。クレフは立ち上がり、呼び出された窓口に近づいた。

"Good day, commoner."

「ごきげんよう、民間人くん。」

"Hi. How can I help you?"

「こんにちは。ご用件は何でしょうか?」

"I'm here to get a driver's license like the little people do."

「一般市民と同じように、運転免許証を取りに来たんだ。」

"Name?"

「お名前は?」

"Alto Clef, aka Agent Ukulele, aka Adam ben Yahweh, aka Lucifer, First of the Fallen, aka That Bastard, etc."

「アルト・クレフ、あるいはエージェント・ウクレレ、あるいはヤハウェの子アダム、あるいは堕ちた者たちの頭ルシファー、あるいはあのクソヤロウなど」

The woman sighed, rubbing her temples.

受付嬢はこめかみに手を当て、ため息をついた。

"So Alto Clef?"

「つまり、アルト・クレフ?2

"Yes."

「そうだ。」

"Like the music thing?"

「音楽用語と同じ?」

"Yes, like the music thing."

「そう、音楽用語と同じやつだ。」

"Okay. First, we'll need to take your picture, sir. Please stand against the blue background to your right."

「分かりました。まず、お客様の写真を撮る必要があります。右手にあるブルーバックの前にお立ちください。」

Clef complied and moved towards the blue cloth, but raised a hand as the woman prepared to take a photo.

クレフは指示に従って青い布の方に移動したが、受付嬢が写真を撮る準備をしている間に手を挙げて言った。

"Well, that's just it, you see. I can't have my picture taken."

「ええと、それはそれとして、いいかな。私は写真に撮られることができないんだ。」

"Say cheese!"

「はい、チーズ!」

Click.

カシャリ。

The camera shutter went off.

カメラのシャッターが切られた。

"You'll see what I mean now."

「何が言いたかったか、これでわかってもらえると思う。」

"Hmm, sorry sir we gotta take your photo again. Looks like a spider got in the way of the camera just as I clicked it. Let me just make sure the lens is clear. Please stand by the blue background with your back straight and look at the camera again."

「ふむ、申し訳ありません、お客様。お写真をもう一度撮らなければならないようです。写真を撮った瞬間にカメラの前に蜘蛛が現れたようです。レンズの状態の確認をしますね。もう一度、背筋を伸ばしてブルーバックの前に立ち、カメラの方を向いてください。」

"How to explain it… I am what you would call an anomaly."

「なんと説明したらいいか……私はアノマリーと呼ばれるものだ。」

The government employee blinked, completely non-plussed. She sighed and leaned forward on the counter.

政府職員は、当惑した様子で目をぱちぱちとさせた。彼女はため息を吐き、カウンターから身を乗り出して言った。

"Anomaly. Like those S-C-P Foundation folks that came out of the woodwork last year?"

アノマリー。というと、去年突然現れた、あのエスシーピー財団の連中とかみたいな?」

"Yeah. Exactly like that."

「ああ。まさにその通りさ。」

"Well. Then how did you take your driver's license photo before?"

「そうですか。では、以前はどのように運転免許証の写真を撮られましたか?」

"I didn't."

「撮ってない。」

"You didn't?"

「撮ってない?」

"I didn't."

「撮ってない。」

"So you drove around without a license?"

「つまり、免許なしで運転していたんですか?」

"Not often, but in the rare occurrence I left Site-19 I did, yes."

「あまり何度もではないが、まれにサイト-19を離れるときには、ああ、運転してたな。」

"That's a crime, sir. I am legally required to report it and yourself to my supervisors."

「お客様、それは犯罪です。私にはあなたとあなたの行為を行政官に報告する義務があります。」

"I believe I am above such petty regulations thanks to my employer."

「私は雇用主のおかげで、そんな取るに足らない規則に従う義務は持っていないと思う。」

"Then why are you trying to get a driver's license in the first place?"

「ではそもそも、なぜ運転免許を取ろうとしているんですか?」

"Because I plan on driving around now that I'm allowed to leave that stuffy old site."

「あのひどく古くさいサイトから外出することが許されたので、ドライブにでも行きたいと思っていてね。」

"And yet you're above the law thanks to your employer."

「そして、それでもなおあなたは、雇用主のおかげで法律を無視できる立場にいると。」

"Yes. I am Doctor Alto Clef, Level-5 Researcher, and Containment Specialist."

「そう。私はアルト・クレフ博士、レベル5研究員で、収容スペシャリストだ。」

Clef reached to his waist, pulling forward his Class-5 Clearance ID. Much like the image she had just taken of him, his face had been replaced with a small brown spider. He held it up to the woman with a smug and jagged smile on his face.

クレフは腰の方に手をやって、クラス5のクリアランスIDを引っ張り出した。先程彼女が撮った写真と同様、IDカードに載っている彼の写真も頭部が小さな茶色い蜘蛛に置換されていた。彼はギザギザとした歯をむき出して得意げに笑い、カードを受付嬢に掲げてみせた。

"And I'm Mercy Kirby, DMV clerk," she responded, pointing to the badge on her chest.

「私はメルシー・カービー。車両管理局の事務員です。」彼女は、胸のところのバッジを指しながらそう答えた。

Clef's smile faded. He'd met a lot of people like this while working for the Foundation, but none of them possessed the level of cold disinterest in him, and his position of perceived power, that this woman had. She stared back at him with unfeeling eyes and a slight frown, as if being in his presence was an exercise in frustration. His blood ran cold at the sight of her reaching for the phone on her desk, her mind already made up.

クレフの笑みは曇った。財団で働いている間にこの手の人間には多く会ったが、高い立場にある彼に対してこの女のように冷淡に振る舞った人間は誰一人としていなかった。彼女は、彼がいること自体がいらだちの原因であるかのように、冷たい目と少ししかめた顔で彼を睨み返した。クレフは、心を決めた彼女が机の上の電話に手を伸ばすのを見て震え上がった。

"I, uh…"

「私は、ええと……」

Words failed him.

彼は言葉に詰まった。

"I hope you see why this is stupid and why I will have to report you."

「これがいかに馬鹿げたことで、どうして私があなたを報告しなければならないか、ご理解いただければ幸いです。」

There was little he could think to say to this woman who had come to metaphorically tower over him. Clef struggled to produce further speech in his shocked trance. His bluster turned to fear as she pressed buttons on the dial. What would happen to him should he be stopped by whoever she was calling? What if he was taken to jail? Alto Clef couldn't go to jail!

比喩的な意味において彼の上にそびえ立つことになったこの女性に、彼が言おうと思いつけることはほとんどなかった。クレフはこの衝撃的な状況で、どうにか言葉を続けようともがいていた。彼の虚勢は、彼女がダイヤルのボタンを押し始めたことで恐怖に転じた。彼女の電話相手に捕まえられたらどうなるだろう?もしも刑務所に入れられたら?アルト・クレフが刑務所なんて!

"… well, you see-"

「……ええと、ほら──」

The clerk looked up at him, the phone in her hand. "Yes?"

店員は、電話を手に持って彼の方に顔を上げた。
「なんです?」

But Clef had already dispensed the smoke bomb, obscuring vision in the area. Through the chaos, Clef could be heard tripping over chairs and muttering something about a fucking third eye that can't see for shit.

けれどそのときには、クレフは既に発煙弾を投げて周りの視界を遮断した後だった。混乱の中では、クレフが椅子につまづきながら見ることに関してはクソの役にも立たない3つ目の眼についてぼやいているのが聞こえた。


en tale クレフ博士



ページ情報

執筆者: Popepape
文字数: 7870
リビジョン数: 24
批評コメント: 0

最終更新: 05 Oct 2022 11:13
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The Popepape's portal does not exist.


エラー: Popepapeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8207850 ( 22 Aug 2022 22:39 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License