【投稿前調整用】エクスピレーション・デート

このページの批評は終了しました。

【投稿前調整用】エクスピレーション・デート
By: PopepapePopepape
PUBLISHED: 24 Oct 2022 12:09
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 5;
        font-family: 'Nanum Gothic', san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888;
        background-color: #fff;
        border-radius: 3em;
        color: #888;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    #top-bar .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    #top-bar .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -20em;
        width: 17.75em;
        height: 100%;
        margin: 0;
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        background-color: rgba(0,0,0,0.1);
        transition: left 0.4s ease-in-out;
 
        scrollbar-width: thin;
    }
 
    #side-bar:target {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within:not(:target) {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        margin-left: 19.75em;
        opacity: 0;
        z-index: -1;
        visibility: visible;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu { display: none; }
 
    #top-bar .open-menu a:hover {
        text-decoration: none;
    }
 
    /* FIREFOX-SPECIFIC COMPATIBILITY METHOD */
    @supports (-moz-appearance:none) {
    #top-bar .open-menu a {
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu {
        display: block;
        pointer-events: none;
        user-select: none;
    }
 
    /* This pseudo-element is meant to overlay the regular sidebar button
    so the fixed positioning (top, left, right and/or bottom) has to match */
 
    #side-bar .close-menu::before {
        content: "";
        position: fixed;
        z-index: 5;
        display: block;
 
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
 
        border: 0.2em solid transparent;
        width: 30px;
        height: 30px;
        font-size: 30px;
        line-height: 0.9em;
 
        pointer-events: all;
        cursor: pointer;
    }
    #side-bar:focus-within {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within .close-menu::before {
        pointer-events: none;
    }
    }
}
評価: 0+x

2021

サイト-19, 某地にて

アルト・クレフがジャック・ブライトの葬式において最後に会うことを期待していたのは、眼鏡をかけたゴールデンレトリバーの隣に座っている寂しいひとりの老人だった。

サイト-19の質素な教会は、この日のために特別に用意されたものだった。硝子瓶に入ったSCP-963のレプリカが木製の講壇上に鎮座していた。異常性自体は”難局”による無慈悲な途絶によって長期間奪われているにも関わらず、アーティファクトそのものはまだ取り扱うには危険であるものとして分類されていた。

REST IN PEACE安らかに眠れ

ジャック・ジェームズ・ブライト

1905-2021

そしてなお、教会は空っぽも同然だった。

「アルト、」チャールズ・オグデン・ギアーズは新顔の方に顔を向けて言った。

「コグ。ケイン。」クレフは2人に目を向け、頷き答えた。科学者である犬は顔をあげて彼を見つめ、ゆっくりと尾を振りながら苦しげに鳴いた。

クレフはたじろぎを顔に出さないようにぐっと堪えた。”難局”はケイン・パトス・クロウにとってやさしいものではなかった。事故によりゴールデンレトリバーの体に入ってしまったことで彼の寿命は既に半減していたが、今や異常性の死が彼の心をも奪っている。ある瞬間においては、彼は今までと同じように鋭く、幾千もの改革を起こしては財団を他のあらゆる正常性維持機関に先んじさせる天才科学者だが、次の瞬間には、細い脚に白くなってきた毛皮を持つ近視の老犬でしかなくなっている。

「他に誰か来るのか?」アルトはケインのあごを少しだけかいてやりながら尋ねた。「もう飲み始めてもいいか?」

ギアーズは目の前の首飾りから目を離さずに、そっけなく首を振った。

「私はただ、敬意を表するためだけにここにいます。他の方々は、私には葬儀において礼儀正しいとは思えない方法で我々の亡き同僚についての考えを話していました。私たち以外の参加者は来ないと考えられます。」

「誤魔化さないではっきり言えよ、コグ。ティルダはあいつがクソほど嫌いだっただろ。」クレフは馬鹿にしたように言いながら飲み物のテーブルに歩いて行くと、 まるまる一本のシャンパンのボトルを自分のためだけに取った。「ソフィアもだな、結局のところは。それにしても、あいつの近親者はいないのかよ?」

「アダム・ブライトが亡くなって、もう1世紀は経っています。もう一人の評議会の構成員はザ・ファクトリーの犠牲になりました。残りの家族は、”難局”により無力化されたか、彼と関わりを持ちたくないかのいずれかです。」ギアーズは平静に発言したが、クレフは彼との付き合いの長さから、その声にある悲しみの色に気がついた。「結局のところ、彼は全くもって完全に一人でした。」

「でたらめ言うなよ。評議会はあいつのコピー数百人に下働きさせてたんじゃないのか?」

「エヴァレットが言うには、オリジナルの首飾りの機能停止と同時に全てのコピーが高次脳機能を喪失したらしいよ。」ケインはそう吠えながらお座りの体勢をとった。

「便利なこって。」クレフはボトルの栓を掴んだ。「クソみたいに便利だな。」

彼はシャンパンの栓をポンと抜き、床の上に少し流してからギアーズとケインにも薦めたが、2人ともに断られた。時間をかけてごくごくと飲み、彼は会衆席に寝転がった。

「ところで、エヴァレットはいないのか?」クレフは静かにげっぷをしながら聞き、ケインに唸り声をあげられた。「あいつはジャックを好いてたと思ってたんだが。君らもあいつが来ると思うよな?」

問いかけは静かな部屋に反響するばかりだった。

君はジャックを好きだったのかい?」やがて、クロウは地面を見つめながら静かに尋ねた。

「好きだったし、無料でシャンパンをくれる限りは今も好きだ。間違いないね。」

ケインは前足で眼鏡を鼻先に上げながらうなった。「アルト、とぼけるのはやめろ。よくないぞ。」

彼らが遺体のない葬儀に出るのは初めてではなかった。長年に渡り、彼らは認めたくないほどたくさんのそういった葬儀に参列してきた。いちばん重大だったのは、もちろん、ベンジャミン・コンドラキのそれだった。同僚であり、友人であり、危ないやつ。

そして、アルト・クレフにとっては、恋人。

「今回ばかりは、私も本当のことを言ってる。」クレフは答えた。「結局、ケイン、なぜ君がここにいる?なぜエヴァレットがいないんだ?」

ケインは友人の振る舞いに恥を感じてか、ゆっくりとちいさく鳴いた。「僕は長い間、ジャックにとある同族意識を抱いていたんだ。若い頃、彼は大半の時間チンパンジーの中に入っていて、僕は彼が体を入れ替えられると知ったとき、もしかすると彼は人間の自主性に敬意を払ったり僕への同族意識を示したりするために動物の体を選んでいるのかもしれないと思った。」

クレフは鼻を鳴らした。シャンパンが彼の鼻から出てきた。

「僕が思うに、エヴァレットもジャックに同じような同族意識を抱いていたんだ。率直に言うなら、アルト、君に僕が感じているようなのを。君は僕たちと同じような危ないやつだ。愉快な狂人仲間の一人。そしてジャックは…‥ある意味彼の無分別は、僕たちのよりひどかった。そしてマンは、それを観察したかったんだ。分析したかった。」

クレフは肩をすくめた。「ああ、ジャックが「セクシャル・ヒーリング」やその他のくだらん思いつきを薦めてくるという理由で彼の部門からの異動願いを日に20も受け取っている限り、O4にはたまに私が月で現実改変者を終了するために数百万ドルもかけることにあまり気を留める余裕がない。まったく、素晴らしい男じゃないか!」

「あれのおかげで僕たちは仕事を続けられたんだ、どんなにあれが……彼の行動を受け入れたことが悔やまれたとしてもね。」ケインは、クレフがまるで話していなかったかのように話を続けた。「僕は犬であるにも関わらず快適に生きることができた。エヴァレットは、厳密には認可されていない人体実験を少ししても咎められることはなかった。君が少しの殺人をしても問題はなかった。思うに、それに関しては感謝するべきなんだろうね。」

「クソ野郎だな。」とクレフ。「ジャック、ありがとよ、私たちの誰よりもひどいやつでいてくれて。すごい功績だ。」彼は間を置いて、下品なにやにや笑いを浮かべながら周りを見た。「なあ、そうだろう?」

2人からの返事はなかった。

彼らはブライトでもコンドラキでもなかった。

彼らは彼のような人間ではなかった。

クレフは目をぐるぐる回しつつシャンパンを一瓶飲み終え、ゲップをしながら瓶を床に投げつけた。瓶は粉々に割れることなくただ床の上をはねた。

「彼は……彼は財団に大いに貢献しました。」少しの間の後、ギアーズは慎重に発言した。「ですが、彼の一番の功績は我々の文化に与えた影響です。彼は限界を押し広げました。規則に逆らいました、ルビコン川を渡る1ことが何を招くとしても。一時期においては我々の監房であることを超え、我々を定義づけていました。彼は絶え間なく変化する、財団の顔でした。」

クレフは再び目をぐるりと回した。「なんてこった、コグ、呆れるほど丁寧な言い方じゃないか。あのクソみたいなリストは士気を高めるものだった。士気を高めるものだ。まったく馬鹿げてる。」

彼はシャンパンのボトルをもう一本手に取った。「お前ら、本当に要らないのか?」

「私がここにいるのは、同僚の思い出に感謝の念を表するためです。」ギアーズは答えた。「私は、今夜嘆き悲しんだり楽しみ騒いだりすることは不適切だと考えます

「そして僕は犬だよ、アルト。ワンワン!」ケインは吠え声を明確に発音した。彼の精神は再び薄れ消えようとしていた。「水入れとか?そっちの方がまだいいんじゃないかな。」

クレフはそうなることだろうと思っていたので、水のボトルとプラスチック製の皿を手に取ってギアーズに渡した。チャールズが皿に水を注いでいる間、アルトはレプリカのSCP-963の方に歩いて行った。今やSCP-963-Dだ。それをNeutralizedと呼ぶことは適切でないように思えた。アルトはジャックの罪と悪事の重さを肌で感じた。彼の行動と死は、均一化のせいだけではなかった。

たしかに彼らは共に冒険をしたが、同時にたくさんの罪をも共有していた。そして、ギアーズとケインはある程度までの汚れた秘密を明かしてもよいぐらいに信頼できる人物だ。

近くで見ると、首飾りがレプリカであり、特に心が篭った作りでないのは明白だった。宝石と鎖はプラスチック製だった。サイト-43の玄妙除却セクションの焼却炉で燃え尽きたオリジナルの首飾りとはほとんど似ていなかった。財団はかなりの額の予算削減に直面していた。永久的な予算の削減に。

彼はにやにやと笑った。ボトルを振り、コルクをポンと抜いた。泡の厚い流れがボトルから噴き出し、シャンパン・フィズの泡が首飾りを覆った。

「ああ、」クレフは笑った。「まるでコニーがいなくなった後の毎週金曜日の晩じゃないか。」

「ワン?」ケインは首を傾げながら不思議そうに吠えた。尻尾は緊張したように持ち上がった。

「私は知っています、あなたがベンジャミン・コンドラキのことを心から深く愛していたことを。それは容易に見て取れました」ギアーズはまるでその状況が不自然でないかのように、全く中立的に言った。「ですがそもそも、そのこととジャックの追悼式を汚すこととに何の関係があるのですか?」

ケインは舌を出してハアハアと喘いだ。

「少しは努力してるんだろうな、コグ。努力してるって言ってくれよ。感情がないわけじゃないんだろう。」

「アルト、推測するに、ベンジャミン・コンドラキの失踪はあなたを傷つけました。アルト、推測するに、あなたは傷ついたことを隠しました。我々はそれぞれ別の方法で隠しました。」

クレフはシャンパンのボトルを見つめた。中身のほとんどは963のレプリカにかかっていたが、まだ飲めるだけの量が残っていた。彼は質問に答える前に、それを一息で飲み干した。

「いいか、私はクソみたいに寂しかったんだ、わかるか?」クレフは2人の理解の欠如に唸った。「私はコニーがいなくて寂しかったし、私と同じレベルの人間はあまり存在しないんだ。君たちは二人とも理解してくれると私は思う。少なくとも理解しようとしてくれるはずだ。そしてジャックが……ジャックがいた。たしかに仕事上の付き合いではあったが、それと同時に本物のつながりも持っていたんだ。」

彼は犬に近づき、げっぷをひとつした。シャンパンは彼の口を軽くし、同時に気分を悪くさせた。

「お前が話していたことだよ、ケイン。同族意識だ。あいつはそこにいて、乗り気で、そして私には私と同じ波長の人間が必要だった。だから、ああ。厳密に言えばプロフェッショナルではない何かが私たちの関係にはあったさ。私はそれを誇りに思ってなんかいない。私は私の人生を取り戻したかった。私は銃を乱射しまくり乱暴に振る舞いたかったが、情けないことにジャックがそうした。彼は最悪のことばかりする傾向があって、私たちはただクソみたいに『ああ、ジャックはこういう人間で私たちはもっと悪いことをしてきたから彼がここにいて非難されてくれてよかった心配しないでくださいよディレクター彼がこんなことをするのはこれが最後です誓って言います彼は変わったんですよあれは過去のことです』と弁解をするだけで、でもあいつが何をしてるかについて私たちはきちんと考えたことがなかった、そうだろ、あいつが体から体に移動しては脳死したDクラスを背後に積み重ね、それをよりよい善とかいうクソみたいな論理で正当化することについてどんなに楽天的に考えてるかを考えもしなかった。私たちは考えなかったんだよ、誰もな。いつもクソみたいな言い訳ばかりで。」クレフは嫌悪感たっぷりに吐き捨てた。

「それ以上のことでしたか?」

「あいつは忌々しい変人だったさ。」クレフは言った。「あいつはクソ野郎だった。1920年代の精神構造そのままだ。私たちみんなと同じくらい自分の権力が好きだった。私は他と違ってあいつが振り回せるような人間じゃなかった、ってのは忘れろ。」

彼は吐く真似をしてみたが、本当に胃がむかむかし出したのを感じて止めた。

「ですが、それを後悔していますか?」

再び教会に沈黙が訪れた。アルトはケインと同じように床を見つめた。

「私が思うに、」ギアーズは述べた、「私には彼の無分別な言動に対する責任が一部あります。」

「馬鹿なことを言うなよ。お前があの忌々しいリストに載っているのは、ジャックが黙示録の四騎士ジョークの時にマンの代わりにお前の名前を言ったからってだけだろうが。」

「戦争、死、飢饉、疫病……そして支配も。騎士の数を5人とみなす人はいます。そしておそらく、歴史はそのようにみなします。」ギアーズもまた下を向いて言った。「私は最悪の事態のただ中にいました。理性の代弁者でした。私は彼の最悪の所業──あなたの所業──を見ながらも、止めようとはしませんでした。そして、おそらく、ある意味においては、私はただそれを見ることすらしたくなかった。いつも言い訳をするために。許容するために。」彼は間を置いた。「それは、私が私の伝説において語られるよりも完璧な存在であることを認めるより簡単なことだったからです。」

彼にしては長い沈黙の時間だったが、ため息はつかなかった。「私が思うに、もしかすると、もしも彼のやり方が彼の不死性と権力によって固まってしまっていただけなのならば、私は彼に変わるように説得できたかもしれません。私はエヴァレットも同じように考えていると思います。あなたのように。」

アルトはため息をついた。「またお前の娘の話か?正確には娘の一人か。娘を彼女自身から救うことができたかもしれないとかいう見当違いのサバイバーズ・ギルトか?」

「アルト、私はいつも自分の伝説を意識してきました。ギアーズ博士。感情のない男。自分の定義づけをそのようにはさせませんでした。私自身がそのことについてどう思っているかにかかわらず、いつものように振る舞うことを続けてきました。」彼は顔を向け、クレフの眼を見つめた。「しかし、あなたはどうでしょう?」

クレフは答えなかった。彼はただのタイプグリーン、あるいはアンチ現実改変者、あるいはアルト・クレフ、あるいは最初の人間アダム、あるいはルシファー、あるいは本当の自分を凌ぐだけのカリスマを持っているただの賢いうそつきだった。喪失の後、あの長い年月の間、自分の伝説を安全毛布のようにして自身を包みこむのは簡単だった。狂乱の評判によって、彼の無分別を周囲が許すようにし向けるのは。だが彼は最後に、現実世界に戻ってきた。彼は大切なものを思い出した。彼が失ったもの。傷つけた人々の顔。彼の娘

彼は以前、それらの不安や恐怖をジャックと共有していた。要するに、同族意識だ。そしてジャックは、ある程度それを理解していた。彼は少しだけ彼自身の家族について話していたが、彼らが財団の”保護”下にあることもまた仄めかしていた。そして彼はまた、ある意味でリストを嫌うようになったようだった。リストがいかに彼に会ったこともない人から見た彼を不当に書いているかについて嫌悪していると彼は言った。白々しい嘘をつきながら。そして他の人は、その嘘を簡単に信じた。それが一番単純な逃げ道だったから。

しかし、ある日、それらの不安は消えた。まるで何もなかったかのように、あれらの欺瞞によって誰にも気づかれぬままに、蒸発した。あるいはそれは、他のことと同じように嘘だったのかもしれない。なぜならば、ある時点からジャック・ブライトは自らの伝説を受け入れたように見えたからだ。

彼自身が、彼が抗うこともできるはずの怪物になることを選択したのだ。

ケインは鳴きながら上体を起こし、講壇の方に歩き出した。クレフは彼の頭を何度か撫でてやった。ゴールデンレトリバーは鳴いた──彼の部分的に動物性のある眼には、自己の一部を失う苦しみを感じるだけの知性が残っていた。しかしながら、彼はもう一度自分の尻尾を振った。

「私は疑問に思うのですが」ギアーズは足元の地面を見つめながら慎重に言った。「彼のような重要でありかつ数もたくさんいる人間が亡くなって、誰が彼の担当プロジェクトを引き継ぐのでしょうか?」

クレフは眉を顰め、彼を見た。「君は……君はあいつが実際には何もしていないことをわかっているだろう?少なくとも、最後の方ではな。コグ、あいつはプロジェクトなんて持っていなかった。あいつは何もしていなかったんだ。」彼は視線を逸らし、唇を噛み締めてケインを見つめた。「あいつに関する思い違いを利用して権力を濫用する以外は何も。」

まるで安心するためであるかのようにアルト・クレフを見つめながら、ケイン・パトス・クロウは何も言わなかった──彼はただ片方の脚を上げ、ジャック・ブライトの葬儀のための講壇に排尿した。

彼らは皆、自分にやるべきことがあることをわかっていた。したがって、結局のところ、彼らは教会を発った。思考の嵐に追い抜かれながらも彼らは自分が必要とされているところに向かい、最後に彼らを一所に集めた要因である男について考え続けた。それは考えていて気持ちのいいことではなかった。男が彼ら全員に対してしたことを思えば。

他の人々がいなくなり、かつてエージェント・ウクレレだった男だけが世界に深い傷を負わせた男の残滓の前に足を組んでいた。彼は悲しくはなかった──ブライトの犠牲者たちが最後に手にする正義は彼の死を知ることだけだ、という冷徹な真実を感じただけだ。しかし、もしかすると──本当にもしかすると、だが──彼の遺産はヴァンガードの職員たる新世代には記憶されないのではないかという希望があった。彼らは自分達自身の世界を構築し、そこでは彼のような人々にふさわしい扱いを受けることができる──忘れ去られることだ。

クレフは本当に久しぶりに、ある種の陰気な清々しさを感じた。言うべきことは何もなかった。どんなことを言ったって、この状況は変わらないだろう。彼に考えることを忘れさせてくれるコンドラキはいない。彼が真実持っていた同族は、とっくの昔に彼ら自身の個性を原因として破壊されてしまった。

適切に思える敬意の示し方はたったひとつしかなかった。アルト・クレフはポケットからマジックを取り出し、亡き同僚に対する最後の賛辞を捧げた。

REST IN PEACE安らかに眠れ PISS小便

ジャック・ジェームズ・ブライト

1905-2021

ディスカッション用

タイトルのExpiration Dateには有効期限、契約満了日等の意味があります。
また、Expirationという単語単体では、失効、(婉曲表現としての)死、解放等の意味合いを持ちます。

タイトル: Expiration Date
著者: ©︎RallistonRalliston, LORDXVNVLORDXVNV
翻訳: PopepapePopepape
原記事: [https://scp-wiki.wikidot.com/expiration-date]
参照リビジョン: 3
作成年: 2022


en 共著 ブライト博士 クレフ博士 ギアーズ博士 120の史料館より ケイン・パトス・クロウ ボトルシップ ノー・リターン tale



ページ情報

執筆者: Popepape
文字数: 10022
リビジョン数: 3
批評コメント: 0

最終更新: 24 Oct 2022 21:16
最終コメント: 批評コメントはありません

ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The Popepape's portal does not exist.


エラー: Popepapeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8207850 (22 Aug 2022 22:39)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License