12/6 〆切 クレフ博士はどうしてカップケーキを憎むのか(原題: Why Clef Hates Cupcakes)

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

Dr. Clef's Office - 10th Floor:

クレフ博士のオフィス - 10階

It was just here. Dr. Alto Clef turned over his whole office.
ここにあったはずだ。アルト・クレフ博士は彼のオフィスじゅうをひっくり返した。

Nothing. His instrument was missing.
ない。彼の楽器がなくなっていた。

The rest of the floor chattered obliviously and walked about their day. Nope. This won't do. Clef grabbed his shotgun under his desk and swung, locked, and loaded. Someone was getting shot today.
⭐️同じ階の他の人々は⭐️そんなことには気づかずにおしゃべりをし、彼らなりの一日を過ごしていた。ダメだ。こんなことではいけない。クレフは机の下のショットガンを引っ掴んで振り、ロックし、弾を装填した。
今日は誰かが撃たれる日になる。

"Which one of you bastards took MY FUCKING UKULELE?"
私のクソッタレウクレレを盗んだのはどこのどいつだ?」

Shit. The whole office floor fell silent. A Ukulele Man without his ukulele was not someone to anger. Clef marched down the hallway. Anyone caught in his path scurried away like a mouse running into a piss-faced lion packing a Winchester 12 gauge.
ちくしょう。オフィス全体が静まり返った。ウクレレをなくしたウクレレマンは、怒らせるべき相手ではない。クレフは廊下をずんずんと歩いて行った。彼に出くわしたものは、怒れる顔をしてウィンチェスターM121を持ったライオンに遭遇したネズミのように慌てて逃げていった。


Security Office - 4th Floor:

警備室 - 4階

Agent Regal sat behind the security desk. He was thinking about how he would wind down tonight. His thoughts would have to wait though. He heard angry footsteps coming down to the office. Was the boss back already?
エージェント・リーガルは警備デスクの前に座っていた。彼は今晩どのようにくつろごうかについて考えていた。だが、⭐️彼の思考は一旦止まらなければならない⭐️。彼は、警備室に向かってくる怒れる足音を聞いた。上司はもう戻ってきたのだろうか?

Oh no. Worse. Him. "Morning, Alto… uh, what's the problem?
何てことだ。もっと悪い。彼だ。「おはよう、アルト……ええと、どうかした?」

"Some bastard broke into my office and stole my uke is what!"
「どこぞのクソ野郎が私のオフィスに侵入して、私のウクレレを盗みやがった!」

Clef's shotgun bared its barrel in Regal's face. Regal gulped.
クレフのショットガンの銃身が、リーガルの顔に突きつけられた。リーガルは息を呑んだ。

"I need to see the security footage, Regal."
「リーガル、監視カメラの記録を見せろ。」

"… well… we got a problem then Alto. Cameras are down for maintenance."
「……ううんと……問題があるんだ、アルト。カメラはメンテナンスのために停止してる。」

"You gotta be fucking kidding me."
「冗談だろう、ふざけるな。」

"I can get one of our field investigators down to help you out if you want."
「もし必要なら、うちからフィールド調査員を一人派遣できるよ。」

"I don't need a god damned Nancy Drew, Regal. I need my uke back."
「リーガル、くそったれナンシー・ドリュー2なんて必要ない。私は私のウクレレを取り戻したいんだ。」

"I'm afraid you'll have to make do with our best Nancy for that."
「そのためには、うちで一番のナンシーで間に合わせるしかないと思うよ。」

"Fine." Clef's shotgun swayed away from Agent Regal's nose.
「いいだろう。」クレフのショットガンはエージェント・リーガルの鼻先から逸らされた。

Regal buzzed his radio. "Agent Quinn Roscoe, I need you to report to the security desk- uh, immediately."
リーガルは彼の無線機を鳴らした。「エージェント・ロスコー、警備デスクまで来てください──ええと、今すぐ。

The radio buzzed a tinny reply.
⭐️無線機は小さな音で返答を鳴らした。⭐️

"He's on his way, Alto."
「彼は向かってるところだよ、アルト。」

Clef scoffed. "He better be half as good as Nancy."
クレフは嘲笑した。「そいつはナンシーの半分にも及ぶかどうかってとこだな。」


Not long after, a young agent with a messy mop of brown hair came up to the desk.
間もなくして、もじゃもじゃとした茶色い髪の若いエージェントがデスクまでやってきた。

"Agent Regal, you cal-” Agent Quinn noticed the man waving a shotgun. "… hello, Dr. Clef."
「エージェント・リーガル、お呼びで──」エージェント・クインはショットガンを振り回している男に気がついた。「……こんにちは、クレフ博士。」

"Agent Quinn I presume." Clef eyed the new face up and down.
「エージェント・クインだな。」クレフは新顔をじろじろと見た。

Agent Quinn eyed Dr. Clef up and down.
エージェント・クインもクレフをじろじろと見た。

"So since Agent Regal was audibly shaken on the radio, Dr. Clef is walking around with his angry shotgun, he also doesn't seem to be carrying around a certain prized instrument, cameras are down for maintenance, and I'm the best forensic analyst still here today: I wonder whatever I could have been called for, hm? Regal?"
「それで、無線で話したエージェント・リーガルは震えていて、クレフ博士は怒りながらショットガンを持ち歩いており、大事な楽器を持っておらず、監視カメラはメンテナンスで停止していて、私は今日ここにいる中でいちばん優秀な鑑識官ですね。何のために私は呼ばれたんでしょうかね?リーガル?

"Sorry, kid."
「ごめんな。」

Clef smirked. "You'll do, Detective Drew."
クレフはにやにやと笑った。「ドリュー探偵、君ならできるさ。」

Agent Quinn raised an eyebrow. "It's Quinn."
エージェント・クインは眉を顰めた。「私はクインです。」

"I know what I said." Clef slung the shotgun behind him. "He'd fit right in with the UIUseless, eh Regal?"
「私が言ったことはわかるな。」クレフは彼の背中にショットガンを突きつけた。「こいつは無能UIUの方が向いてるんじゃないのか、なあリーガル?」

Agent Regal held a snicker.
エージェント・リーガルはくすくすと笑った。

Agent Quinn sighed. "No doctor, I'm already working in the biggest joke in the anomalous world. Follow me please."
エージェント・クインはため息をついた。「いいえ、博士。私は既に、異常世界でいちばんのジョークのような場所で働いていますから。ついてきてください。」


Psionics Department - 9th Floor:

心霊部門 - 9階

Agent Quinn led Dr. Clef to a messy lab full of big machines.
エージェント・クインはクレフ博士を、大きな機械でぎゅうぎゅうの散らかった研究室に案内した。

"Why are we in Psionics? Shouldn't we, like, check the scene of the crime for fingerprints or something?"
「なんだって私たちは心霊部門にいるんだ?犯行現場の指紋を取ったりだとか、そういうことをすべきなんじゃないのか?」

"Nah. This is much faster."
「いいえ。この方が早いです。」

Agent Quinn produced a small machine with a headpiece, an eye scanner, and a display screen. "A junior researcher here owes me one. Put this on and we should get something useful."
エージェント・クインはヘルメットと眼球スキャナーとディスプレイのついた小型の機械を組み立てた。「ここの次席研究員は私に借りがありまして。これを装着してみてください、何か役に立つ情報が手に入ります。」

Dr. Clef looked at the odd technology. "What is this? Some sort of psychic item finder?"
クレフ博士は珍妙な科学技術の産物に目を向けた。「これは何だ?⭐️心霊の物探し装置⭐️か何かか?」

"Not exactly. It'll read your brain and retinas and attempt to amplify your latent psionic field to predict a future event you want to see. It's as reliable as a tarot card reading. Task forces use it sometimes for gathering pre-mission intel, though. Can you put it on please, Dr. Clef?"
「厳密には違います。これは、あなたの脳と網膜を読み取って潜在的なサイオニクス領域を増幅させることであなたの見たいと思っている未来の出来事を予測するものです。信憑性はタロット占いと同程度です。機動部隊が作戦前の情報収集に使うこともありますが。クレフ博士、装着していただけますか?」

Dr. Clef sat down and complied with the demands. The headpiece was surprisingly comfortable. He stared into an aperture.
クレフ博士は腰を下ろし、要求に応じた。ヘルメットは驚くほどぴったりだった。彼は⭐️スキャナーの開口部を覗き込んだ。

"Hold still." Agent Quinn started up the machine. The aperture flashed in Dr. Clef's eyes and the rest of the machine vibrated.
「動かないでください。」エージェント・クインは機械を起動した。スキャナーの開口部から出た光がクレフ博士の目を照らし、機械の他の部分は振動した。

Agent Quinn fiddled with some controls. "All right, and that's it. Let's look at your reading."
エージェント・クインはコントロールパネルを少しいじくった。「よし、これでいいでしょう。あなたの解析結果を見てみましょうか。」

Dr. Clef got up and waited for the display with Agent Quinn.
クレフ博士は起き上がり、エージェント・クイン共にディスプレイに結果が表示されるのを待った…

The screen slowly came to life. It showed… Dr. Clef's office? There seems to be a shadowy figure behind the door.
ディスプレイがゆっくり点いた。それが表示したのは……クレフ博士のオフィス?ドアの影には人影のようなものが見えた。

Agent Quinn and Dr. Clef looked confused.
エージェント・クインとクレフ博士は困惑した。

"That's my useful future image? That's my fucking office again. And who's in there?"
「これが私の、未来の有用な写像だって?結局私のクソッタレオフィスじゃないか。そして、そこに誰がいるんだ?」

Agent Quinn kept fiddling controls. "Yeah. This thing is vague but it tries its best to narrow down the most useful scenario you'll see in the future. I think this means you'll find someone or something useful in your office."
エージェント・クインはコントロールパネルをいじり続けた。「ええ。これは漠然としていますが、あなたが未来で見るであろう最も有用な筋道にたどり着くように最善を尽くすものです。私が思うに、これはあなたがあなたのオフィスで有用な誰かまたは何かを見つけることを示しているのではないのでしょうか。」

Agent Quinn sat down the machine. "This should be enough. I think I know who the culprit is."
エージェント・クインは機械を⭐️下ろした。⭐️「これで十分でしょう。私は犯人が誰かわかったと思います。」


Hallway to Dr. Clef's Office - 10th Floor:

クレフ博士のオフィス前の廊下 - 10階

"So the bastard is back in my office again?"
「つまり、クソ野郎はまた私のオフィスにいるって?」

"It will be clear to you to when we get there."
「着いたら、あなたにもわかることでしょう。」

"Can you at least give me a hint? I need to know who's getting shot. I bet it's that hat guy, Samson, he’s still pretty mad at me for stealing his sombrero. It could be Cimmerian, bastard hated me ever since I posted his senior staff smut on the main Foundation news outlet. Could be that kid North, the little creep is always digging around for dirt on other people. Heh… it could easily be any person at this site, now that I think about it.”
「せめてヒントのひとつくらいくれないか?誰が撃たれることになるのか私は知っておかないと。私はあのサムソンとかいう帽子野郎だと思う、まだ私があいつのソンブレロを盗んだのを根に持ってるからな。シメリアンもあり得る。あの野郎の書いた⭐️シニアスタッフを題材に書いたエロ本⭐️を私が財団のスポットライトニュースに掲載してからと言うもの、あいつはずっと私を憎んでいるから。あのノースってガキかもしれない、あのちいさな変人はいつだって誰かの弱みを嗅ぎ回ってやがる。ああ……考えてみれば、このサイトの人員の誰でもあり得るな、」

Agent Quinn stopped at the door to Dr. Clef's office. "It won’t matter, Dr. Clef… because I finally have you exactly where I want you."
エージェント・クインはクレフ博士のオフィスのドアの前で立ち止まった。「関係ありません、クレフ博士……私はあなたにいてほしい場所に、ついにあなたを連れてきましたから。」

Clef stopped in his tracks. He reached for his shotgun. Agent Quinn opened the door.
クレフは立ち止まった。彼はショットガンに手を伸ばした。エージェント・クインはドアを開けた。

"SURPRISE!"
サプライズ!

Dr. Clef's door revealed a crowd in full party gear. Many faces were here: Kondraki, Strelnikov… is that Agent Regal? Dr. Bright blew into a party horn and held up a cupcake.
開いたクレフ博士のドアの向こうには、パーティー仕様の部屋と群衆がいた。多彩な顔ぶれだった。コンドラキ、ストレルニコフ……あれはエージェント・リーガルか?ブライト博士が吹き戻しを吹きながらカップケーキを掲げた。

Bright offered the cupcake to Clef. "Happy 25th Anniversary at the Foundation, Alto!"
ブライトはカップケーキをクレフに差し出した。「アルト、財団に来て25年目の記念日だね、おめでとう!」

Clef aimed the shotgun at Bright's center of mass and pulled the trigger. The gun erupted in confetti.
クレフはブライトの体の中心にショットガンを向け、引き金を引いた。銃からは紙吹雪が飛び出した。

The room fell awkwardly silent.
室内は奇妙にも静まり返った。

Bright cheered out loud.
ブライトは大声で歓声を上げた。

The whole room followed up the cheer.
部屋じゅうがその歓声に続いた。

Clef gave his temples a rub. "You have got to be fucking kidding me."
クレフはこめかみに手を当てて擦った。「冗談だろう、ふざけるなよ。」

Regal gave Quinn a pat on the shoulder. "Thanks for distracting Alto for us, Quinn."
リーガルはクインの肩を叩いた。「クイン、アルトの気をひいてくれてありがとうね。」

Clef looked at Quinn. "What have you got to say about this?"
クレフはクインを見つめた。「君がこの状況に何か言うことはないのか?」

Quinn smiled. "Happy anniversary, Dr. Clef."
クインは笑った。「おめでとうございます、クレフ博士。」

Strelnikov patted Clef’s shoulder. "Da, also happy 'versary Ukulele Friend."
ストレルニコフがクレフの肩を叩いた。「ダー、俺からもウクレレ好きの友人におめでとうと言っておく。」

Clef remembered why all this started. "Wait, where the fuck is my uke?"
クレフはそもそもの発端を思い出した。「待てよ、私のウクレレは一体どこなんだ?」

Bright pointed to a two-foot-long stringed instrument on the table. "Ah, chill Cleffy boy. Cupcake?"
ブライトは、テーブルの上に置いてある長さ2フィートの弦楽器を指差した。「落ち着けよ、クレッフィー坊や。カップケーキはいるかい?」

Clef sneered. He snatched the cupcake out of Bright’s hand and gave it a big bite.
クレフは鼻で笑った。彼はブライトの手からカップケーキを引ったくり、大きくひと齧りした。

"I hate all of you."
「お前ら全員、大嫌いだ」


en tale 共著 クレフ博士 たのしいざいだん



ページ情報

執筆者: Popepape
文字数: 11745
リビジョン数: 16
批評コメント: 0

最終更新: 26 Nov 2022 05:34
最終コメント: 批評コメントはありません

ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The Popepape's portal does not exist.


エラー: Popepapeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8207850 (22 Aug 2022 22:39)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License