12/6 〆切 眠った犬は寝かせておけ 2幕からなる劇(原題: Let Sleeping Dogs Lie, a Play in two Acts)

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png






LET SLEEPING DOGS LIE
眠った犬は寝かせておけ

A Play in Two Acts
2幕からなる劇

by
作者

Gabriel Jade
ガブリエル・ジェイド







Cast of Characters
登場人物


Director Alto Clef:                     Foundation employee; voice, not present on stage.
アルト・クレフ ディレクター:                     財団職員。声のみの出演で、壇上には登場しない。

Professor Kain Pathos Crow:               Foundation employee; a labrador retriever.
ケイン・パトス・クロウ 教授:               財団職員。ラブラドール・レトリバー。

Dr. Gears:                        Foundation employee; a man in his mid 40s.
ギアーズ博士:                        財団職員。40代半ばの男性。

Dr. Jeremiah Cimmerian:                 Foundation employee; a man in his early 30s.
ジェレミア・シメリアン博士:                 財団職員。30代前半の男性。

Researcher Gabriel Jade:                 Foundation employee; a man in his early 30s.
ゲイブリエル・ジェイド研究員:                 財団職員。30代前半の男性。

Kevin:                          An inquisitive child.
ケビン:                 好奇心の強い子ども。

Brandon:                         A withdrawn child.
ブランドン:                 引っ込み思案な子ども。

Zachary:                         An energetic child.
ザカリー:                 元気いっぱいな子ども。










Scene
The interior of Director Clef's house, and surrounding neighborhood.
場面
ディレクター・クレフの家の内装と、その周囲に建つ家々。


Time
The present.
時間帯
現在。







ACT I
第一幕

Scene 1
第一場




SETTING:
場面設定:


We are in the parlor of the CLEF home, a nice looking house in the residential district of the town of Arcadia. The air is thick with cigar smoke. The only thing present which might give an observer reason to believe that this is anything other than a normal suburban home is the presence of dog smoking a cigar and carrying on conversation.
クレフの、アルカディアの住宅街にあるすてきな家の応接間。煙草の煙が空気中に充満している。ここが普通の郊外にある家とは違う、と観測者から見て判断できそうな唯一の材料は、煙草を吸いながら会話に参加する犬の存在である。




AT RISE:
開幕:

CROW, GEARS, CIMMERIAN, and JADE sit on chairs around a poker table, playing cards, with a small wooden bracket set up in front of CROW to hold his cards. Piles of poker chips sit before each of them, as well as in front of an empty seat. CLEF is in the adjacent bathroom. Several bottles of beer sit around the table; it is obvious that the group has been playing cards for several hours. The faint light of dusk can barely be seen through the parlor window. CIMMERIAN and JADE are arguing.
クロウ、ギアーズ、シメリアン、ジェイドがポーカーテーブルの周りの椅子に座り、トランプをしている。クロウの前には、彼のカードを置くために小さな木製の支え台がおいてある。ポーカーチップの山がめいめいの前に置かれており、空席の前にも同様に置かれている。クレフは応接間の隣にあるトイレにいる。テーブルの周りにはビール瓶が何本か置いてある; この集団が数時間トランプをしていたことは明らかである。夕暮れ時のほのかな明かりは、応接間の窓からはほとんど見えない。シメリアンとジェイドは口論をしている。





CIMMERIAN
シメリアン
(Nearly yelling)
(ほとんど怒鳴りながら)


I don't care what your research team calls it, it's lazy containment procedures is what it is. You're telling me we can't take that damn bag away from it?
君の研究チームがそれを何て呼んでるかは知らないが、不出来な収容プロトコルなのは確かだな。君は、そのくそったれの袋をそいつから外せないって言ってるのか?

(JADE shakes his head in disagreement and takes a long draw on his cigar. He blows smoke towards CIMMERIAN as he answers. Suddenly, the doorbell rings from upstairs. CROW strains his vision towards the stairs.)
(ジェイドは首を振って否定し、時間をかけて煙草を一吸いする。答えながら、彼はシメリアンに煙を吹きかける。突然、上の階で呼び鈴が鳴る。クロウは階段の方に視線を向ける。)


JADE
ジェイド


Look, you're free to go try. I'm not going to have anyone on my team go trying to rummage around in that bastard's robes. He thinks that invasions of personal privacy are early symptoms to that damn 'disease'.
聞けよ、やってみるのは自由だ。僕のチームの誰にも、あの野郎のローブの中を探らせる気はないけどな。あいつは、プライバシーを侵害することがあの「病気」の初期症状だと思ってるんだ。

(GEARS begins to speak, but is cut off by CROW.)
(ギアーズは話し始めるが、クロウに遮られる。)


CROW
クロウ


You guys heard that, right? I think someone's here. Clef, are you gonna answer that?
君たち、今のを聞いただろ?誰か来たみたいだ。クレフ、出ないのかい?

(CLEF shouts a string of obscenities at CROW from the bathroom. CIMMERIAN leans in face to face with JADE.)
クレフがトイレから、クロウに向けて卑猥な言葉を叫ぶ。シメリアンはジェイドに面と向かい、彼の方に向かって身を乗り出す。


CIMMERIAN
シメリアン


You're telling me we can't safely outfit a task force in full body suits to restrain it and search it for the damn thing? It's not even that strong, it seems like you aren't even trying!
つまり君は、我々が、全身をスーツで覆った機動部隊にあいつを拘束させてアレを探させることさえも安全にはできないと言ってるのか?あいつはそこまで強くないだろう、まるで君が試してすらもないみたいに聞こえるぞ!

(The doorbell rings again, twice in rapid succession this time. GEARS attempts to interject into the argument, but is cut off by CLEF.)
(再び呼び鈴が鳴る、今回は矢継ぎ早に2回。ギアーズは口論に割り込もうとするが、クレフに遮られる。)


CLEF
クレフ


(off)
(オフ1で)
Dammit, will somebody get that fucking door!? A guy can't even take a shit in peace around here.
ちくしょう、誰か、あのくそったれの呼び鈴に出ないのか!? まったく、ここらじゃクソも満足にできやしないと来た。

(CROW jumps down from his chair and walks upstairs, leaving the sounds of the argument behind him. As he gets to the top of the stairs, knocking on the door can be heard.)
(クロウは椅子から飛び降りて上の階に向かう。後ろではまだ口論の声が聞こえる。階段を登り切ると同時に、ドアをノックする音が聞こえる。)


CROW
クロウ


Hold on, I'm coming. Jeez, what's so urgent that you've gotta interrupt our game?
待ってよ、いま行く。まったく、僕たちのゲームを中断するほど緊急なことってなんだよ?

(CROW pulls on a length of rope tied to the door handle, opening it. KEVIN and BRANDON are standing outside. KEVIN is dressed as Mario, BRANDON as Luigi. Both are holding block-shaped candy buckets. They look at CROW curiously.)
クロウはドアのハンドルに結ばれているロープを引っ張ることでドアを開ける。ケビンとブランドンが外に立っている。ケビンはマリオの、ブランドンはルイージの格好をしている。2人ともブロックの形をしたキャンディーの入れ物を持っている。彼らはクロウを物珍しそうに見ている。


BRANDON
ブランドン


(to KEVIN)
(ケビンに)
Whoooa! Look at that, they trained their dog to open the door! So cool!
わあ!見ろよ、犬をドアを開けるように訓練してる!すっげえ!

(KEVIN looks around the otherwise empty room while BRANDON leans down to try to pet CROW. CROW eyes the boy and keeps out of reach.)
(ケビンは犬の他には誰もいない部屋を見回し、ブランドンはクロウを撫でようとかがむ。クロウは少年の方を見つめ、触れられないように距離を取る。)


KEVIN
ケビン


Hey! Trick or treat!
おーい!トリック・オア・トリート!
(confused, to BRANDON)
(困惑しながら、ブランドンに)
I don't get it, I heard someone say something just a second ago.
変なの。さっき誰かが何か言うのを聞いたんだけど。

CROW
クロウ


What are you doing here at this hour? What do you want? Whose kids are you?
こんな時間に何をしてるんだい?なんの用だ?君たち、誰の子供なんだ?
(turning to yell downstairs)
(振り向いて階下に叫ぶ)
Hey, did any of you jagoffs tell your kids to come here? Jade, are these your kids? Do you even have kids!?
なあ、君たちバカの誰か、子どもをここに呼んだ?ジェイド、君の子かい?だいたい君、子どもはいるのか!?

(KEVIN and BRANDON stare in disbelief as CROW speaks.)
(クロウが話すのを、ケビンとブランドンは信じられないという顔で見つめる)


KEVIN
ケビン


(aside, to BRANDON)
(横を向いて、ブランドンに)
Whoooa, dude, did that dog seriously just talk?
おいおい、あの犬、今マジでしゃべってなかった?

BRANDON
ブランドン


(aside, to KEVIN)
(横を向いて、ケビンに)
It's got to be some kind of gimmick. Remember the other house that had a scarecrow sitting there but it was a guy that jumped at us? Something like that.
きっと何か仕掛けがあるんだよ。かかしが置いてあるのかと思ってたら、それが実は男で僕たちに飛びかかってきた、あの家を覚えてる?あれみたいな感じ。

JADE
ジェイド


(off, faintly)
(オフで、かすかに聞こえてくる)
What? We don't need any kids in here, tell them we don't want any of whatever they're selling, and get back down here, we're ready to deal!
なんだって?ここにガキは必要ない。なにを売ってようが欲しくないって言って戻ってこいよ、ポーカーの準備はできてるぞ!

CROW
クロウ


Sorry kids, we don't want any of your trikkertreat. Go away.
ごめんね、トリッケルトリートはいらないんだ。どこかに行ってくれ。
(横に向かって)
(aside)
What is that anyways, some kind of German thing?
ところでトリッケルトリートって何だろう、ドイツの何かかな?

(Both children exclaim in shock and awe as CROW closes the door on them.)
(クロウが子どもたちの目の前でドアを閉めると、彼らは二人とも驚きと恐怖により叫び声を上げる。)

(BLACKOUT)
(暗転)


(END OF SCENE)
(第一幕終)







ACT II
第二幕

Scene 1
第一場



SETTING:
場面設定:

In the parlor.
応接間。




AT RISE:
開幕:

CIMMERIAN, JADE, and GEARS have a modest pile of poker chips in front of them. The pile of chips in front of CLEF's empty chair has grown to monstrous proportions. CROW has no chips remaining and is curled up, sleeping in a recliner. While the subject has changed, JADE and CIMMERIAN remain at each other's throats.
シメリアン、ジェイド、ギアーズの目の前にはポーカーチップの小さな山が積まれている。クレフの座っていた空席の前のチップの山は、途方もない大きさにまでなっている。クロウはもうチップが手元になく、リクライニングチェアの上で丸くなって寝ている。話題が変わっているものの、ジェイドとシメリアンはまだいがみ合っている。


JADE
ジェイド


…Yeah, right. I'm telling you, man, it's a load of bullshit. No self-respecting God would wear a cowboy hat. Hell, if you ask me, it sounds like some jackwagon messing with your files. When's the last time you had IT verify the integrity of your team's database?
……ああ、そうだな。本当に、なあ、でたらめなんだよ。自尊心を持ち合わせてる神はカウボーイハットをかぶるわけがない。まったく、僕に言わせりゃ、あいつはファイルをいじくり回す間抜け野郎みたいだよ。最後にIT部門に君のチームのデータベースの安全性を確認させたのはいつだ?

(GEARS starts to weigh in, but is interrupted by the doorbell ringing, startling CROW awake, who begins barking frantically at the unexpected noise.)
(ギアーズが割って入ろうとするが、鳴り響く呼び鈴に遮られる。クロウは驚いて起き、予期していなかった騒音に取り乱して吠え始める。)


CLEF
クレフ


(off)
(オフで)
I'm not gonna let these burgers burn. One of you guys get the door, and fuck's sake, Crow, shut up! We all heard it too!
このハンバーグたちを焦げ付かせるものか。君らの誰かが出てくれ、そして頼むから、クロウ、黙ってろ!私たちだって聞こえたさ!

(CROW swiftly regains his composure, and starts walking to the stairs.)
(クロウはすぐに冷静さを取り戻し、階段に向かって歩き出す。)


CROW
クロウ


I'm out anyways, I'll get it. Again.
どうせゲームに参加してないんだ、僕が出るよ。また、ね。
(aside)
(横に向かって)
Cheating sons of bitches. The burgers better be worth it.
イカサマ野郎どもめ。ハンバーグくらいがちょうどいいさ。

(CROW moves to the front door, using the rope to pull it open. ZACHARY is standing at the door, wearing black robes and a plague doctor mask. CROW is visibly shocked.
(クロウは正面玄関まで行き、ロープを使ってドアを開ける。ペストマスクと黒いローブを着たザカリーがドアの前に立っている。クロウは目に見えて驚いている。)


ZACHARY
ザカリー


Trick or…
トリックオア……

(CROW slams the door shut frantically and runs back to the stairs. ZACHARY's confused "treat?" can be faintly heard through the closed door.)
(クロウは必死でドアを閉め、階下に走り降りる。困惑したザカリーの「トリート?」と言う声が、閉まったドアの向こうからかすかに聞こえる。)


CROW
クロウ


Fuck! Guys! Fuck! Containment breach! Clef, open the damn garage, I need my walker!
ちくしょう!みんな!ちくしょう!収容違反だ!クレフ、くそったれのガレージを開けてくれ、ウォーカーが必要だ!

(As CROW re-enters the parlor, JADE, CIMMERIAN, and GEARS are already trying to pile into a saferoom behind a heavy steel door in the parlor. JADE and CIMMERIAN are visibly panicking. By the sound of it, CLEF is still in the other room, grilling burgers.)
(クロウが再び応接間に入ると、ジェイド、シメリアン、ギアーズは既に応接間にある重い金属のドアの裏のセーフルームに雪崩れ込もうとしている。ジェイドとシメリアンは目に見えて狼狽している。クレフはまだ別の部屋にいて、ハンバーグを焼いていることが音から判別できる。)


CLEF
クレフ


(off)
(オフで)
I don't care if it's an XK class event, you lost a bet fair and square, so I'm not letting you have it back until you agree to pilot it in the damn Robotnik costume I got for you!
XKクラスだろうが私には関係ないね、君は正々堂々賭けに負けたんだ、だから君が私の用意したロボトニック2の衣装を着てあれを操縦することに同意しない限り、返してはやらないぞ。

CROW
クロウ


Clef, goddamn it, now is not the time for that!
クレフ、ちくしょうめ、今はそんなこと言ってる場合じゃないんだよ!

CLEF
クレフ


(off)
(オフで)
No, Crow, now is exactly the time for it. Wear the suit and yell about chaos emeralds, or your stupid mech can rot in my garage for another decade for all I care.
違うね、クロウ、今こそまさにぴったりの状況だ。スーツを着てカオスエメラルドについて叫べよ、でなきゃ君の機械が私のガレージで10年腐るさ。私は構わないが。

CROW
クロウ


Are you seriously going to put all our lives at risk for the sake of a stupid fucking joke!?
君は本気で、クソみたいなくだらない冗談のために僕たちの命を危険に晒すっていうのか?

(JADE pulls a dusty box containing the red and black dog-shaped spandex suit from the saferoom, along with a large walrus-like costume mustache. GEARS opens his mouth to speak, but is shouted over by CIMMERIAN.)
(ジェイドは倉庫から、犬の形をした赤と黒のスパンデックス3製のスーツが入った埃だらけの箱と大きくてセイウチのような付けひげを引っ張り出してくる。ギアーズは話そうとして口を開けるが、シメリアンの叫び声にかき消される。)


CIMMERIAN
シメリアン


You know damn well he will, just put it on for god's sake!
彼はそうするってことくらいわかってるだろ、頼むから着てくれ!

CROW
クロウ


You're all a bunch of bastards, you know that?
君たちは全員クソ野郎だよ、知ってたかい?

(BLACKOUT)
(暗転)


(END OF SCENE)
(第二幕・第一場終)







ACT II
第二幕

Scene 2
第二場




SETTING:
場面設定:

In the garage.
ガレージの中




AT RISE:
開幕:

CROW is dressed in the Dr. Robotnik costume, with the gigantic mustache hastily spirit gummed to the tip of his nose. He sits in the cockpit of the egg walker. GEARS stands in the room, pointing his cellphone camera at CROW.
クロウはDr.ロボトニックに身を包み、ガムを急きょ使うことで鼻先に巨大な口ひげをつけている。 彼は[[[scp-244-arc|エッグウォーカー]]のコックピットに座っている。ギアーズは部屋の中に立って、携帯電話のカメラをクロウに向けている。


CROW
クロウ


That's right! I'm the real Dr. Eggman! Back in the flesh, thanks to you, Shadow!
そうだ!ワシこそが本物のDr.エッグマンだ!生きて帰ったぞ、お前のおかげでな、シャドウ!
(aside)
(横に向かって)
I swear I'm gonna take a dump in your shoes, Alto.
アルト、僕は絶対に君の靴の中にフンをしてやるからな。
(loudly)
(大声で)
Ok, I did it, can I go save us all from a horrible death now!?
よし、やったぞ、僕たちが惨い死に方をするのを回避しに行ってもいいかい?

(CLEF is heard cackling uncontrollably from the other room. Gears remains expressionless, recording the scene on his phone. Eventually, CLEF gives the 'OK', and GEARS opens the garage door. Crow's egg walker rushes outside, and begins firing tear gas canisters from its arm wildly.)
(別室で堪えきれずに笑い出すクレフの声が聞こえる。ギアーズは無表情のまま、現在の光景を携帯電話で撮影している。ついにクレフが”OK”を出し、ギアーズはガレージのドアを開ける。クロウのエッグウォーカーは外に飛び出し、アームから催涙ガスのカプセルを乱射し始める。)


CROW
クロウ


Oh my god! It's worse than I thought! They're EVERYWHERE! They're trying to break into people's houses! OH HELL, THEY'VE SPOTTED ME! Get in the saferoom, you idiots! I'll come get you out when this is all over, if — GOOD GOD, LOOK AT THE SIZE OF THAT ONE!
なんてこった!思ってたよりもひどいぞ!あいつらがいたるところにいる!民間人の家に押し入ろうとしてるぞ!くそ、見つかった!おい、僕もセーフルームに入れてくれ!終わったら君たちに知らせに行く、もしーおい見てくれ、アレの大きさと言ったら!

(The egg walker begins firing large nets from its other hand. Screams are heard from the street.)
(エッグウォーカーはもう一方の腕から大きな網を噴出し始める。通りからは叫び声が聞こえる。)


CROW
クロウ


Call in NTF! Call in Hammer Down! For the love of god, CALL SAMSARA!
"九尾狐"を呼べ!"下される鉄槌"を呼べ!お願いだから、"サムサラ"を呼んでくれ!

(The egg walker produces two more arms, which begin firing taser bolts recklessly. In the distance, police sirens are heard.)
(エッグウォーカーから腕がもう2本出てきて、テーザー銃を闇雲に撃ち出す。遠くの方から警察のサイレンが聞こえてくる。)


(BLACKOUT)
(暗転)


(CURTAIN DOWN)
(閉幕)


en tale シメリアン博士 クレフ博士 ギアーズ博士 halloween2018 ケイン・パトス・クロウ



ページ情報

執筆者: Popepape
文字数: 16331
リビジョン数: 13
批評コメント: 0

最終更新: 31 Oct 2022 13:41
最終コメント: 批評コメントはありません

ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The Popepape's portal does not exist.


エラー: Popepapeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8207850 (22 Aug 2022 22:39)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License