11/22 〆切 SCP-2002-J -JはJaywalker(信号無視)のJ(原題: The -J stands for Jaywalker)

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

Item Number: SCP-2002-J

アイテム番号: SCP-2002-J

Object Class: Neutralized

オブジェクトクラス: Neutralized

Special Containment Procedures: Copies of this file are to be distributed to all individuals in the Foundation, and are to be declared mandatory reading. A documentary concerning the life and times of SCP-2002-J1 is in production, and will be screened for all Foundation personnel once completed.

特別収容プロトコル: 本報告書のコピーは全財団職員に配布され、読むことが義務化されます。SCP-2002-Jの生涯についてのドキュメンタリー2が製作中であり、完成し次第財団の全職員に向けて上映される予定です。

Description: SCP-2002-J was a man incapable of jaywalking. Whenever SCP-2002-J attempted to cross a street in a fashion that would legally be considered jaywalking, a possible but statistically improbable event would occur to redefine said attempt to not be considered jaywalking.

説明: SCP-2002-Jは信号無視を行うことができない男性でした。SCP-2002-Jが法的に信号無視と見做されるやり方で道路を横断しようとすると、⭐️可能性がないわけではないが統計上は起こり得ないイベントが発生し⭐️、それによって先述の試みが信号無視と見做されない状況になります。

SCP-2002-J was captured on August 4th, 2018 after repeatedly disrupting the flow of traffic in downtown Indianapolis with its anomalous capabilities. During this period, it was incoherently ranting about its supremacy over motor vehicle operators.

SCP-2002-Jは2018年8月4日、その異常性を用いてインディアナポリスの商業地域の交通流を繰り返し妨害した後に確保されました。その間対象は、自動車運転手に対する自身の優位性について支離滅裂な主張を大声で行っていました。

Interview Log:

インタビュー記録:

[BEGIN LOG]

[ログ開始]

Dr. Jones: Hello SCP-2002-J. This interview is to establish the origin-

ジョーンズ博士: こんにちは、SCP-2002-J。このインタビューはあなたの異常性の起源を──

SCP-2002-J: I was sick of having to look both ways before crossing the street so I made a Faustian pact with a demon.

SCP-2002-J: オレは、道路を渡る前に左右を確認するのにウンザリだった。だから、ファウストよろしく悪魔と契約したのさ。

Dr. Jones: I-

ジョーンズ博士: ええと──

SCP-2002-J: Worst part of my day. I hate looking for oncoming traffic. There are so many better things that I could be doing, like cutting to the chase and crossing the street unimpeded, without fear of motor vehicles that are being driven towards me.

SCP-2002-J: 一日の中で一番嫌な瞬間だ。オレは対向車に注意を払うのが大嫌いなんだ。もっといいやり方があるはずだ。無駄なことは省いて、自分の方に向かってくる自動車を恐れたりせずに邪魔抜きで道路を横断するような。

Dr. Jones: Wh-

ジョーンズ博士: あの──

SCP-2002-J: Such is the burden of man! We find ourselves bound by traffic laws and regulations in the same way we find ourselves bound by death. Oh, how I long for a world without traffic laws, but unless a secret government project executed the conceptual personification of such thought, those wishes are hopeless. But perhaps there is another way for a single man to ascend‽

SCP-2002-J: これこそが人間の苦しみだ!オレたちは、死に縛られているのと同じように交通法や交通規制にも縛られてる。オレは心から⭐️交通法がない世界を望んでるが、そんなのは秘密裏の政府のプロジェクトがその考えを具現化して実行に移したりする⭐️ んでもない限り実現しない。⭐️だが男1人に限っていうなら、別の方法もあるかもしれないだろ‽⭐️

Dr. Jones: But-

ジョーンズ博士: でも──

SCP-2002-J: So I murdered a hobo and summoned a crossroads demon (the arbiters of the Fourth Circle of Hell, which is tar, specifically the tar of the road) and made a deal with him: my sole (and the hobo, but who cares about him) in exchange for total and unmitigated immunity to all laws of jaywalking.

SCP-2002-J: だからオレは浮浪者を一人殺って、交差点の悪魔(地獄の第四圏の権威で、忠実tar。具体的には道路のタールtarだ。)を召喚した。そして取引をしたんだ: オレの靴底sole(それと浮浪者もだが、誰があいつのことを気にするっていうんだ?)と引き換えに、信号無視に関する法律から完全に無制限に自由になった。

Dr. Jones: You-

ジョーンズ博士: あなたは──

SCP-2002-J: And it worked! I am a demigod now (with the regard to the street)! The great deities of traffic bow before me, for I shatter their divine laws beneath my feet every time I use an intersection, and there is nothing they can do to stop my rule! My power is limitless! Let me ask you a question, and then provide the answer without giving you a chance to respond: Why did the chicken cross the road‽ TO DEFY THE HEAVENS!

SCP-2002-J: そしてそれは上手くいった!オレは今や、(道路に関しては)半神だ!交通を司る大神はオレに跪く。オレは交差点を横切るたびにヤツらの法律を踏みにじり、ヤツらにできることは何もないからな!オレはお前に質問をして、解答の暇も与えずに答えを教えてやることにする: どうして、ニワトリは道を横切ったんだ‽3神に反抗するためさ!

Dr. Jones: For jaywalking‽ You sold your soul for jaywalking‽

ジョーンズ博士: 信号無視のために‽あなた、信号無視をするためにsoulを売ったんですか‽

SCP-2002-J: Just so we're clear that's the shoe one. I gave up one of my shoes.

SCP-2002-J:念のため言っとくと、靴底soleだぞ。足の裏soleじゃない。オレは靴の片っぽを諦めたんだ。

[END LOG]

[ログ終了]

Testing Log:

実験記録:

Scenario: SCP-2002-J is ordered to cross the street when the sign is not lit.

シナリオ: SCP-2002-Jは、信号が青になっていない時に道路を渡ることを命じられる。

Result: The sign becomes lit as soon as SCP-2002-J enters the roadway.

結果: SCP-2002-Jが道路に進入すると、即座に信号が青になる。

Notes: A simple baseline test of SCP-2002-J's anomalous effect. This is the most common result. — Dr. Jones

メモ: SCP-2002-Jの異常効果を見るための、単純な基準テストです。この結果は、最も一般的なものです。 — ジョーンズ博士

シナリオ: SCP-2002-Jは、信号が青から赤に変わった直後に道路を渡ることを命じられる。

Result: No change is immediately noted. SCP-2002-J is able to cross the street unimpeded, as all traffic had been halted for the purposes of the test.

結果: 変化は記録されない。実験のために交通が止められていたため、SCP-2002-Jは何の妨害もなしに道路を横断する。

Notes: Analysis of the Foundation's treaty concerning Site-19 with local government indicates that we are exempt from all of our host country's laws, and moreover, the Site-19 legal code never incorporated a clause to penalize the act of jaywalking. Therefore, under the jurisdiction of this test, jaywalking was never illegal. — Sheldon Katz, /s/

メモ: 財団と現地政府のサイト-19に関する条約を分析すると、我々は現地国の全ての法律から免除されており、またサイト-19の法規約には信号無視に対する処罰の条項が盛り込まれていません。したがって、財団の管轄下のこの実験においては、信号無視は法律違反ではありませんでした。— シェルドン・カッツ, /s/

Scenario: SCP-2002-J is ordered to cross the street after the sign has changed. This test conducted within an urban area where jaywalking has been confirmed to be illegal.

シナリオ: SCP-2002-Jは信号が変わった直後に道路を渡ることを命じられる。この実験は、信号無視が違法であることが確認済みの市街地で実施される。

Result: SCP-2002-J enters the road. As soon as it enters the road, preparations for a parade close the road three blocks away. It is determined that jaywalking is not illegal when the road has been closed.

SCP-2002-Jが道路に進入する。対象が道路に進入した直後、パレードの準備により3ブロック先の道路が封鎖される。道路が封鎖されている際の信号無視は違法ではないと定義されている。

Notes: Damn Confetti International and their Antimemes Day Parade ! — Dr. Marachek

カンフェティ・インターナショナルと彼らの反ミームの日記念パレード に呪いあれ! — マラチェク博士

Scenario: SCP-2002-J is ordered to cross the street after the sign has changed in a region that has been verified to have legal stipulations against jaywalking. The surrounded area has been checked for parades and verified to not have any scheduled.

シナリオ: SCP-2002-Jは、信号無視の法的な規定があることが確認された地域で信号が変わった直後に道路を渡ることを命じられる。周辺地域でのパレードの予定がないことが確認済みである。

Result: SCP-2002-J enters the roadway. As soon as it does so, a law is passed by the local legislature, stipulated to go into effect immediately, that decriminalizes jaywalking.

SCP-2002-Jは道路に進入する。その直後、地方議会にて信号無視を合法化する法律が可決され、即日施行される。

Notes: I am unstoppable. — SCP-2002-J

メモ: 誰にもオレは止められねえ — SCP-2002-J

Scenario: SCP-2002-J is ordered to cross the street after the sign has changed. The laws of the region have been verified to include prohibitions against jaywalking, and no pending legislature is in place to change such legislature. No parades or other events that would result in street closure are scheduled nearby.

シナリオ: SCP-2002-Jは信号が変わった直後に道路の横断を命じられる。該当地域の法律には信号無視の禁止が含まれており、該当する法律の改正案が審議中でないことが確認済みである。パレードその他の道路を封鎖するようなイベントは予定されていない。

Result: SCP-2002-J enters the roadway. As soon as it does, a meteor lands in the street, causing significant damage and resulting in street closure.

結果: SCP-2002-Jは道路に進入する。その直後道路に隕石が落下し、深刻な被害をもたらしたことにより道路が封鎖される。

Notes: Dr. Jones was struck by the meteor, and fucking died. — O5-13

メモ: ジョーンズ博士は隕石の衝突により死んだ — O5-13

Scenario: SCP-2002-J is ordered to cross the street. The laws of the region have been verified to include prohibitions against jaywalking, and no pending legislature is in place to change such legislature. All lawmakers have been held hostage by Standard Political Slowment Plan 10294. No parades or other events that would result in street closure are scheduled nearby, and armed guards are in place to prevent spontaneous parading. An artillery unit has been set up near the test and is monitoring the sky for any atmospheric entry, ready to destroy any errant falling rocks. A contained thaumaturge forced into indentured servitude has been gang-pressed into compliance to ensure meteorological events do not result in street closure.

シナリオ: SCP-2002-Jは道路の横断を命じられる。該当地域の法律には信号無視の禁止が含まれており、該当する法律の改正案が審議中でないことが確認済みである。全ての議員は標準政治妨害計画10295により身柄を拘束されている。道路の封鎖を伴うパレードその他のイベントは近辺で予定されておらず、突発的なパレードの実施を妨害するために武装した警備が配置されている。実験場所の近くには砲兵部隊が設置されており、上空の監視によって大気圏に突入する物体を発見し、落石があった場合にはそれを破壊する準備ができている。強制労働下にある収容済みの奇跡術者は気象現象による道路の封鎖が起きないようにすることを強制させられている。

Result: SCP-2002-J enters the crosswalk. The light changes as soon as they enter. As they are crossing the street, they are struck by a motor vehicle that had illegally driven through the red light, fatally injuring SCP-2002-J.

結果: SCP-2002-Jが交差点に進入する。直後に信号が青に変わる。対象が道路を渡っている途中、違法に赤信号を通過した自動車に衝突され、SCP-2002-Jは致命傷を負う。

Notes: And that's why you always look both ways before crossing the street, kids! — Dr. Clef

これが道路を渡る前に左右確認をする理由ってわけさ、子供たち! — クレフ博士

THIS HAS BEEN A PUBLIC SAFETY ANNOUNCEMENT FROM THE FOUNDATION OFFICE OF WORKPLACE HEALTH AND SAFETY. HAVE A NICE DAY.



以上、財団労働安全衛生局による公共広告でした。よい一日をお過ごしください。


en scp ジョーク neutralized カオス・インサージェンシー クレフ博士 人間型 確率 知性 自我 シェルドン・カッツ



ページ情報

執筆者: Popepape
文字数: 12174
リビジョン数: 27
批評コメント: 0

最終更新: 05 Oct 2022 11:11
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The Popepape's portal does not exist.


エラー: Popepapeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8207850 ( 22 Aug 2022 22:39 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License