SCP-2545-JP"つまりおいしいアレ"ver.2-1

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2545-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2545-JP-B-1~B-13はサイト-81XXの冷蔵機能付きの低危険物用収容ロッカーに収容してください。SCP-2545-JP-Bを摂取したSCP-2545-JP-Cは、約1か月間サイト-81XXで拘束し、記憶処理を施したのち解放されます。この間殺菌処理以外の加工がされていない牛乳を与えず、納豆・ヨーグルト・チーズなど乳酸菌に由来しない飲食物が優先的に与えられます。また必要があれば適宜カバーストーリー「食事療法」を頒布してください。

説明: SCP-2545-JP-Aは異常性を持つ通性嫌気性好酸菌の一種です。SCP-2545-JP-Aは約40℃の牛乳(Holsteinの母乳)に置かれると、約4時間かけて牛乳を薄ピンク色の低粘性液体に変容させます。(これをSCP-2545-JP-Bとします)この時点でのSCP-2545-JP-BのpHは6.51です。また、SCP-2545-JP-A及びBを経口摂取した人物をSCP-2545-JP-Cとします。

SCP-2545-JP-Aを含むSCP-2545-JP-Bが経口摂取されると、SCP-2545-JP-Aは舌正中溝前部にある味蕾2に作用し、SCP-2545-JP-Cの知覚を酸味から甘味に変えます。多くの摂取者はSCP-2545-JP-Bに好感を持ち、継続的な摂取を希望します。その後、SCP-2545-JP-Aは好酸能力により胃・十二指腸を死滅せずに通過し小腸に到達します。SCP-2545-JP-Bは胃酸の分解作用を受け、小腸で吸収されます。

小腸内温度は約40℃に維持されているため、新たな牛乳が小腸へ流入した際、SCP-2545-JP-Aは約4時間かけてSCP-2545-JP-Bへ変容させます。この時SCP-2545-JP-Aの85%は増殖限界により死滅・吸収されます。SCP-2545-JP-Bは胃酸による分解を受けていない状態で腸内に残留し、SCP-2545-JP-A以外の細菌類の増殖を抑制します。

SCP-2545-JP-Aを含むSCP-2545-JP-Bが再度摂取された際、SCP-2545-JP-Bは同様に胃酸により分解されますが、SCP-2545-JP-Aは分解されずに一次摂取後のSCP-2545-JP-Aが小腸内で生成したSCP-2545-JP-Bに到達します。SCP-2545-JP-Aは約10分おきに増殖を行い、SCP-2545-JP-Cの腸内細菌の約93%を死滅させます。

この状態で再度腸内に牛乳が流入した場合、SCP-2545-JP-Aは約30分でpH1.0を超えるSCP-2545-JP-Bを生成します。SCP-2545-JP-Cは自己消化に似た症状を伴い、放置した場合約4日後に死亡すると考えられています。

SCP-2545-JPは日本生類創研に関連していると思われる施設の調査の際に押収された物品の一つです。研究資料はSCP-2545-JP-Aが既存の乳酸菌にDNA変質を誘発させ、耐酸性・増殖性に優れた株を選別して作られたことを示しています。SCP-2545-JP-Bの生成進度、SCP-2545-JP-Aの個数を調整したサンプルが13個押収され、それぞれSCP-2545-JP-B-1~B-13とされました。SCP-2545-JP-Aを含むSCP-2545-JP-Bは発酵飲料として2回、日本生類創研から一般向けに販売が計画されており、財団は常に乳製発酵食品の動向を調査しています。

私情で申し訳ありません。中間テスト期間に入りましたので、10月26日までの批評・査読コメントは戻った後に対応致します。



ここから下はジョークとして書いたボツ作品原案。読んでもいいけど日の目を見る事はないだろうよ。


付与予定タグ: ここに付与する予定のタグ


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The wisdom-545's portal does not exist.


エラー: wisdom-545のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8177839 ( 17 Aug 2022 11:15 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License