メェ惑な隣人

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png
%E3%83%A4%E3%82%AE2013_-_panoramio.jpg

サイト-81OA再収容時のSCP-2076-JP

アイテム番号: SCP-2076-JP

オブジェクトクラス: Keter
 
特別収容プロトコル: SCP-2076-JPは屋外に建設された4×4mの柵内にリードを着けて収容されます。SCP-2076-JP給餌担当職員は喫煙経験および喫煙への興味を持たない職員から選ばれ、健康維持のため7日毎に交代します。
この特別収容プロトコルは不適切であることが判明しました。現在、SCP-2076-JPの能力の特徴、限界の調査、SCP-2076-JPの安全な収容方法の研究のため、5日毎に担当職員を変更しながら4×4mの鉄檻に収容しています。
 
説明: SCP-2076-JPは最も近くにいる人間(以下、対象)が嫌がることを対象を含む周囲に再現しするオスのCapra hircus(ヤギ)です。全長は80cm、体重は65kgです。1
SCP-2076-JPは収容サイト変更のための準備の際、サイト-8105から脱走し、行方不明になった後、静岡県桜町付近でタバコに関するトラブルの発生件数の増加、減少が移動していることが財団職員の目に留まり、桜町東部で収容されました。
再収容時、SCP-2076-JPは自身を中心に程度に紫煙を放出する性質を有していました。

    • _

    差出人: サイト-81OA管理官後藤

    宛先: サイト-8105

    件名: SCP-2076-JPについて


    こちらは、危険性が低く、尚且つ異常性が消失した可能性のある異常生物を収容、監視するサイト-81OAの管理官後藤です。
    まず神崎博士、SCP-2076-JPの収容、研究ありがとうございました。
    SCP-2076-JPは異常性が消失した可能性があり、サイト-8105は生物型オブジェクトの収容に適さないため、SCP-2076-JPの収容サイトをこちらに変更したいと考えます。
    不都合がなければ09/16/5:00にそちらへ向かいます。

    差出人: サイト-8105神崎

    宛先: サイト-81OA管理官後藤

    件名: re : SCP-2076-JPについて


    SCP-2076-JPの収容をサイト-81OAに委託することを決定しました。
    以下にSCP-2076-JPの報告書を添付しておきます。実験記録などが参考になればと思います。

    差出人: サイト-8105神崎

    宛先: サイト-81OA管理官後藤

    件名: SCP-2076-JP収容違反


    SCP-2076-JPの輸送用コンテナ内に移動途中にサイト-8105職員全員が聴覚過敏を起こし、身動きが取れなくなり、正気に戻った時にはSCP-2076-JPは北東方向に逃げていました。
    申し訳ないのですが捜索、再収容に協力してください。

以下の報告書はサイト-8105によるものです。
再収容時SCP-2076-JPの異常性が大きく異なっていることが判明したため改訂前としてSCP-2076-JPの性質変化の一例として掲載されます。

    • _

    アイテム番号: SCP-2076-JP

    オブジェクトクラス: Safe

    特別収容プロトコル: SCP-2076-JPは10×10mのプラスチック板を床材とし、その中央に4×4mの木の柵を設けた収容室に革製のリードをつけて収容されます。
    担当職員はSCP-2076-JPの定期的な健康診断のため、体を触る等、診断を円滑に進めるためのトレーニングをSCP-2076-JPにしてください。
    追記: SCP-2076-JPはその性質が消失した可能性があるため、現在収容されているサイト-8105から、サイト-81OAへ移動されることが決定しました。

    説明: SCP-2076-JPはオスのCapra hircus(ヤギ)です。全長は80cm、体重は65kgであり、身体的特徴は一般的なヤギと差異はありません。
    SCP-2076-JPは自身の周囲、半径約5m以内の自生の草本類とEquisetum arvense(スギナ)を一夜で急成長2させることができます。
    SCP-2076-JPは長野県佐久市を中心に複数の雑草に関するご近所トラブルの通報、相談件数の急増加、その通報場所が移動していることが財団職員の目に留まり、佐久市で収容されました。
     
    実験記録: 以下の実験は2名のDクラス職員、D-550、-1467を用いて行われました。特に断りがない限り、SCP-2076-JPと繋がれているのはD-1467です。
    実験記録2076-JP-1 - 日付2022/08/08

    実施方法:
    D-550、-1467が隣接した簡易家屋2軒でそれぞれ生活、SCP-2076-JPは-1467の家の外に繋がれている。
    結果:
    D-550、-1467の家屋周辺5m程度の草本類が成長。
    分析:
    発見時より影響範囲が伸びている。日毎に伸びるのか、家に反応するのか。日毎に伸びるなら影響範囲の増加率がトラブルの発生期間を大きく外れるが。

    実験記録2076-JP-2 - 日付2022/08/09

    実施方法:
    SCP-2076-JPを繋がれたD-1467と何も繋がれていないD-550が個々に屋外で一晩を過ごす。
    結果:
    SCP-2076-JPを中心に半径6m程度の草本類が成長。
    分析:
    やはり影響範囲が伸びている。家は関係ないようだ。長期実験でどこまで伸びるか見てみよう。

    実験記録2076-JP-3 - 日付2022/08/10

    実施方法:
    実験-1と同様にDクラス職員2名とSCP-2076-JPを配置、2週間分の食料を支給し、それぞれの家付近で暮らすよう指示。
    結果:
    SCP-2076-JPの周囲5m内の植物が一日中成長し続けた。日目の夜の間に幼木が発生し、夜明けごろには成木に成長、敷地内に大幅に進入し続けた。
    4日目以降の夜の間には植物の成長は見られなかった。
    分析:
    何故草の成長が止まったのだろうか。特に変わったことは起きていないが。
    D-550は実験後ストレスを感じ、壁を殴り、貧乏ゆすりをしている。五月蝿いから後で注意をしよう。

    実験記録2076-JP-4 - 日付2022/08/25

    実施方法:
    実験-3を再度行う。
    結果:
    何も起きなかった。
    分析:
    何故だ、草には相変わらず変化がない。何も変わったことは起きていないのに。Neutralized化の報告が必要か?とりあえず収容、観察を続けよう。
    D-550も相変わらずだ。足音に関して独り言を続けている。今もまだ五月蝿い。厳重注意だ、続くようなら解雇も考えよう。

SCP-2076-JP収容担当者記録: 以下の記録は収容担当者の変更とそれによって後発的に引き起こされるSCP-2076-JPの性質の変化の記録です。
この実験的な収容担当者の変更はサイト-8105と協力して行われます。
決してセキュリティクリアランスレベル2以上の職員をSCP-2076-JPに近づけないでください。Keterクラスのオブジェクトが発生する可能性があります。

    • _

    差出人: サイト-8105神崎

    宛先: サイト-81OA管理官後藤

    件名: SCP-2076-JP特別収容プロトコルについて


    サイト-8105神崎です。SCP-2076-JPの再収容本当にありがとうございました。

    推測ではあるのですが、SCP-2076-JPの性質は近くにいる人によって数日遅れて変化します。
    サイト-8105での実験の際も途中でSCP-2076-JPの性質が対象の聴覚過敏化に変化したものと考えられ、また収容違反の際、サイト-8105と再収容地域との中間辺りで、隣人が深夜に大声で笑っているのを聞いたという相談が立て続けに起きていました。
    SCP-2076-JPによって引き起こされたことを見るに、SCP-2076-JPは最も近くにいる人が嫌う物事をその周囲に再現しています。
    雑草に関しての通報が連鎖したのは、SCP-2076-JPが、SCP-2076-JPによって雑草被害を受けた人の家に移動してはその家の人が現在嫌っている事、すなわち雑草トラブルを発生させていたからです。
    SCP-2076-JPの性質が変化した後、今度はその性質が連鎖するのも上記の通りに説明できます。

    もしこの仮説が正しければ、サイト-81OAは特別収容プロトコルの改訂を検討すべきです。今のままではSCP-2076-JPはタバコ嫌いの職員を参照して永遠に紫煙を放出し続けてしまいます。
    また、Kクラスシナリオのようなものを恐れる人間が対象となってしまえば、もはやSCP-2076-JPとは無関係な新たな異常実体を生むことになります。
    SCP-2076-JPの収容のために安全な事を嫌う特定の職員を担当させ続けるべきです。
    以上です。しかし、我々には誰を担当させるべきか想像もつきません。
    嫌いなものがない人がいればいいのですがね。

担当記録2076-JP-1

担当者: D-1467

嫌いなこと: 物音、悲鳴

担当者補遺: 暴力犯罪によりDクラスとして雇用。SCP-2076-JP実験のため雇用期間延長中。

SCP-2076-JPの性質変化: 対象の聴覚過敏化。対象が無意識に音を立てる頻度の増加。

分析: サイト-8105の再現が出来た。人に対応して変化することの証明になった。

担当記録2076-JP-2

担当者: D-5823

嫌いなこと: 顔を笑われること

担当者補遺: 生まれつき顔に奇形がある。

SCP-2076-JPの性質変化: サイト-81OAの全男性職員の顔が変化3、男性職員同士で互いの顔を笑い合う頻度が増加。

分析: 予想とは少し違う事が起きた。4今回わかったことはSCP-2076-JPは人体の構造にも影響できるということだ。D-5823をSCP-2076-JPから引き離しても5日以上経つがまだ治らない。
最悪D-5823を担当として雇ってもいい。新しいKeterの誕生祭をするくらいなら、サイト-81OAがそっくりさんだらけでもマシだ。

担当記録2076-JP-3

担当者: 松本研究員

嫌いなこと: 無視されること、失敗を笑われること

担当者補遺: 特になし。

SCP-2076-JPの性質変化: サイト-81OA内での職員が高頻度で転倒。

分析: 失敗と呼べることは起きたが、転倒以外には特に発生しなかった。「対象の嫌なこと」の捉え方に癖があるのか?

担当記録2076-JP-4

担当者: エージェント北野

嫌いなこと: 警報音、人混み、地震

担当者補遺: 地震災害へのトラウマあり、地震の発生回数を減らすため担当期間を短縮。

SCP-XXX-JPの性質変化: SCP-2076-JPを中心に震度4程度の地震の継続。

分析: 予測通りサイト-81OAにだけ地震が発生したが、エージェント北野のトラウマのレベルには遠く及ばなかった。結果的には担当期間を短縮したのは正解だった。
震度が控えめだったのはSCP-2076-JPの限界か?

担当記録2076-JP-5

担当者: 木場研究員

嫌いなこと: タバコ、方言いじり

担当者補遺: 田舎訛りが見られる。

SCP-2076-JPの性質変化: 後藤管理官が檻内に出現、混乱しながらも木場研究員に財団職員としての心構えを指導。その後サイト-81OA管理官室に向かっているところを収容。

分析: 別サイトで会議中のはずの後藤管理官が性質変化予測時間ごろに瞬時に移動した。違った、移動してはいない。後藤管理官が増えた。インタビューをした限り、完璧な自身に関する記憶を保持している。5とりあえずD-5823を再びSCP-2076-JPの収容担当に戻そう。
もしSCP-2076-JPがSCP-2076-JP-16に反応したら、何が起こるか想像できない。SCP-2076-JP-1もまた管理官であり、十二分に多くの危険なアノマリーについての知識を持っている。どのアノマリーを嫌っていてもおかしくはない。そして後藤管理官本人も何を嫌っているか予測ができない。
Keterクラスの双子が来日するかもしれないし、管理官だけが知っている独自のKクラスシナリオが起きるかもしれない。SCP-2076-JPは我々の行動や身体の構造に影響でき、地震も起こし、本物と完全に区別のつかないSCP-2076-JP-1を生み出した。SCP-2076-JPの能力に限界があると思えない。O5に急ぎで連絡を取ってもらおう、新たなKeterクラスの誕生までもう5日も残っていない。

緊急で機動部隊を要請する。反ミームでも現実改変者でも収容できる用意をしなければならない。陸も空も地中も、最強生物も概念も暗闇も全てに対応できる準備をしよう。—O5-█

担当記録2076-JP-6

担当者: SCP-2076-JP-1

嫌いなこと: 不明

担当者補遺: SCP-2076-JPの影響によって出現した後藤管理官。レベル4セキュリティクリアランスを保有しており、生物型アノマリーの出現が予想されるが、何が起きるか不明。

SCP-2076-JPの性質変化: 全機動部隊の全隊員がほぼ同時に携帯飲料水を落下、内容物を流出した。

分析: まず、恐れていた事態が起きなくて本当によかった。本当に。SCP-2076-JPの性質変化がD-5823のものに戻ったためこれ以上の影響はないと思われる。
だが、サイト-81OA管理官でもある人が嫌っていた事が収容違反でもKクラスシナリオでもなく、飲料水の落下だったと言う事だ。これは後藤管理官が収容違反より水をこぼす事を嫌っていたという事でも、SCP-2076-JP-1が少しだけ後藤管理官と異なっていたと言う事でもないはずだ。SCP-2076-JPの性質が我々の考えていたものと少し異なっていると考えられる。

追記: 後藤管理官は会議中にカップを落とし、机を汚してしまっていたらしい。SCP-2076-JP-1もこの事を覚えていた。
もしかしたらSCP-2076-JPが引き起こすのは「『最近起きた』嫌な事」なのか?

担当記録2076-JP-7

担当者: エージェント畠山

嫌いなこと: 電話、女性全般

担当者補遺: 実験のため1日に1つずつSCP-2076-JP担当用宿舎に嫌がらせを行った。

SCP-2076-JPの性質変化: 1日目のみはサイト-81OA内での電話件数が増加した。その後は1日毎に予想通りの変化が起きた。

分析: 本当にSCP-2076-JPが引き起こしていたのは「『最近起きた』嫌な事」であるようだ。つまりSCP-2076-JPがKeterクラスの双子を作ることはKeterクラスに最近関わった者が居る時だけだと言う事だ。
特別収容プロトコルを実験的に変更しよう。サイト-81OAにKeterを置いていくのは不適切だが、SCP-2076-JPはもはや移動不可である。サイト-81OAに収容を完全に委託しよう。

 
特別収容プロトコル改訂案: SCP-2076-JPの収容のためにサイト-81OAの職員へのカウンセリングの頻度を増加させてください。可能な限り安全な「『最近起きた』嫌な事」を持つセキュリティクリアランスレベル2以下の職員がSCP-2076-JPの収容担当となります。担当期間は1ヶ月程度とし、1日毎に適切な嫌がらせを行います。
現在、サイト-81OA上層部で安全な嫌がらせを検討中です。SCP-2076-JPの性質が変化した場合はサイト-81OA内に通知されます。サイト-81OAはSCP-2076-JPの影響に注意して職務を続けてください。

付与予定タグ: scp jp keter 生命 動物



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The 5Pockets's portal does not exist.


エラー: 5Pocketsのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:8156571 ( 30 Jul 2022 06:35 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License