SCP-6969-J 性の終焉:略(原題: The End of Sex 6.9: You Can (Not) Reproduce)

このページには成人向けコンテンツが含まれています。
あなたが18歳以上であり、これらのコンテンツの閲覧を希望される場合は、ご自身の責任で閲覧してください。

このページの批評は終了しました。

査読者の方へ

特に査読コメント数が0であり、かつ、査読文が1000文字以内または50行未満である場合、PMに送信していただけると助かります。
原文
日本語のみ

評価: 0+x
blank.png

Notice From The Records And Information Security Administration

財団記録・情報保安管理局からの通知

The following document was obtained via Exclusionary Site from a prior iteration of this universe detailing an irreversible XK-Class Event. Access to this document is restricted to trans- or inter-universal specialist personnel and those with Level 4 or above clearance. And the O5 Council, I think.

以下の文書は除外サイトを通じてこの宇宙の以前のバージョンから入手されました。当該文書は非可逆的XK-クラスイベントについて詳述しています。当該文書へのアクセスは宇宙間または宇宙相互の専門職員及びレベル4以上のクリアランスを持つ職員に制限されています。そして多分O5評議会にも。


ガイドへのリンク
アイテム番号:6969-JItem#:6969-J
クリアランスレベル4: Clearance
収容クラス: esoteric
esoteric-icon.svg
副次クラス: chokmah balls
{$secondary-icon}
撹乱クラス: #/amida
amida-icon.svg
リスククラス: #/critical
critical-icon.svg
etherealskeleton.png

The Ethereal Skeleton, summoned by the activation of SCP-6969-J.SCP-6969-Jの発動により招来された幽寂閑雅なる骸骨

Assigned Site
配属サイト
Project Lead(s)
計画指導者
Site-68
サイト-68
Dr. Whitney1, Dr. Naomi Ross2
ホイットニー博士3、ナオミ・ロス博士4
Head Researcher(s)
研究責任者
Assigned Department(s)
担当部門
Dr. Nathan Brown5, Dr. Jonathan Ball6
ネイサン・ブラウン博士7、ジョナサン・ボール博士8
Various9
多数10

Special Containment Procedures: Foundation operations related to or involving Project ANTIFUCK are to be suspended indefinitely. Various disinformation departments are to cooperate on preserving normalcy in the face of unexpected and detrimental fallout from the activation of SCP-6969-J.
特別収容プロトコル: プロジェクト・アンチファックに関連または包含される財団の作戦は無期限に延期されねばなりません。様々な虚偽情報部門はSCP-6969-Jの活性化による予期せぬ有害な影響に対して協調して正常性を保たねばなりません。

As reversal of SCP-6969-J would result in SCP-6969-J-ARC's continued existence, multiple alternative neutralization options have and are being considered. The Decommissioning Department has been commissioned to neutralize The Ethereal Skeleton, while the Department of Thaumatology has been tasked with creating a partial counterspell to mitigate SCP-6969-J's most detrimental effects. The Department of Group of Interest Research is to outreach to various GoIs to seek assistance, particularly from the Global Occult Coalition.
SCP-6969-Jの逆転は恐らくSCP-6969-J-ARCの存続を齎すため、複数の代替無力化選択肢が考慮されてきました。解体部門が幽寂閑雅なる骸骨の無力化を任命されています。一方奇跡論部門はSCP-6969-Jの有害な影響のほとんどを緩和する部分的対抗呪文の作成を任せられています。要注意団体研究部門は様々なGoI、特に世界オカルト連合からの助力を求めて接触しなくてはなりません。

To this end, Site-68 has been designated as the temporary base of operations for those involved in SCP-6969-J containment protocols. The Essophysics Department has been given ADMINISTRATOR-6 level credentials following vote by Site Directors' Executive Committee of the Whole (and O4 Council), O5 Council, O6 Council, and approval by the Office of the Administrator.
この目的のために、サイト-68はSCP-6969-J収容プロトコルに関与する人物のための作戦用臨時基地に指定されています。概念物理学部門は全サイト局長執行委員会(及びO4評議会)、O5評議会、O6評議会の投票及び管理者事務局の承認を受けて管理者-6レベル資格を付与されています。

Description: SCP-6969-J refers to an ωK-Class "End of Sex" Scenario11 following the conclusion of Project ANTIFUCK. SCP-6969-J is characterized by a number of normalcy-disrupting phenomena not originally intended by SCP-6969-J's activation, including but not limited to:
説明: SCP-6969-Jはプロジェクト・アンチファックの結実に引き続いて生じたωK-クラス "性の終焉"シナリオ12です。SCP-6969-Jは、本来SCP-6969-Jの活性化では意図されていなかった多数の正常性撹乱現象の発生により特徴付けられます。当該現象は以下を含みますが限定されてはいません。

  • The complete cessation of all sexual desire in all life on Earth.
    地球上の全生命体におけるあらゆる性的欲求の完全な停止。
  • The anomalously-enforced physical inability to engage in sexual actions, including for non-reproductive purposes.
    異常に強制された、非生殖目的を含む性的行為の身体的機能不全。
  • Notable euphoria and abnormal happiness from individuals who identified as asexual prior to SCP-6969-J's activation.13
    SCP-6969-J活性化以前から無性愛者だった人物の顕著な陶酔および異常な幸福。14
  • The manifestation of The Ethereal Skeleton.
    幽寂閑雅なる骸骨の顕現。

The Ethereal Skeleton is a massive, eight-kilometer-tall human skull currently located in Bern, Switzerland. Despite this fact, The Ethereal Skeleton is visible on the horizon from any point on Earth; this has resulted in humanity becoming prominently aware of the anomalous to some extent, and has constituted a moderate Broken Masquerade Scenario. Additionally, The Ethereal Skeleton cannot be referred to in any way other than either The Ethereal Skeleton or its pronouns (it/its).
幽寂閑雅なる骸骨は現在スイスのベルンにいる巨大な全高8kmの人間の頭蓋骨です。この事実に反して、幽寂閑雅なる骸骨を地球上のあらゆる地点から地平線または水平線上に見ることが可能です。これにより人類はある程度の異常性にかなり気付くようになりました。また、これは中程度の壊された虚構シナリオでもあります。加えて、幽寂閑雅なる骸骨は幽寂閑雅なる骸骨またはその代名詞(それ/その)以外のいかなる方法でも言及することは不可能です。

The cause for The Ethereal Skeleton's manifestation is currently unknown. See Addendum 69.
幽寂閑雅なる骸骨の顕現。の理由は現在不明です。補遺69を参照してください。

Addendum 1: SCP-6969-J-ARC
補遺1 SCP-6969-J-ARC

SCP-6969-J-ARC was the designation for a thaumaturgic biological process which occured during ejaculation.
SCP-6969-J-ARCは射精中に発生する奇跡術的生物学的プロセスに対する指定でした。

When a human being attempted to discharge — whether during the process of intercourse or, more commonly, not — a series of internal thaumaturgic processes would occur within the individual's genitalia, affecting the entire body. Over the duration of approximately two seconds, the affected subject would enter and experience a causal time loop, repeatedly beginning at the moment of ejaculation and lasting a short period of time. No changes to the subject's physiology would be preserved between time loops, save for two factors: one, the activity of the nervous system, and two, sperm's genetic composition (where applicable).15
人間が射精  交合過程中、あるいはより一般的にはそうではない時  を試みた際に、当該個人の外性器内部にて一連の内部奇跡術的プロセスが発生し、全身に影響を及ぼしていました。およそ2秒の間、被影響者は因果時間ループに突入し、射精の瞬間を開始時点とする短期間を繰り返し体験していました。時間ループの間の対象の生理機能変化は2つの点を除いて保たれませんでした。その1つ目は神経系の活動であり、その2つ目は(該当する場合)精子の遺伝子構成でした。16

Upon conclusion of an unknown number of repetitions, the causal time loop would cease, and a secondary thaumaturgic effect would activate. The secondary effect reset the nervous system to the state it was when the time loop began, allowing for the seamless transition between pre- and post-orgasm states by resetting memory. Following this, anomalous activity relating to SCP-6969-J-ARC would cease.
不明な回数を繰り返した結果、因果時間ループは停止し、第2の奇跡術的効果が発動していました。第2効果は神経系を時間ループ開始時点の状態にリセットしていました。そして記憶をリセットすることによりオーガズム前後のシームレスな移行を可能にしていました。これを以てSCP-6969に関連する異常な活動は停止していました。

Research suggests that, prior to its neutralization, affected subjects could have experienced a subjective time of anywhere from sixteen days to roughly seventy-three quintillion years every ejaculation.
被影響者が主観時間にして16日からおよそ7300京年を射精毎に経験している可能性を研究は示していました。

Addendum 2: Project ANTIFUCK
補遺2: プロジェクト・アンチファック

Project%20ANTIFUCK.png

Project ANTIFUCK

プロジェクト・アンチファック

PROPOSAL #70

提言 70番

2022/02/02
Head Researcher Nathan Brown
主任研究員 ネイサン・ブラウン
Department of Containment
収容部門


Abstract: Due to the unprecedented and egregious sum of human suffering caused by SCP-6969-J-ARC, it has become imperative for the SCP Foundation to address this anomaly on a large scale. To this end, the Department of Containment, the Ethics Committee, and the Department of Thaumatology are to work in tandem to counteract the negative effects of SCP-6969-J-ARC while preserving normalcy.
概要: SCP-6969-J-ARCにより引き起こされた先例の無く甚だしく酷い人的苦痛の大きさ故に、SCP財団はこのアノマリーに対して大規模に取り組まねばならなくなっている。この目的のために収容部門、倫理委員会、そして奇跡論部門は協力して働き、正常性を保ちながらSCP-6969-J-ARCの負の影響を中和しなくてはならない。

Method: Utilizing various orbital satellites capable of Thaumaturgic Spell Injection (TSI) already deployed by the Foundation's Department of Thaumatology, a Thaumaturgical Interpolator Termination String (TITS) will be universally applied to the entirety of Earth. The TITS in question would be designed to end the SCP-6969-J-ARC loop after the first sequence, completely nullifying any notable effects. A proof of concept can be found in the attached image.
方法: 既に財団奇跡術部門により配備されている、奇跡術的呪文インジェクション(インク)を行える様々な軌道衛星を使用し、奇跡術的インターポレーター終了文字列(インポ)が地球全体に遍く適用される。当該インポはSCP-6969-J-ARCのループを最初のシーケンスの後で終了させるように設計され、あらゆる顕著な影響を完全に無効化する。コンセプト検証は添付画像にて閲覧可能である。

Update 2022/02/22: Thaumaturgical pattern identified and prepared for deployment. All systems operational. Preparations are being made for activation within 24 hours.
更新 2022/02/22: 奇跡術的パターンが同定され配備の準備がなされました。全システムは稼働しています。24時間以内の起動のため準備が行われます。

Addendum 3: Initial Emergency Session
補遺3: 初期緊急会合

VIDEO TRANSCRIPT ANTIFUCK-XXX
ビデオ転写 アンチファック-XXX

DATE: 2022/02/23
日付: 2022/02/23

FOREWORD: Following the conclusion of Project ANTIFUCK, thousands of individuals began to notice anomalous phenomena, and dozens of reports were made to various Foundation sites. An emergency meeting was called by The O5 Council involving the Site Directors' Executive Committee of the Whole (SDECotW) and The O4 Council.
前文: プロジェクト・アンチファックの終結に引き続いて、数千人が異常現象に気付き始め、数十の報告が様々な財団サイトに提出されました。全サイト局長執行委員会(SDECotW)とO4評議会を含む緊急会議がO5評議会により招集されました。


<転写開始>


Dr. Crom: -terrupted as the log begins. Oh shit it's starting.
クロム博士:   録開始なので話さないでくれ。。あっ、クソッ、始まってやがる。

The O5 Council is situated at the head of a very large and round table. Present at the table are various Department Heads, Site Directors, and other important SCP Foundation personnel. The room is very well furnished, as the meeting takes place in O5-6's personal mansion.17 A view of the horizon is visible through the massive balcony on the eastern wall.
O5評議会は極めて巨大な円卓の上座18に座っている。様々な部門の主任、サイト管理官、そしてその他重要なSCP財団職員が机の前にいる。部屋の設備が大変充実しているのは、会議がO5-6の私有豪邸にて行われているためである。19東側の壁の巨大なバルコニーから地平線が望める。

O5-6 stands up, and adjusts his pajamas.
O5-6が起立し、自身のパジャマを整える。

O5-6: Thank you all for coming on such short notice. I'm certain everyone here is aware of our current predicament and how catastrophic "Project ANTIFUCK" has been for our organization. Beyond having a stupid-ass name, it has also resulted in an Omega-K Class Scenario, of which we are now dealing with.
O5-6: 突然の呼び出しに応じてくれた皆に感謝します。ここにいる皆が現在の窮地といかに「プロジェクト・アンチファック」が私たちの組織に対して破滅的であるのかについてわかっていると確信しています。巫山戯た名前を持っていますが、オメガ-Kクラスシナリオを齎しています。そしてこのシナリオに私たちは今現在対処しているのです。

Audible gasps are heard from a number of personnel at the table.
卓前の多数の職員の息を呑む音が聴取される。

Cpt. Kirby: A-An End of Death Scenario!?
キャプテン・カービィ: し、死の終焉シナリオ!?

O5-6: Errr… no. Lowercase omega.
O5-6: えーーー ……違います。小文字のオメガです。

Audible groans are head from a number of personnel at the table.
卓前の多数の職員の唸り声が聴取される。

O5-6: Yeah, yeah, cool your jets. An "End of Sex" Scenario is not something to scoff at.
O5-6: ええ、ええ。落ち着いてください。"性の終焉"シナリオは馬鹿にして良いものではありません。

Dir. House: Why the hell do we even have a designation for that? Who comes up with this shit?
ハウス管理官: 一体全体どうしてそんなもんにまで指定がされてるのですか?誰がこんなひっでえもん考えついたのですか?

O5-2: (Interjecting) I AM CURRENTLY RUNNING 14,234 SIMULATIONS SIMULTANEOUSLY PER SECOND, EACH DEPICTING A WAY THE WORLD CAN END. BE THANKFUL WE ARE NOT EXPERIENCING A DELTA-PHI-LAMBDA "SQUIRRELS BECOME SENTIENT AND RIP YOUR FACE OFF" SCENARIO.20
O5-2: (割り込んで) ワタシハ 現在 毎秒14,234 個ノ シミュレーションヲ 走ラセ、全テ 世界ガ 終ワリウル ト 示シテイマス。デルタ-ファイ-ラムダ "リスガ 知性ヲ 持ツヨウニナリ 君タチノ 顔ヲ 剥グ"シナリオ ヲ ワタシタチガ 経験シテ イナイ ノハ 有難イ コトデス。21

Dir. House: I—
ハウス管理官: 私は  

Agt. Urquhart: Hey! That's my sorority!
エージェント・アーカート: オイ!それは私の女子クラブだ!

Murmuring begins to fill the room. O5-1 slams his comically large gavel.
囁きが室内を満たし始める。O5-1は滑稽なほど巨大なガベルを打ち付ける。

O5-1: Okay, everyone shut up. Six?
O5-1: OK。全員黙りなさい。シックス?

O5-6: Thank you One. It appears that not only has sex become biologically impossible for humans, but similarly for animals as well. We will begin to see extinctions within a few hours, and as the days progress, a mass-extinction event will begin to unfold as ecological systems become crippled and collapse. At the present moment, mitigating the negative effects of Project ANTIFUCK is the SCP Foundation's number one priority. Does anyone have any ideas?
O5-6: ありがとうございます、ワン。セックスが人類にとって生物学的に不可能になっただけではなく、同様に動物にも似たようなことになっていると明らかになっています。数時間で絶滅を目にし始めることになるでしょう。そして日が経つにつれて生態系が損なわれ崩壊することで、大量絶滅イベントが開始していると明らかになるでしょう。現時点ではプロジェクト・アンチファックの負の影響を緩和することこそ、SCP財団が第1に優先すべきことです。誰か何かアイデアがありませんか?

Dr. Blake: (Stroking his beardless chin) Hmm… It is possible to inverse SCP-6659 to insert a concept into the Noosphere and thus restoring sex, though we would need an extremely powerful sex-related physical object to derive the concept from.
ブレイク博士: (髭の生えていない喉を撫でながら) ふむむ…… SCP-6659を逆転させてノウアスフィアに概念を挿入しセックスを回復すること可能です。しかし、概念を得るためには途轍も無く強力なセックスに纏わる物理的物品が必要となるでしょうね。

Dir. Aktus: What about Clef? I heard he has three flam
アクタス管理官: クレフなんかどうです?聞く所によると、3人のカキ  22

A loud groan is heard from the right-side of the table. An emaciated and shriveled man raises his hand weakly. He has three eyes.
大きな唸り声が円卓の右側から聴取される。酷く痩せた萎びた男性が弱々しく挙手している。三眼である。

Dr. Clef: (Repeated, indecipherable wheezing, followed by a series of desperate coughs.)
クレフ博士: (苦しげな咳嗽を連続した後に聴取不能な喘鳴を繰り返す。)

O5-2: Yeesh. This really did a number on him.
O5-2: あー、はい。これは彼に対して本当に酷な話ですね。

Dr. Blake: It's only been a few hours, for fuck's sake.
ブレイク博士: たったの数時間だぞ、よしてくれよ。

O5-6: …Okay, that plan's out of the question. Does anyone have any other i— What the fuck is that!?
O5-6: ……OK。そのプランは問題外ですね。誰か他に何かアイ   なんじゃありゃアーッ!?

O5-6 points out the east-facing window. The Ethereal Skeleton rests on the horizon, unmoving.
O5-6は東向きの窓を指差す。幽寂閑雅なる骸骨が身動ぎせず水平線上にある。

Silence elapses for thirteen seconds, before Dr. Naomi Ross stands up.
13秒間が沈黙の中過ぎ、ナオミ・ロス博士が起立する。

Dr. Ross: That appears to be an essophysical manifestation, sir.
ロス博士: あれは概念物理学的顕現であるように見えます、サー。

O5-1: A what?
O5-1: 何ですって?

Dr. Ross pulls out a tape recorder, and hits 'Play'.
ロス博士はテープレコーダーを取り出し、「再生」を押す。

I direct the Essophysics Department, which you all well know is concerned with embodiments — manifestations of concepts within reality. An embodiment of the concept "red" would carry all of the characteristics conceptually associated with that color, such as being angry, or desirable, or malevolent. This is a simplified method of conceptualizing what's actually going on here; a tangible object or entity embodies a memetic structure within the Noosphere by conforming to its idealistic ideatic shape.
私は概念物理学部門を管理しており、皆さんがご存じの通りこの部門は具現体  概念の現実への顕現を扱っています。「」の概念の具現体は、その色と概念的に結びついた特性、例えば怒りや、欲望や、悪意といったものを全て有していることでしょう。これはこの世界で何が実際に起きているのかを概念化する単純化した手法です。有形の物体や実体は、その理想的・イデア的な形状に一致させることで、ノウアスフィア内のミーム構造を具現しています。

Simply put, an embodiment is a physical item that's shaped like an idea. And, given the progression of human intelligence and development, over time, that shape can change. This means that, if the essophysical nature of an entity is not readily apparent, it can be discerned by comparing that entity's change over time to changes in human conception and ideatic space; a correlation almost certainly indicates causation.
簡潔に言いますと、具現体というのはアイデアのような形状をした形而下的アイテムです。そして、人間の知能や発展において進歩があると、時間とともに、その形状は変化しえます。これは、ある実体の概念物理学的性質が簡単には分からないとき、時間を掛けたその実体の変化を、人間の思考やイデア的空間の変化と比較すると理解することができるということです。相互関係は、ほぼ確実に因果関係を表しているのです。

Dr. Ross stops the recording. The entire table nods in understanding thanks to the extremely clear explanation.
ロス博士はレコードを停止する。円卓の全員が大変分かり易い説明に感謝しつつ理解したと頷いている。

O5-6: Ah, that makes perfect sense. You're saying The Ethereal Skeleton is a manifestation of some concept, then?
O5-6: あぁ、完全に理解しました。幽寂閑雅なる骸骨は何らかの概念が顕現したものなのですね?それで?

Dr. Ross: That would be correct, Six.
ロス博士: 恐らくそれが正しいでしょう、シックス。

O5-6: Please, Six was my father. Call me Shirley.
O5-6: シックスは私の父のことですので、ね。シャーリーと呼んでくださいな。

Dr. Ross: Uh, okay. That would be correct, Shirley. When Project ANTIFUCK concluded, it appears to have disturbed the Noosphere to the point that some concept manifested itself on Earth, and in an extreme fashion too. Considering what we know about essophysics and The Ethereal Skeleton, it leaves us with only one candidate for the corresponding concept.
ロス博士: うっ、OK。それが正しいでしょう、シャーリー。プロジェクト・アンチファックが終結した時、何らかの概念がとんでもないやり方で地上に顕現するほどノウアスフィアをかき乱してしまったようです。概念物理学と幽寂閑雅なる骸骨についての私たちの知識を考慮すると、相当する概念の候補は1つに絞られます。

O5-1: (Interjecting) Which is…?
O5-1: (割り込んで) どれなのです……?

Dr. Ross: I believe that concept would be sex itself, One.
ロス博士: その概念とはセックスそれ自体であると私は信じています。ワン。

There is furious murmuring around the table. O5-1 slams the comically large gavel again.
猛烈な囁きが円卓の周りに生じる。O5-1は滑稽なほど巨大なガベルを再び打ち付ける。

O5-1: What.
O5-1: なんてこったい。


<END TRANSCRIPT DRAMATICALLY>

<転写劇的終了>


AFTERWORD: Following this revelation, The Essophysics Department was granted ADMINISTRATOR-6 level clearance to deal with The Ethereal Skeleton and solve the ongoing ωK-Class Scenario.
後書き: この新事実に続いて、概念物理学部門は幽寂閑雅なる骸骨に対処し進行中のωK-クラスシナリオを解決するために管理者-6レベルクリアランスを与えられました。

Addendum 4: Project OVERFUCK
補遺4: プロジェクト・オーバーファック

Project%20OVERFUCK.png

Project OVERFUCK

プロジェクト・オーバーファック

Proposal #70

提言 70番

We got sick of the old color scheme

古いカラースキームに嫌気が差しました

2022/02/25
Doctor Whitney
ホイットニー博士
Director of GoI Research
GoI研究管理官

2022/02/24
Doctor Naomi Ross
ナオミ・ロス博士
Director of Essophysics Department
概念物理学部門管理官

Abstract: Much to the vexation of both this proposal's authors, the SCP Foundation's top priority at the moment is ending the ongoing ωK-Class "End of Sex" Scenario. This is characterized by the complete inability for any multicellular living being23 to engage in sexual acts, whether reproductive or not. This has resulted in a slow but inevitable mass-extinction event as species begin to die off due to lack of new members.
概要: この提案の著者2人においても悩ましいことであるが、現時点においてSCP財団の最優先事項は進行中のωK-クラス "性の終焉"シナリオの終結である。これはあらゆる多細胞生物24の完全な性行為実行不可能性を特徴としている。生殖を目的としているか否かは問わない。新しいメンバーが欠乏することにより種族が死に絶え始め、これは緩徐であるがしかし不可避の大量絶滅イベントをもたらす。

SCP-6969-J was triggered during PROJECT ANTIFUCK, a joint project between the Department of Containment and Department of Thaumatology to neutralize SCP-6969-J-ARC. The process utilized a Thaumaturgical Interpolator Termination String25 to inject an arbitrary sequence of thaumaturgic runes into the ongoing SCP-6969-J-ARC sequences, particularly to terminate their function. Via the use of orbital satellite array, the Thaumaturgical Interpolator Termination String26 was applied permanently to the Earth, accidentally culminating in SCP-6969-J.
SCP-6969-JはSCP-6969-J-ARCを無力化する収容部門と奇跡論部門の合同プロジェクトであるプロジェクト・アンチファック中に発生した。プロセスは任意の奇跡術的ルーンシーケンスを継続中のSCP-6969-J-ARCシーケンスに挿入してその機能を停止するために、奇跡術的インターポレーター終了文字列27を利用した。軌道衛星アレイ利用を通じて奇跡術的インターポレーター終了文字列28が恒久的に地球に適用され、偶然その結果としてSCP-6969-Jとなった。

Additionally, The Ethereal Skeleton (an ethereal skeleton representing the essophysical manifestation of sex itself) appeared in Switzerland. The significance of this event is unknown.
加えて、幽寂閑雅なる骸骨(セックスそれ自体の概念物理学的顕現であるこの世のものとは思えないほど優美な骸骨)がスイスに出現した。このイベントの意味は不明である。

The purpose of PROJECT OVERFUCK is to:
プロジェクト・オーバーファックの目的は、

  1. Reverse the effects of SCP-6969-J and allow for reproduction to occur, even at the cost of reactivating SCP-6969-J-ARC.
    たとえSCP-6969-J-ARCを再活性化させる犠牲を払おうとも、SCP-6969-Jの影響を逆転し生殖が生じるうるようにする。
  2. Determine the root cause of SCP-6969-J's over-effectiveness in Thaumaturgical Interpolation and prevent the scenario from happening again.
    SCP-6969-Jの奇跡術的インターポレーション過剰効果の根本原因を究明し、シナリオの再発を防ぐ。
  3. Neutralize The Ethereal Skeleton.
    幽寂閑雅なる骸骨を無力化する。

Method: In order to minimize the impact of activities in Project OVERFUCK on the Project Leads, both Project Leads were selected due to their asexuality, extensive skill set, and loyalty to the Foundation.29
方法: プロジェクト・オーバーファックの活動による計画指導者たちへの影響を最小化するために、計画指導者たちは両者共無性愛、広範なスキルセット、そして財団への忠誠心を理由として選定された。30

The Department of Essophysics has been granted ADMINISTRATOR-6 clearance to employ all of the Foundation's resources to neutralize SCP-6969-J. To this end, the Department of Essophysics will work in tandem with the Decommissioning Department (henceforth "Double-D")3132 to employ both parascientific and anomalous means in achieving this goal.
概念物理学部門は財団の全資源をSCP-6969-Jの無力化に使用できる管理者-6クリアランスを与えられている。この目的のために、概念物理学部門は解体部門(以後ダブルDと呼称します)3334と協調して取り組み、超常科学と異常手段の両方を用いてこの目標を達成する。

Below are initial attempts at neutralizing SCP-6969-J, undertaken by Project OVERFUCK.
以下はプロジェクト・オーバーファックにより行われたSCP-6969-Jを無力化する初期の試行です。

Involved Department(s): Department of Thaumatology
関連部門: 奇跡論部門

Intention: Utilize a secondary Thaumaturgical Interpolator Termination String to terminate the prior termination string. Apply it locally first to test changes before worldwide implementation.
目的: 2つ目の奇跡術的インターポレーター終了文字列を使用して前回の終了文字列を終了する。世界全体に実施する前に、まず始めにローカル環境に適用して変化を検証する。

Interaction: No effect. This is likely due to a termination string not being able to terminate another termination string, but rather solely terminate the current spell as a whole.
相互作用: 無効。終了文字列が他の終了文字列を終了できず、むしろ単に現在の呪文全体を終了するためであるようだ。

Result: N/A
結果: N/A


Involved Department(s): Department of Thaumatology, Memetics Division
関連部門: 奇跡論部門、ミーム部門

Intention: Create a memetic agent capable of bypassing all neurological defensive barriers (Type XII Langford Agent) which compels individuals to subconsciously perform a thaumaturgic ritual to initiate reproduction. This memetic agent would also compel individuals to spread it to people not already infected, and thus ensure its existence inter-generationally.
目的: 人々に強制して生殖を開始させる奇跡術儀式を無意識的に実行させる、全神経学的防御障壁を迂回可能なミームエージェント(タイプⅫラングフォード・エージェント)を作成する。このミームエージェントはまた、感染していない人々にこれを拡散させることを強制し、これによって世代を超えてその存在を保証する。

Interaction: The agent successfully exists and is capable of transmitting, however the thaumaturgical spell fails to trigger mid-way through, suggesting that although the spell is not nearly identical to SCP-6969-J-ARC, it is still targeted by the Thaumaturgical Interpolator Termination String.
相互作用: エージェントは成功裏に存在し、感染可能であるが、しかしながら奇跡術呪文は途中で発動に失敗する。これは、呪文がSCP-6969-J-ARCとほぼ同一という訳でもないのに、それでもなお奇跡術的インターポレーター終了文字列の対象であることを示唆している。

Result: Failure to undo the damage caused by SCP-6969-J; additionally the memetic agent has already spread to nearly 4% of the global population within a day, resulting in many individuals performing a half-complete ritual at inopportune or inappropriate times. This has further increased the severity of the concurrent Broken Masquerade Scenario.35
結果: SCP-6969-Jにより引き起こされた損害を元に戻せなかった。加えて、ミームエージェントは1日以内に既に全人類の4%近くにまで拡散し、多数の人々が都合の悪い時や不適切な時に儀式を半ばまで行う結果となった。これにより同時に発生している壊された虚構シナリオの深刻さがより深まっている。36


Involved Department(s): Department of Pataphysics
関連部門: 空想科学部門

Intention: Make this a -J.
目的: これを-Jにする。

Interaction: Action is successful; article is officially designated as a "joke" and presumably unlikely to impact the larger narrativistic canon.
相互作用: 活動成功。記事は"ジョーク"に公式に指定されたが、恐らく大規模な物語カノンに影響を与えられていない。

Result: Failure; canons are still interconnected, with the only discernible difference being humorous quirks throughout official documentation.37
結果: 失敗。カノンは未だ相互接続しており、唯一認められた違いは公式文書にユーモラスな捻りが加えられるようになったことだけである。38

Addendum 5: Termination Attempts
補遺5: 終了試行

Foreward: As SCP-6969-J has resisted attempts at its reversal through the use of parascientific means, the following logs detail attempts by Project OVERFUCK to terminate it through the use of other anomalies.
前文: SCP-6969-Jは超常科学手段を使用した逆転試行に対して抵抗しているため、以下の記録ではプロジェクト・オーバーファックの他のアノマリーを利用した試行を詳述しています。


Relevant SCP(s): SCP-565939
関与SCP: SCP-565940

Involved Department(s): O4 Council, Department of Thaumatology
関連部門: O4評議会、奇跡論部門

Intention: Release SCP-5659 from its constraints and allow it to breach inner containment. Maintain wider thaumaturgic runes to prevent its further breach.
目的: SCP-5569を拘束から解放し、収容内側を収容違反できるようにする。さらなる収容違反を防ぐために広域奇跡術的ルーンを維持する。

Interaction: The residents of Częstochowa, Poland were quickly evacuated and provided compensation for their time in the form of Class-C amnestics. SCP-5659 was fed extreme negative emotion via D-Class and subsequently grew thousandsfold. Shortly thereafter, it manifested in our physical reality. However, upon entering our world, SCP-5659 stopped and calmly approached a nearby Foundation operative, stating it suddenly felt extreme clarity and no longer wished to destroy humanity, but rather join it. After a few days of conversation, SCP-5659 was hired by Site-120 staff, under supervision of Site Director D. Asheworth.
相互作用: ポーランドのチェンストホヴァの住人は速やかに立ち退かされ、その時間に対する補償としてクラスC記憶処理が施された。SCP-5659はDクラス職員を通じて莫大な負の感情を摂取た後1000倍に育った。程なくして、私たちの物理現実にそれは顕現した。しかしながら、私たちの世界に入るなりすぐさまSCP-5659は停止し、穏やかに至近の財団エージェントに接近し、突然非常に思考が明瞭になり人間性破壊を今や願わなくなり、むしろ加わりたいと供述した。数日会話した後、SCP-5659はサイト管理官D・アシュワースの管理下においてサイト-120職員に雇われた。

Result: No effect on SCP-6969-J.41
結果: SCP-6969-Jに影響無し。42


Relevant SCP(s): SCP-254143
関与SCP: SCP-254144

Involved Department(s): Memetics Division, Department of GoI Research
関連部門: ミーム部門、GoI研究部門

Intention: Seek assistance from PoI-7058-A and PoI-7058-B in repurposing or using the mechanisms behind SCP-2541 in restoring the ability for humans (and later animals) to orgasm.
目的: SCP-2541の背後のメカニズムを再利用または使用して、人類(そして後に動物)がオーガズムに達する能力を回復するためにPoI-7058-AとPoI-7058-Bの助力を求める。

Interaction: PoI-7058-A and PoI-7058-B were successfully reached via telephone. The ongoing scenario was explained to the duo, and they were requested for assistance. PoI-7058-B expressed acknowledgement and commented that SCP-2541 had indeed ceased functioning a week prior and the business was to be shut down; subsequent testing with SCP-2541 failed to conceptually transport the subject to the corresponding thought-space.45
相互作用: PoI-7058-AとPoI-7058-Bに電話を介して接触することに成功した。2人は進行中のシナリオについて説明を受け、助力を求められた。PoI-7058-Bは謝意を示し、SCP-2541が実の所先週から機能を停止しており運営を廃業したとコメントした。その後行われた対象を対応する思考空間に概念的に転送するというSCP-2541に対する実験は失敗した。46

Result: No effect on SCP-6969-J.
結果: SCP-6969-Jに影響無し。


Relevant SCP(s): SCP-001-KATE47
関与SCP: SCP-001-KATE48

Involved Department(s): Site Directors' Executive Committee of the Whole, O5 Council
関連部門: 全サイト局長執行委員会、O5評議会

Intention: Edit the SCP-001 file to add the following text:
目的: SCP-001ファイルを編集して以下のテキストを追記する。

Project ANTIFUCK's effects were entirely nullified on March 5th, 2022, at 4:20 PM UTC, and all life on Earth that were capable of engaging in sex before will be capable of doing so after this time.
2022年3月5日協定世界時午後4時20分にプロジェクト・アンチファックの影響が完全に無効化され、以前セックスをできていた地球上の全生命がこの時以後実行できるようになります。

Interaction: No effects. However, the document was immediately edited by a non-existent SCiPNet account to read the following:
相互作用: 無効。しかしながら、テキストは存在しないSCiPNetアカウントにより以下の文章と読めるように即時に編集された。

lol no that's a cop-out
(笑)いや責任逃れじゃん
—MN
  MN

Result: No effect on SCP-6969-J.49
結果: SCP-6969-Jに影響無し。50


Relevant SCP(s): SCP-345751
関与SCP: SCP-345752

Involved Department(s): Department of Thaumatology, Department of History, The Department of Tactical Theology, The Global Occult Coalition53
関連部門: 奇跡論部門、歴史部門、戦術神学部門、世界オカルト連合54

Intention: Contact the GOC in accordance with the Köln Agreement to utilize the Rites of Solomon on a suitable Project OVERFUCK operative. Once demiurge status is achieved, perform the necessary actions to ensure SCP-6969-J is incapable of affecting the Earth and SCP-6969-J-ARC does not function.
目的: GOCに連絡を取り、ケルン協定に従ってソロモンの儀式を適切なプロジェクト・オーバーファック・エージェントに対して使用する。デミウルゴス状態が達成されたならばすぐに必要な行動を行い、SCP-6969-Jが地球に影響できず、SCP-6969-J-ARCが機能しないことを保証する。

Interaction: The GOC approved of the use of SCP-3457 and subsequently met with Project OVERFUCK operatives to perform the rite. After a few hours, the ritual was successfully completed, and Agent Ueda successfully achieved demiurge status. Agent Ueda was instructed on how to restructure thaumatology with minimal impact to other rituals that are necessary for containment. Following this, Agent Ueda was successfully de-demiurgified.
相互作用: GOCはSCP-3457使用を承認し、続けてプロジェクト・オーバーファック・エージェントと面会して儀式を実行した。数時間後、儀式の完了に成功し、エージェント・殖田がデミウルゴス状態に成功裏に到達した。エージェント・殖田は収容に必要な他の術式への影響を最小限とする奇跡術の再構築方法を指示された。これに続き、エージェント・殖田の脱デミウルゴス化に成功した。

Result: No effect on SCP-6969-J.5556
結果: SCP-6969-Jに影響無し。5758


Addendum 6: Project OVERFUCK Tactical Plan Change
補遺6: プロジェクト・オーバーファック戦略計画変更

VIDEO TRANSCRIPT OVERFUCK-X
ビデオ転写 オーバーファック-X

DATE: 2022/03/18
日付: 2022/03/18

FOREWORD: Due to numerous unsuccessful attempts to change the ongoing ωK-Class Scenario, and the recent discovery that SCP-6969-J was merely caused by Thaumaturgy but not perpetuated by it, Project OVERFUCK members called for a meeting to determine the future course of Project OVERFUCK.
前文: 進行中のωK-クラスシナリオを変更する数多くの試行が失敗し、またSCP-6969-Jが単に奇跡術により引き起こされたのであって、奇跡術によって維持されている訳ではないという最近の発見を受け、プロジェクト・オーバーファックのメンバーはプロジェクト・オーバーファックの今後の方針を決定する会議を呼び掛けました。


<転写開始>


Dr. Crom: —nside another addendum? You're kidding me!
クロム博士:   また別の補遺の中で?冗談言わないでくださいよ!

Dr. Ross takes a chug from a fat dart and stands up to address the room.
ロス博士は一服してから起立し部屋の人々に呼び掛ける。

Dr. Ross: Okay, as you all know, we recently invoked the Köln Agreement with the Global Occult Coalition to activate the Rites of Solomon. What this should have done was rewrite the rules of thaumaturgy to end SCP-6969-J and its -ARC's effects. The actual result? Jack shit. As it turns out, we've been approaching this issue wrong the entire damn time, and we're gonna need to come up with new attack vector. Any ideas?
ロス博士: OK。皆さん全員が御存知の通り、私たちは最近世界オカルト連合とのケルン協定を行使してソロモンの儀式を発動しました。これは奇跡術のルールを書き換えてSCP-6969-Jと-ARCの影響を終結させるはずでした。では実際の結果は?さっぱりでした。わかったこととしましては、この問題にこれまでの全期間私たちは間違ったアプローチをしてきたということです。そして新しい攻撃方法を考えつく必要があります。何かアイデアはありませんか?

Dr. Ribeiro raises their hand.
リベイロ博士が挙手する。

Dr. Ribeiro: If we already knew that, why did you just explain it to us?
リベイロ博士: もし私たちが既にそれを知っているなら、なぜあなたは説明するだけなのですか?

Dr. Ross takes a long drag from their bunt.
ロス博士は咥えたモノを深く吸い込む。

Dr. Whitney: Guys, we're wasting time. Hundreds of species are already dead and food shortages are happening all over the world. If we don't solve this quickly then we're definitely screwed. So, again, does anyone have any ideas?
ホイットニー博士: みんな、時間を無駄にしています。何百という種族が既に死に全世界で食料不足が生じています。もし私たちがこれを素早く解決できなかったら、間違いなく酷い目に遇います。ですので、もう一度訊きますが、誰かなんでもいいのでアイデアはありませんか?

Dr. Sherman raises his hand.
シャーマン博士が挙手する。

Dr. Sherman: Have we tried giving up?
シャーマン博士: 諦めません?

The room murmurs in agreement. Dr. Ross lights their weed cigarette as Dr. Whitney sighs.
室内では同意の囁きが交わされる。ロス博士はハッパのタバコに火を点け、ホイットニー博士は溜息を吐く。

Dr. Ross: It's on the itinerary.
ロス博士: 予定表にはありますね。

Dir. Bold raises his hand.
ボールド管理官が挙手する。

Dir. Bold: We shoot shit.
ボールド管理官: ふざけろ。We shoot shit.

Dr. Ross: For the fifth time, Bold, 'shooting shit' isn't the solution to everything.
ロス博士: 5回目となりますが、ボールド。「ふざけ」るののは万能解決策ではありませんよ。

Dir. Bold sulks and sighs unhappily.
ボールド管理官は拗ね、不満足そうに溜息を吐く。

Dr. Whitney: Okay, ideas clearly aren't overflowing here. Let's take a step back. How can we approach this from another angle, one that isn't thaumturgical?
ホイットニー博士: OK。明らかにここにはアイデアが漂ってはいないようです。一歩戻りましょう。別の確度からアプローチするにはどうすればよいのでしょうか?奇跡術的でないアプローチとは?

Dir. al-Taqi raises their hand.
アル=タキ管理官が挙手する。

Dr. Ross: No, 'shooting shit but with religion' isn't an acceptable answer either.
ロス博士: いいえ、「信仰を持ってふざけるshooting shit but with religion」は受け入れられる回答ではありません。

Dir. al-Taqi lowers their hand. Dr. Ross sighs, and pulls out another blunt to smoke.
アル=タキ管理官は手を下ろす。ロス博士は溜息を吐き、もう一本取り出して喫煙する。

O5-6: If I may?
O5-6: よろしいでしょうか?

Dr. Ross: You may, Shirley.
ロス博士: どうぞ、シャーリー。

O5-6: Thank you. And don't call me Shirley.
O5-6: ありがとうございます。そして私をシャーリーと呼ばないでください。

Dr. Ross: Wh- Huh- I—
ロス博士: なっ   はっ   私は  

O5-6: (Interrupting) It may be possible, based on the data we've gathered, to utilize SCP-200059 to reconstruct all life on Earth to only reproduce through asexual means. Based on what we can tell, asexual reproduction is not prevented in multicellular organisms; therefore, it would be theoretically possible to redesign life to only reproduce through this method. We could use The Ennui Protocol to also completely rewrite consensus reality so that life has always and only reproduced asexually. Sex itself will be an anomaly.
O5-6: (遮るように) もし可能であるならば、私たちが集めてきたデータに基いてSCP-200060を使用して、地球上の全生命が無性の手段を通じてのみ生殖するよう再構築しましょう。私たちに解っていることを基に言えば、多細胞生物の無性生殖は妨げられていません。ですので、この方法のみで生殖するよう生命を再設計することは理論上は可能です。アンニュイ・プロトコルを使って完全に合意現実を書き換え、生命はこれまで常に無性生殖のみをしてきたとすることも可能でしょう。セックス自体がアノマリーになるのです。

There is clearly no other choice. We have tried everything in our power to bring back sex, and yet, sex has not come back. It is clear that nothing our organization can do can bring back a fundamental part of the human experience. So, instead of trying fruitlessly to bring back the thing we lack, we instead alter the fundamental human experience. We erase the part of our history that we cannot emulate, and we'll overwrite it with a new history, one that cannot be taken from us again.
明らかに他の選択肢はありません。セックスを取り戻そうと力の限りあらゆることを試してきましたが、それでもなお、セックスは戻ってきませんでした。基礎的な人類の体験を取り戻すために私たちの組織にできることは何もないということは明らかです。故に、失われたものを取り戻す無益な試みの代わりに、私たちは基礎的な人類の体験を変更します。エミュレーションできない歴史の一部を消去し、新しい歴史  私たちから再び奪うことのできないようなそれ  で上書きします。

I know this may be shocking, but it is the only way we can preserve humanity. Do I have your collective approval?
これはショッキングだと解っていますが、しかし人類を保存するために取れる唯一の方法なのです。皆さんの全会の承認を頂けますか?

There is stunned silence from the entire room.
部屋全体が水を打ったような静けさに包まれる。

O5-6: I'll take that as a yes.
O5-6: 賛成と受け取ります。


<END TRANSCRI—

<転写終了  


Dr. Ross: No! No, what the fuck? We're not doing that! Jesus christ!
ロス博士: いや!いや、なんですかそれ?そんな事するわけ無いでしょ!ジーザス・クライスト!

The entire table begins to boo and throw miscellaneous things at O5-6. He immediately runs towards the exit as a few present personnel begin to chase after him.
円卓の全てが罵倒し始め、あらゆるものがO5-6に投げつけられる。彼は即時に出口に向かって走り、僅かな同席した職員が後を追い始める。

O5-6: Fools! All of you! You'll see, you'll ALL see! You'll rue the day you thought you could CRITICIZE SHIRLEY!
O5-6: バカーッ!皆バカーッ!見てろよ、見てろよーっ!シャーリーを馬鹿にした日を後悔することになるんだからねっ!

The door slams shut behind O5-6 and the various people chasing him.
O5-6とその後を追う様々な人々の後ろでドアが叩きつけられるように閉まる。

Dr. Whitney: …Damn. You'd think someone who ran the SCP Foundation would be a bit more composed.
ホイットニー博士: ……畜生。SCP財団を運営する誰かはもうちょっと落ち着いた人格だと思うもんでしょ。

Dr. Ross picks up another blunt and lights it.
ロス博士はもう一本タバコを取り出し火を点ける。

Dr. Ross: You know what they say about being larger than they are and also falling; the phenomena are correlated.
ロス博士: 自分より大きくなることと破滅することについてのことわざは知っているでしょう。これら現象たちは相関関係にあるのですよね。

Dr. Whitney: I don't thin— hey, how many of those things do you even have?
ホイットニー博士: そうは思わ   あの、一体何本そういうの持ってるんですか?

Dr. Ross: What, these? (Dr. Ross pulls out a few more blunts) We milk them from the essophysical embodiment of weed we keep in the basement.
ロス博士: 何かしら、これ?(ロス博士はさらに数本タバコを取り出す)地下室で飼ってるハッパのタバコの概念物理学的化身から乳搾りしてるんですよ。

Dr. Sherman: The what?
シャーマン博士: ですって?

Dr. Ross: Do you really think a sober person could come up with essophysics?
ロス博士: シラフの人間が概念物理学を思いつけると本当にお思いで?

Dr. Whitney immediately jumps up, startling the table.
ホイットニー博士はその瞬間飛び上がり、円卓の人々を驚かせる。

Dr. Whitney: Wait, that's it! The Ethereal Skeleton! Bold, what was your plan again?
ホイットニー博士: 待って、それですよそれ!幽寂閑雅なる骸骨ですよ!ボールド、あなたのプランをもう一度伺っても?

Dir. Bold: Shoot shit?
ボールド管理官: ふざけろShoot shit

Dr. Whitney: Yes! Naomi, why don't we just shoot The Ethereal Skeleton?
ホイットニー博士: はい!ナオミ、幽寂閑雅なる骸骨をどうしてただshootたなかったのでしょう?

Dr. Ross takes a hit.
ロス博士はマリファナを吸い込む。

Dr. Ross: By god… it might just work.
ロス博士: 神よ…… たぶん上手くいっちゃうかもしれないですね。

Dr. Whitney: Okay folks, new plan!
ホイットニー博士: OK、皆さん、新しいプランです!


<転写終了>


Relevant SCP(s): The High-Energy Concentration Orbital Railgun (HECOR)
関連SCP: 高エネルギー濃度軌道レールガン(HECOR)

Involved Department(s): Department of Essophysics, The Double-D
関連部門: 概念物理学部門、ダブル-D

Intention: Shoot The Ethereal Skeleton with an orbital railgun.
目的: 幽寂閑雅なる骸骨を軌道レールガンを用いて撃ちます。

Interaction: Successful hit with minor payload at ~0.15c.
相互作用: 0.15c以下にて小質量の命中に成功しました。

Result: The Ethereal Skeleton's mouth twitched slightly, and shortly thereafter dozens of calls were filed to local police stations reporting that a number of individuals gained a momentary return of standard sexual arousal.61
結果: 幽寂閑雅なる骸骨の口が僅かに痙攣した直後に、地元警察署に何十もの大勢の人々がほんの少しの間性的興奮を取り戻したという通報が寄せられました。62


Relevant SCP(s): HECOR
関連SCP: HECOR

Involved Department(s): Department of Essophysics, Decommissioning Department6364
関連部門: 概念物理学部門、解体部門6566

Intention: Shoot The Ethereal Skeleton again because it worked a bit last time.
目的: 前回少し効果があったので幽寂閑雅なる骸骨を再び撃ちます。

Interaction: Successful hit with minor payload at ~0.3c.
相互作用: 0.3c以下にて小質量の命中に成功しました。

Result: The Ethereal Skeleton's mouth opened slightly. Thousands of reports of sexual arousal and, in some cases, the ability to have sex surfaced. Although most have returned to being incapable of having sex, some have maintained sexual arousal nonetheless.67
結果: 幽寂閑雅なる骸骨の口が僅かに開きました。数千の性的興奮報告と、いくらかの例では、セックスできる能力が表に出てきました。そのほとんどがセックスできない状態に戻りましたが、それでもいくらかは性的興奮を持続させています。68


Relevant SCP(s): HECOR
関連SCP: HECOR

Involved Department(s): Department of Essophysics, Decommissioning Department
関連部門: 概念物理学部門、解体部門

Intention: Shoot The Ethereal Skeleton one last time for good measure.
目的: 幽寂閑雅なる骸骨をとにかく最後にもう一度撃ちます。

Interaction: Successful hit with minor payload at ~0.8c.
相互作用: 0.8c以下にて小質量の命中に成功しました。

Result: See Addendum VII.
結果: 補遺Ⅶを参照してください。

Addendum 7: ???
補遺7: ???

VIDEO TRANSCRIPT WHAT-THE-FUCK
ビデオ転写 ワット-ザ-ファック

DATE: 2022/04/01
日付: 2022/04/01

FOREWORD: NULL
前文: なし


<転写開始>

Satellite footage of Switzerland, directly following the prior termination attempt. The Ethereal Skeleton is visible at the center of the footage. A brief blur is seen moving towards The Ethereal Skeleton; this is presumed to be the projectile fired from HECOR. As it makes contact, an explosion of projected estimates occurs; simultaneously, The Ethereal Skeleton begins to open its mouth.
スイスの衛星映像、前回の終了試行の直後。幽寂閑雅なる骸骨が画像中央に見られる。小さなモヤが幽寂閑雅なる骸骨に向けて動いているのが見られる。これはHECORから発射された投射物であると推定される。接触して推定投射物による爆発が生じる。同時に幽寂閑雅なる骸骨が口を開き始める。

Although the impact force is powerful, it does not damage The Ethereal Skeleton. Instead, air begins to flow into the mouth of The Ethereal Skeleton, smothering part of the explosion. After nearly a full minute of inhaling, The Ethereal Skeleton's left eye momentarily glows a bright blue, before it shouts.
衝撃が強力であるにも関わらず、幽寂閑雅なる骸骨に損傷はない。代わりに、空気が幽寂閑雅なる骸骨の口内に流入し始め、爆発の一部を鎮火する。満1分間に及ぼうかという吸気の後、幽寂閑雅なる骸骨の左の眼が明るい蒼色に瞬間的に輝き、絶叫する。

The Ethereal Skeleton:
幽寂閑雅なる骸骨:

EL

SEXOOOOO


Instantaneously, The Ethereal Skeleton releases a shock wave from itself, spreading across the globe from Switzerland. The wave is immense, and instantly annihilates the country, leveling all buildings and geological formations in the rough vicinity. However, based on ground-camera footage, all individuals caught in the blast do not explode, but rather instantaneously transmutate into grape soda. Copyrighted music begins playing.
その瞬間、幽寂閑雅なる骸骨はスイスから全地球に拡散する衝撃波を放つ。衝撃波は莫大であり、近辺の全ての建造物と地形を均して即座に国家を壊滅させる。しかしながら、地上のカメラ画像によると、爆発に面した全ての人々は弾け飛ばず、むしろ瞬時にグレープソーダに変じた。著作権で保護されている音楽が響き始める。

The feed cuts to Site-68, where Project OVERFUCK personnel are stationed, observing the situation. There is increasing panic, and evacuation plans have begun. Dr. Naomi Ross and Dr. Whitney have begun directing people to the underground bunker located underneath the site, however only a handful of personnel are following instructions. After approximately seven people, the duo give up due to the ongoing panic and promptly evacuate to the bunker themselves.
映像は事態を見守っていたプロジェクト・オーバーファック職員が駐在しているサイト-68に切り替わる。恐慌は拡大し、退避計画が始められている。ナオミ・ロス博士とホイットニー博士はサイトの下に位置する地下掩蔽壕に行くよう人々に対して指示し始めるが、片手で数えられるほどの職員しか指示に従わない。約7人の後、2人は恐慌が続行しているため諦め、迅速に掩蔽壕に退避する。

Within three minutes, the wave expands to encompass most of Europe. Site-68, located in Sweden, is hit by the blast. Although the site and its surrounding area is annihilated, the bunker remains intact; nonetheless, everyone within the bunker besides Dr. Naomi Ross and Dr. Whitney are transmutated to grape soda.
3分以内に衝撃波はヨーロッパのほとんどを覆う程に広がる。スウェーデンに位置するサイト-68が爆風に衝突する。サイトと周辺のエリアが壊滅するも、退避壕は無傷のままである。それにも関わらず、ナオミ・ロス博士とホイットニー博士を除く退避壕内の全ての人がグレープソーダに変じる。

After three hours, the entire world is circumnavigated by the blast. The Ethereal Skeleton remains unharmed from the scenario; however, human society — and life on Earth — are damaged beyond repair, constituting an XK-Class "End of the World" Scenario.
3時間後、爆風が全世界を一周する。幽寂閑雅なる骸骨はシナリオ開始時から無傷のままである。しかしながら、人間社会  と地上の全生命  は修復不能な程損なわれ、XK-クラス "世界終焉"シナリオとなっている。

After approximately one day of waiting, Dr. Ross and Dr. Whitney leave Site-68's bunker.
約1日待機した後、ロス博士とホイットニー博士がサイト-68の退避壕から出てくる。





And this time, I'm not sorry.
そして今回は、謝らないよ。




_cc _listpages adult concept deepwell-catalog esoteric-class foundation-made global-occult-coalition immobile indestructible infohazard joke k-class-scenario mind-affecting scp sexual skeletal transfiguration uncontained
en scp esoteric-class ジョーク アダルト 深淵目録 概念 財団製 世界オカルト連合 移動不可能 破壊不可能 情報災害 k-クラスシナリオ 精神影響 性的 骨格 変容 未収容



ページ情報

執筆者: pcysl
文字数: 67693
リビジョン数: 78
批評コメント: 2

最終更新: 30 Sep 2022 13:19
最終コメント: 10 Sep 2022 12:18 by pcysl
    • _

    I can't believe my eyes,
    but it's a world without sex…
    Everyone here just wears full length pants,
    and loose-fitting turtle necks…
    Men and women wave to each other,
    from a respectable distance…
    –The Ninja Sex Party


    I promised some folks over on -ES a long time ago that I'd write a sequel to SCP-6969, so here it is. Those debts have now been paid and I hope I never have to write another sex article again lol.
    大昔、-ESの何人かの人たちにSCP-6969の続編を書くと約束したな、それがこれだ。あの借りは返したし、これでもう二度ともう一本セックスの記事を書かなくてよくなることを願う(笑)。
    Thank you to everyone who helped me write this, especiallyDr WhitneyDr Whitney for the image in the final addendum. I'd like to also give a shoutout toCreepy-OtterCreepy-Otter andNagirosNagiros for moral support,Dc_YerkoDc_Yerko for partially inspiring me to actually write this, andOptimisticLucioOptimisticLucio,nihonionihonio,Placeholder McDPlaceholder McD,AftokratorAftokrator,Deadly BreadDeadly Bread, andCaliboldCalibold for critiquing and helping refining this piece.
    この執筆を手伝ってくれた皆さんに感謝する。特に、Dr WhitneyDr Whitneyには最後の補遺の画像に感謝を。またCreepy-OtterCreepy-OtterNagirosNagirosの心の支えに感謝を。Dc_YerkoDc_Yerkoは実際これを書く気にちょっとさせてくれた。そしてOptimisticLucioOptimisticLucio,nihonionihonio,Placeholder McDPlaceholder McD,AftokratorAftokrator,Deadly BreadDeadly Bread,及びCaliboldCaliboldは批評して改善してくれた。
    I'd like to note that, while the beginning and end are Evangelion references, and a few sections of this piece have other references in them, none of these are critical to the understanding of the piece nor are they the only jokes.
    最初と最後はエヴァンゲリヲンを参照し、この作品のいくつかのセクションはまた別の作品たちを参照しているが、この作品を理解するのにそのどれも必要不可欠という訳ではなく、またこの作品はそれらのジョークであるという訳でもない、ということは書いておこう。
    Also note: there arenumerous intentional quirks with the documentation. If you think I made a typo, or forgot formatting somewhere,do not edit the article without asking me first. I will let you know if it is intentional or not.
    またこれも記しておこう。文中に多数の変なものがあるがこれは意図したものである。もし私がタイポしたと思ったなら、フォーマットがミスっていると思ったなら、私にまず質問せずに記事を編集してはならない。君にそれが意図したものかそうではないのかを教えよう。
    If you like my stuff, please be sure to check out myauthorphage!
    もし私の作品を気に入ってくれたなら、私の著者ページをチェックすることを忘れないようにしてくれ給えよ!


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The pcysl's portal does not exist.


エラー: pcyslのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7974444 ( 17 Apr 2022 07:44 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License