SCP-5576 残る後悔はそれだけだ(原題: All That’s Left to Regret)

このページの批評は終了しました。

査読者の方へ

特に査読コメント数が0であり、かつ、査読文が1000文字以内または50行未満である場合、PMに送信していただけると助かります。

評価: 0+x

scp_trans.png

アイテム番号: SCP-5576 レベル5/5576
オブジェクトクラス: Euclid CLASSIFIED
機密指定

脅威レベル:

old-man.png

Fig. 1.1 SCP-5576, six days prior to containment.収容6日前のSCP-5576

Special Containment Procedures: SCP-5576 is currently housed in a standard humanoid containment chamber at Site-228. Special research conducted into SCP-5576 has been authorised and is currently under observation by Overwatch Command.
特別収容プロトコル: 現在、SCP-5576はサイト-228の標準人型収容室に保護されています。SCP-5576に対する特別研究が認可されており、現在監督司令部の観察下にあります。

Further information regarding SCP-5576 is restricted.
SCP-5576に関するさらなる情報は制限されています。

Description: SCP-5576 is Jonathan Möller, former director of Site-228. SCP-5576's anomalous properties manifest one minute following its death, wherein all matter located within a roughly three-metre radius experiences a temporal reversion of approximately two minutes. All objects and individuals within this area are affected, including SCP-5576, with the only known exception being its memory.
説明: SCP-5576は元サイト-228管理官ジョナサン・メラーです。SCP-5576の異常性質はその死の1分後に発現し、概ね半径3m以内に存在する全ての物質が約2分間の時間逆行を経験します。SCP-5576を含むこの領域内の全ての物体と人物が影響を受けます。既知の例外的存在はSCP-5576の記憶だけです。

Investigations into the mechanisms of SCP-5576's anomalous properties are ongoing.
SCP-5576の異常性質の作用機序に対する調査は進行中です。

Discovery: SCP-5576's anomalous properties were discovered in 2008, at the age of 96, 11 years after retirement, during a house fire. Based on surveillance footage, it passed away approximately 30 times due to smoke inhalation prior to the firefighters' arrival on the scene.
発見: SCP-5576の異常性質は、96歳となった退職後11年目の2008年当時に発生した住宅火災の最中に発見されました。監視カメラ映像によると、消防士が現場に到着するまでの間に、対象は煙によって窒息し約30回亡くなりました。

Following Foundation intervention, cover story A3549B ("Immolation") was embedded into local news media and amnestics were appropriately administered. SCP-5576's family was supplied with a suitable corpse and the object was detained for questioning and research.
財団の介入に続いて、カバーストーリーA3549B("焼死")が地元報道機関に流布され、記憶処理が適切に施行されました。SCP-5576の家族には適切な死体が提供され、オブジェクトは尋問と研究のために拘束されました。

Interviewee: SCP-5576
インタビュイー: SCP-5576

Interviewer: Dr Albert Cren
インタビュアー: アルバート・クレン博士


[ログ開始]


Dr Cren: Good afternoon, Jon.
クレン博士: こんばんは、ジョン。

SCP-5576: It's alright, you can call me by my skip ID, Al. I don't really mind.
SCP-5576: 構わん、俺をスキップIDで呼んでいいぞ、アル。俺は本当に気にしないから。

Dr Cren: It's the first time I'm doing this with a former mate, you know.
クレン博士: 知ってるだろうけれど元同僚とこういうことをするのは初めてでね。

SCP-5576: Ha. The first ten'll be weird, but you get used to it.
SCP-5576: ハッ、始めの10回ばかりは慣れないだろうが、いずれ慣れるものさ。

Dr Cren subtly smiles.
クレン博士は微笑む。

Dr Cren: Well, how are you, Jon?
クレン博士: さて、気分はどうなんだジョン?

Dr Cren and SCP-5576 speak in unison.
クレン博士とSCP-5576は同時に発言する。

Dr Cren: Just being?
クレン博士: あるがままに?

SCP-5576: Just being.
SCP-5576: あるがままに。

Both laugh.
両者共に笑う。

SCP-5576: Haha! You remember?
SCP-5576: ハハッ!覚えてるか?

Dr Cren: How could I not? I've only heard it every day!
クレン博士: 忘れるわけないだろ?毎日聞いてたんだからさ!

SCP-5576: Oh! I remember ol' Jem started saying it too. What a lad. He still working here?
SCP-5576: オゥ!オールド・ジェムもそう言い出したのを覚えてるぞ。なんてヤツだい。あいつはまだここに勤めてるのか?

Dr Cren: Oh no, unfortunately. Took an early retirement. Most of the old bunch 'ere miss him too, sometimes.
クレン博士: あー、いえ、残念だけれどもね。早期退職したよ。ここの古株のほとんども寂しがっているね、時々。

SCP-5576: Oh, what a shame. I don't think I'll forget him. But, on to some better news!
SCP-5576: おおう、残念。彼を忘れることはなさそうだ。だがよ、もっと良いニュースがあるんだろ!

Dr Cren: Oh?
クレン博士: えっ?

SCP-5576: Look at you bud! Got your SR promotion while I was gone, didn't cha'.
SCP-5576: お前のことだよ!俺がいない間に上研に昇進したんだろ。

Dr Cren: Huh? Oh, haha! Thanks, Jon.
クレン博士: は?あー、ハハッ!ありがとう、ジョン。

SCP-5576: I say, it ain't long before you become a director, 'specially since you even worked under me for a while.
SCP-5576: 管理官になるまでそう長くは掛からないって言っとこう。なんてったって俺の下でしばらく働けたわけだからな。

Dr Cren: Heh. Director, huh… I've never actually thought about that. I don't think I've aspired that far ahead in this career either, knowing it first hand.
クレン博士: へへっ。管理官ね。ふん…… 考えたこともなかったな。抜群のキャリアを目指したことなんてなかったけれども。管理官について身を以て知ってるからさ。

SCP-5576: Oh trust me, I don't think it'll be long 'till you get to that point. Not everyone becomes one either, so you gotta be proud of yourself, Al. And as a bonus, you're usually far away from the action. And you'll be sitting in the same seat as I did, back in the day. As long as they didn't replace it of course, which, when thinking about it, they probably did.
SCP-5576: おい、俺を信じろよ。その地位に届くまで長く掛かるとは思わんぜ。誰しもがなれるって訳じゃない。だから自分を誇っていいんだぜ、アル。さらにオマケとしてな、現場から普通は遠ざかれるんだ。そして俺があの当時に座ってたのと同じ席に座ることになるだろう。もちろん取り替えられてない限りは、だが、いや、考えてみると多分交換してるわ。

SCP-5576 exaggeratedly sighs and the two laugh together. Midway through SCP-5576 wheezes.
SCP-5576は大袈裟にため息をつき、2人は共に笑う。その途中SCP-5576は喘ぐ。

SCP-5576: Well, how old's Nina now? Twelve? Fifteen?
SCP-5576: さて、ニナは今何歳だ?12?15?

Dr Cren: She's eleven now. They grow up pretty darn fast, Jon.
クレン博士: 今は11歳。子どもの成長はほんと早いものだね、ジョン。

SCP-5576: I bet they do. I remember exactly what she was like, that lovable little rascal.
SCP-5576: わかるぜ。彼女をはっきり覚えているよ。愛らしい小さなわんぱく娘だった。

Dr Cren: Oh, she's still that alright. You won't know how much trouble she gets into with Kalli, though I don't always try to get on her side. Somebody's gotta defend the kids now, shouldn't they?
クレン博士: ああ、まだまだその通りだ。彼女がカリーとどれだけトラブったもんか知らないだろうが、彼女の味方に常になる気にはならなかったな。誰かしら子どもを守らなくちゃいけないってもんだろ?

SCP-5576: Of course, it's probably ain't nice for the kid, not that I'm an expert when it comes to the topic.
SCP-5576: その通りだ。子どもにとっちゃよくはないんだろうがね。俺はその手の話の専門家じゃないが。

Dr Cren: Well… heh, "fifteen?" You still suck when it comes to keeping track of time, now don't you? Deadlines always had a way of creeping up on you, didn't they? I remember I'd usually be the one picking up your slack.
クレン博士: ああ…… へっ、「15?」だって?時間経過を把握することにかけちゃまだまだ下手くそだなぁ?締め切りがいっつも背後からじりじり寄って来たもんだったなあ、そうだろ?いっつも私が緩みを指摘していたことを覚えてるよ。

SCP-5576: Oh jeez, thinking back, that's at least a decade now, ain't it? I can't thank you enough for every time you've helped me, Al. I was one forgetful ass.
SCP-5576: ああジーザス、考え直してくれ。もう少なくとも10年前のことじゃあないか。毎回助けてくれたことには感謝しきれないよ、アル。俺はめっちゃ忘れん坊なんだよ。

The two laugh, louder than previously.
2人は前回より大声で笑う。

Dr Cren: I couldn't just leave you hanging bud, well, at least you're  
クレン博士: 友を中途半端にゃしてらんなかっただけだよ、まあ、少なくともあなたは  

Dr Cren is told to cease their idle conversation and is reminded to continue with the interrogation.
クレン博士は雑談を止めるよう命じられ、尋問の継続を思い出させられる。

Dr Cren: Oh, um, SCP-557  
クレン博士: あー、うむ、SCP-557  

SCP-5576 interruptingly sighs and holds up its hand, as if to stop Dr Cren from speaking any further.
SCP-5576は遮るようにため息をつき、あたかもそれ以上クレン博士が話すのを止めるかのように手を挙げる。

SCP-5576: Let me guess now. They tell you to "cease your pleasantries," or something along those lines? Oh, I bet.
SCP-5576: 今のを推測するに、あいつらから「挨拶やめろ」とかそういう何かを言われたんだろ?賭けてもいいね。

Dr Cren averts his eyes to look away and stutters.
クレン博士は目を逸らして口籠りながら発言する。

Dr Cren: Let's… uh, let's continue, SCP-5576.
クレン博士: それでは…… うー、それでは続けましょう、SCP-5576。

SCP-5576 grins but does not make any remark.
SCP-5576は歯を見せて笑うが何も発言しない。

Dr Cren: Well, to start off: did you know of your anomalous properties before the incident?
クレン博士: では、始めに、事件以前に自身の異常性質について知っていましたか?

SCP-5576: It's the first time I've died, Al. I-It don't feel nice, but  
SCP-5576: あの時初めて死んだよ、アル。き、気持ちの良いもんじゃなかったが  

SCP-5576 coughs.
SCP-5576は咳き込む。

SCP-5576: To, ahem, continue, I've never knew about it. I could've been like this since… since I was a lad, honestly.
SCP-5576: つ、エヘン、づけよう、俺は決して知らなかった。こうなったのは多分あの…… 俺がガキだった頃からだ、正直に言うと。

Dr Cren: Hm, we  
クレン博士: ふむ、私たちは  

SCP-5576: You know, I've been with many anomalies during the time I was here. You could say, these properties may be a result of that, you know.
SCP-5576: お前も知る通り、俺はここに在籍していた間、多くのアノマリーと共に過ごしてきた。これらの性質はきっとその結果だとお前は言うかもしれないな、当たり前だが。

Dr Cren: You're right, we think so too. They're looking into all the objects you were in contact with during your days—well, years—here currently, and to see if there's any sort of connection between any of 'em acting to give you this ability.
クレン博士: その通りです。私たちもそう考えています。あなたがここで過ごした日々  いや、年月か  の間に接触した全てのオブジェクトを現在調査中ですし、この能力を付与するような振る舞いをしうるそれらとの間に、ある種の繋がりがあるかどうかを見ています。

SCP-5576: Yes, yes. Standard procedure, eh?
SCP-5576: はいはい。標準プロトコルだな、えぇ?

Dr Cren lightly chuckles at SCP-5576's remark.
SCP-5576の発言を受けてクレン博士は軽く含み笑いをする。

Dr Cren: Yep, the standard. You think there may be any other reason, though? Other than the one we just talked about.
クレン博士: ええ、標準ですね。とはいえ何か他に思い当たる理由はありますか?今丁度話したものの他に。

SCP-5576: Tough to say. Let's see… hm. I used to work with a lot of ontokinetic anomalies. Particularly reality-benders.
SCP-5576: 言いにくいな。そうだな…… ふむ。俺はかつて大量のオントキネティック異常群たちを扱っていた。特に現実改変者たちだ。

Dr Cren: You worked with reality benders?
クレン博士: 現実改変者たちを扱う仕事をしていた?

SCP-5576 pauses.
SCP-5576は躊躇する。

SCP-5576: Plenty of 'em, yeah.
SCP-5576: 極めて多くのをな、ああ。

Dr Cren: That's… odd.
クレン博士: それは…… おかしい。

SCP-5576: Something wrong?
SCP-5576: どうした?

Dr Cren: I'm not spotting any on this list.
クレン博士: このリスト上には何も見当たらないぞ。

Dr Cren hands SCP-5576 the files he was looking through.
クレン博士は目を通していたファイルをSCP-5576に手渡す。

SCP-5576: These… these are all the anomalies I've been involved in?
SCP-5576: こいつらは…… 全部俺が関わったアノマリーなんだな?

Dr Cren: Yep.
クレン博士: ああ。

SCP-5576: Oh… yeah. No one knows, do they?
SCP-5576: おぉ…… ああ。誰も知らないって訳だ、そうだろ?

Dr Cren: Hm?
クレン博士: ふむん?

SCP-5576: You know, I don't think I've ever told you this, or anyone else here at '228, but  
SCP-5576: 当たり前だが、このことをお前に話したことはかつてなかったと思う。いやここ228の誰にもだ、だが  

Dr Cren: You've worked at Site-17?
クレン博士: サイト-17で働いていたことがあるのか?

SCP-5576: What? How'd  
SCP-5576: なにっ。どうして  

Dr Cren: I read your personnel file right before this interview. I was… surprised, to say the least. Couldn't believe it, honestly. So it's real? Did you… really?
クレン博士: このインタビューの直前に職員ファイルを読んだよ。その…… 控えめに言って驚いた。正直信じられなかった。本当にそうなのか?あなたは…… 本当に?

SCP-5576 creases its eyes and rubs them.
SCP-5576は眉間にしわを寄せ、擦る。

SCP-5576: What'd you think of me, if I said yes, Albert?
SCP-5576: もしそうだと言ったらお前は俺をどう思うんだ、アルバート。

Dr Cren: Well, they're rumours, aren't they? I mean… I wouldn't see you in a different light, just because of that. You're still my mate… a friend.
クレン博士: ええと、噂は噂だとばかり。つまり…… 見方を変えることはない、と、理由としてはただそれだけ。あなたはまだ私の同僚で…… 友達だ。

SCP-5576 has a pained expression and wipes its eyes.
SCP-5576は痛々しい表情を浮かべ目を撫でる。

SCP-5576: Thanks, Al.
SCP-5576: ありがとう、アル。

SCP-5576 pauses.
SCP-5576は躊躇する。

SCP-5576: Most of 'em, they're unlisted.
SCP-5576: そのほとんどが、リストに載っていない

Dr Cren: They weren't registered? Why?
クレン博士: 登録されなかった?なぜ?

SCP-5576 does not respond. Dr Cren is silent for a moment.
SCP-5576は返答しない。クレン博士はしばらく沈黙する。

Dr Cren: But, that means…
クレン博士: しかし、それはつまり……

SCP-5576 weakly nods and looks down at its feet.
SCP-5576は弱々しく頷いて足元を見下ろす

SCP-5576: I was sent to '17 during my rookie years. I was an enthusiastic lad back then, you could say I was… determined. I didn't give up. Part of the reason why I tried to help everyone… put there.
SCP-5576: 新人の頃、俺は17に派遣された。俺はあん時は情熱的なガキだった。お前ならきっと俺を…… むきになっていると表現しただろう。俺は諦めなかった。そこに居た…… 皆を救けようとした理由の一部だ。

Pauses.

SCP-5576: All of 'em who got sent there, I wanted to help 'em all the best I could. Didn't do what everyone else did, couldn't bring myself to it. I was stubborn, for the most part.
SCP-5576: そこに送られてきた全員を、俺は全身全霊を尽くして彼らを救いたかった。俺には到底耐えられないような他の皆がしたことを、俺はしなかった。俺は意固地だった、ほとんどの点において。

Dr Cren: So you tried to help them? Well… of course you would, Jon. Yeah, you were always a nice guy.
クレン博士: それでは助けようとしていたんだね?その…… もちろんあなたならしただろうな、ジョン。ああ、あなたは常に優しい男だったから。

SCP-5576 looks down.
SCP-5576は目を伏せる。

SCP-5576: I tried my best, Al. I did everything I could, but… but, I gave up.
SCP-5576: 俺はベストを尽くしたんだ、アル。できる限りのことを全てしたんだ。だが…… だけれども、俺は諦めてしまった。

Pauses.

SCP-5576: I stopped caring after seeing it over and over, for years. I… I forgot to…
SCP-5576: 何度も何度も何年も惨状を見続けた挙句、俺は慈悲を見せるのを辞めたんだ。俺は…… 俺は忘れたんだ。

SCP-5576 looks back up, its lips quivering.
SCP-5576は視線を戻す。その唇は震えている。

SCP-5576: It haunts me, Albert. At first, I thought I could just push it away. I… before I retired, I got them to make me forget. I didn't want to think about it again, I just wanted to enjoy my time with the family I have left, without being cursed by… by those faces… those memories. It was a powerful dose. It worked… it did, but…
SCP-5576: 苦しいよ、アルバート。最初は、ただ忌まわしい過去を遠ざけられると思っていた。俺は…… 退職前に、忘れさせてもらったんだ。そのことを二度と考えたくなかった、残りの人生を家族とただ楽しみたかったんだ。呪われることなく…… あの顔たちに…… あの記憶に。強烈な薬だった。効果はあったんだ…… そうだったんだ、だが……

Its smile wavers.
その笑顔は震えている。

SCP-5576: But, you know, Al… recently, it's all been coming back to me. Just flooding my head with all of it. I guess even they couldn't keep those memories buried forever.
SCP-5576: だが、知ってるだろ、アル…… 最近、全てが俺の所に戻ってきたんだよ。頭ん中にその全部がどうしようもなく溢れ出した。永遠にあの記憶を埋もれさせたままにすることはできなかったんだろうと思う。

Pauses.

SCP-5576: I've sat in that seat, for hundreads — no, thuousands of times. More times than I could possibly remember. But to sit on this side of the table, it's new. Deep down, you could say I wanted this, Albert. I'm happy.
SCP-5576: 俺はあの席に座っていた、何百回も  いや、何千回もだ。覚えられないほどの回数だ。だが、テーブルのこちら側に座ってみると新鮮だな。心の底の方では、俺がこうなりたかったとお前は言えるだろうな、アルバート。俺は幸せだよ。

Dr Cren: But… why, Jon?
クレン博士: でも…… なぜなんだ、ジョン?

Dr Cren stutters.
クレン博士は口籠る。

Dr Cren: It's… it's alright, I know you never wanted to do any of that. If you'd like, I'm pretty sure the infirmary can give you another dose.
クレン博士: だ、大丈夫。決してそのようなことをしたかった訳ではないって私はわかってるから。もし欲しいなら、間違いなく医務室にお薬を処方してもらえるから。

SCP-5576 coughs, smiling slightly.
SCP-5576は咳き込み、微かに笑みを浮かべる。

SCP-5576: No, Al, that's okay. If this is someone cursing me, I accept it. I don't spite them back. And in all honesty, it simply wouldn't be fair for me to live a happy, normal life with everything I've done.
SCP-5576: いいや、アル、それでいいんだ。これが誰かが俺を呪ってのことなら、俺は受け入れるよ。仕返しはしない。そして本当に正直に言うと、俺が幸せな、普通の生活を暮らすのは、俺の仕出かしたこと全てに対してシンプルにフェアじゃないんだろう。


[ログ終了]



Update (03/01/2022): As of January, 3rd 2022, SCP-5576 is 111 years old. Due to its age and associated health conditions,1 SCP-5576 has begun experiencing a terminal loop upon its bed, with the entity's death occurring an average of 45-50 times a day.
更新(2022/01/03): 2022年1月3日時点で、SCP-5576は111歳です。その年齢と健康状態2のために、SCP-5576はベッド上にて一日平均45~50回発生する、実体の死を伴う末期的ループを経験し始めました。

Transfer to Site-17 for further research is pending.
さらなる研究のためのサイト-17への移送は保留中です。


評価: 0+x


_cc _licensebox alive co-authored deepwell-catalog euclid humanoid reanimation rewrite sapient scp sentient temporal
en scp euclid 深淵目録 生命 共著 人間型 蘇生 知性 自我 時間



ページ情報

執筆者: pcysl
文字数: 23344
リビジョン数: 21
批評コメント: 2

最終更新: 30 Sep 2022 13:19
最終コメント: 01 Sep 2022 15:20 by pcysl


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The pcysl's portal does not exist.


エラー: pcyslのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7974444 ( 17 Apr 2022 07:44 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License