SCP-5097

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: 5097

オブジェクトクラス: Uncontained

Threat Level: Green
脅威レベル:

Special Containment Procedures: In the event SCP-5097 returns to existancereality, it is to be severely reprimanded and placed in a humanoid containment cell.
特別収容プロトコル: SCP-5097の存在が復活現実に帰還した場合、SCP-5097は厳しく叱責され、標準人型オブジェクト収容セルに収容されることになっています。

The note SCP-5097 left behind is currently held in an Anomalous Items locker.
SCP-5097が残したメモはアノマラスアイテム保管ロッカーに保管されています。

Description: SCP-5097 is Senior Researcher Kassidy Kara, a former member of the Site-17 Extra-RealisticsUnreality Department1. On 4/8/2020, Dr. Kara removed themself from baseline reality and temporally ceased existing.
説明: SCP-5097は、以前サイト-17余剰現実部門に勤務していたカシディ・カラ上級研究員2でした。カラ上級研究員博士は2020年4月8日に自発的に物理的空間から消失しました基底現実から自身を除外し、この時間に存在することを辞めました

Discovery Log: SCP-5097 was discovered after Foundation .aic units detected a sudden loss of data associated with Dr. Kara3 at 9:58 PM on 4/9/2020. At the same time, several personnel acquainted with Dr. Kara had noticed their lack of activity around the Site, and could neither access past e-mails with Dr. Kara nor send them new ones.
発見経緯: SCP-5097は、2020年4月9日午後9時58分に財団の.aicユニットがカラ上級研究員博士に関連するデータの消失4を検出した後に発見されました。それと同時に、カラ上級研究員博士と関わりがある数人の職員が、彼女博士がサイト周辺で活動していないことや、SCiPnet電子メールについて過去のものにアクセスできず、また新規送信できなくなったことを報告しています。

An investigation was launched, revealing their private quarters contained only a handwritten note on their desk (see Addendum). Whom it was addressed to is unknown.
調査で、カラ上級研究員博士の私室に手書きのメモ(補遺を参照)を除いて完全に空っぽだったことがのみが残されていたと調査により判明しています。メモが誰に向けて書かれたものかは判明していません。

Automated extranormal detection programs deployed by Site Command were able to recognize several residual olf5 fluctuations that had occurred within Dr. Kara's quarters. From the readings, a timeline of these fluctuations was established, revealing Dr. Kara had separated themself from baseline reality on 4/8/2020, at approximately 4:25 AM.
サイト司令部によって展開された自動異常検知プログラムは、カラ上級研究員博士の自室での残留olf値6劇的な変動を数回検知しました。計測された値から変動の時系列が確立され、カラ上級研究員博士が2020年4月8日の午前4時25分存在することを停止基底現実から自身を隔離したことが判明しています。

Dr. Kara was designated as SCP-5097 on 4/10/2020, and its containment procedures were officialized shortly after.
カラ上級研究員博士は2020年4月10日にSCP-5097に指定され、その後即座に収容プロトコルが公表されました。

Addendum: The note left by SCP-5097.
補遺: SCP-5097が残したメモ

Sorry, but I really just didn't feel like coming into work today.
申し訳ありません、私は今日仕事をしようという意志を全く感じ無かったのですどうしても今日は出勤する気になれなかっただけなのです


en scp esoteric-class 深淵目録 外部エントロピー 財団製 人間型 時空間 未収容



ページ情報

執筆者: pcysl
文字数: 4612
リビジョン数: 21
批評コメント: 3

最終更新: 31 Aug 2022 00:10
最終コメント: 19 Aug 2022 13:19 by VideoGameMonkeyMONO


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The pcysl's portal does not exist.


エラー: pcyslのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7974444 ( 17 Apr 2022 07:44 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License