SCP-XXXX-JP 船殺す釣果

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの特別収容プロトコルはその性質上、オブジェクトの隠匿に重点が置かれます。██町外でSCP-XXXX-JPが観測された場合、警戒レベルを引き上げてください。オブジェクトが発見された場合 、過去の事例を参照し適当な物品を与え、目撃者に記憶処理を行ってください。

説明: SCP-XXXX-JPは直径15m程度と推測される円盤型未確認飛行物体です。オブジェクトは実体を伴わず、肉眼以外での観測が不可能な一方、複数の観測手段で霊子が見られないことから、霊体では無いと考えられています。オブジェクトは██県██市██町に定期的に出現し、後述の「引っかけイベント」と呼称される行動をとった後消失します。

SCP-XXXX-JPは出現時、中央部から直径2mm程度のワイヤーを垂直に垂らします。ワイヤーには5cm程度の先端が滑らかなフック(以後SCP-XXXX-JP-1)が結び付けられており、これは当オブジェクトの唯一接触可能な部位です。ワイヤーの降下はSCP-XXXX-JP-1が地表に接触した際に停止し、SCP-XXXX-JP-1は何かしらの物品を釣った時点でSCP-XXXX-JP内部に回収されます。ワイヤー射出から回収までの一連の流れを「引っかけイベント」と呼称し、これがオブジェクトの消失条件であることから、SCP-XXXX-JPの特別収容プロトコルは積極的な「引っかけイベント」の終了を目的とします。SCP-XXXX-JP-1に釣られた物品を取り外す試みは現状成功しておらず、SCP-XXXX-JP消失後のオブジェクト及び回収物品の行方は不明です。

SCP-XXXX-JPは2003年に初めて財団が確認してから382件の「引っかけイベント」を引き起こしています。

SCP-XXXX-JP回収物品記録

食料品236件
衣類53件
家具類12件
野生生物7件
その他73件
D-XXXX

事件XXXX-JP

2004年5月2日、SCP-XXXX-JPは██町北部の██山麓に出現し、「引っかけイベント」を起こしました。この際SCP-XXXX-JP-1が廃棄された採石場の穴に接触し、一帯の地盤が丸ごと回収される事態となりました。これにより回収された物品の総量は約1.7万m³程度と推計されています。また、この「引っかけイベント」を要因として大規模な地すべりが発生し、事後調査で内部から破裂した痕跡のあるSCP-XXXX-JP、斎藤友香氏(当時8歳)の入った楽器ケース、及び大きく損傷したD-XXXXの遺体が発見されました。この楽器ケースにはD-XXXXの構成物が多量付着していました。斎藤氏は財団がSCP-XXXX-JPを発見する1週間前に行方不明届けが出されていました。

当事件後、SCP-XXXX-JPはその機能を喪失したと判断され、オブジェクトクラスがNeautralizedに変更されました。オブジェクトの残骸の調査が引き続き行われます。

付与予定タグ: scp neautralized


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The LRRF's portal does not exist.


エラー: LRRFのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7954672 ( 05 Apr 2022 23:28 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License