SCP-XXXX-JP 勇者の剣

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8137の高価値物品保管ロッカーにて保管されます。SCP-XXXX-JPへの接触にはセキュリティクリアランスレベル3以上の職員の承認が必要です。また、保管ロッカーは武装した警備員4名によって常時監視されます。無許可のアクセスを試みた職員は即座に終了して下さい。現在SCP-XXXX-JPを用いた実験は停止されています。

説明: SCP-XXXX-JPは刀身70cm、刃渡り5cmの両刃の長剣です。実体は異常性の無い鉄製であるにも関わらず、同一の材料で作成された物と比較して高い切断力と物理的耐性を有しています。

SCP-XXXX-JPは当該実体を所持、或いは身に付けた人間(以下、対象と記載)及び対象の周囲の人間の認識に複数の段階を経た変化を発生させます。

初期段階: 対象の自己肯定感が増加し、窃盗、住居や公共施設への不法侵入、及びSCP-XXXX-JPを用いた器物への破壊行為に対する罪悪感や抵抗感の減少が表れます。これによって対象は上記の行為を積極的に行うようになりますが、SCP-XXXX-JPの刀身を視認した人間(以下、観察者と記載)は対象の行動に違和感を抱かず、結果上記の行為を容認します。

第二段階: 対象がSCP-XXXX-JPを所有してから一定の期間が経過した場合、観察者達への精神影響は減衰し始め、対象及び対象の行為を正常に認識する事が可能になります。また、この段階の対象には自己への過剰な自信、及びそれに伴う自身への批判に対する強い反発、他者への高圧的な振る舞いが表れます。

最終段階: 対象が死亡、或いは重傷を負った場合、SCP-XXXX-JPによる精神影響は消失し、観察者達は自身の行動を正常に認識する事が可能になります。その後、第二段階に移行しなかった観察者の元にSCP-XXXX-JPが転移し、新たな対象に変化します。

上記の変化は初期段階のみ対象がSCP-XXXX-JPを手放す事で解除可能です。しかし、第二段階以降の対象の精神影響は不可逆的であり、治療方法は現在発見されていません。また、SCP-XXXX-JPがもたらす精神影響は転移を行う毎に強まり、転移後の対象が抱く奉仕活動への欲求及び第二段階の際に影響を受ける観察者数の増加が発生します。

SCP-XXXX-JPは神奈川県██市にて発生した大量殺人事件の調査中に発見されました。この事件の実行犯であり、当時のSCP-XXXX-JPの所有者だった山瀬 公三郎氏の証言から、当該実体は山瀬氏の友人であった川中 章造氏が骨董品店から購入した物である事が判明しています。

補遺 事案XXXX-JP: 201█/9/23、東京都豊島区で開催された「池袋████コスプレフェス」にて、SCP-XXXX-JPと同一の外見及び異常性を持つ模造刀が非番中のエージェントに発見され、即時確保されました。以下はその後行われた所有者へのインタビュー記録の抜粋です。

対象: 川島 拓郎氏

インタビュアー: エージェント・早坂

<録音開始>

[重要度が低い内容のため、省略。]

インタビュアー: それでは、これから幾つかの質問を行います。

対象: うん、よろしく。

インタビュアー: 貴方は何処であの剣を購入したのですか?

対象: あぁ、あれ?[笑い声]あれは俺が自分で作ったんだよ。

インタビュアー: 作った…?どのようにして製作したのですか?

対象: どのようにって…。別に普通だよ。動画とかネットなんかに載ってた作り方を見ながら、それに従って作っただけだよ。

インタビュアー: …そうですか。

対象: まあデザインは自分で考えたんだけどさ。なかなかカッコ良く出来てるでしょ?

インタビュアー: …ええ、まあ。…そのデザインを考える際に何か参考にした物などはありますか?

対象: そうだなぁ。…最近プレイしてる███████っていうゲームに出てくる武器がカッコよくてさぁ、それを参考にはしたかな。勿論色々なアレンジは加えたけどね。

インタビュアー: …わかりました。ありがとうございます。

<録音終了>

付記: その後の調査の結果、対象が閲覧したインターネット上の動画及びサイトに異常性は検出されず、対象と要注意団体との繋がりも確認されなかったため、SCP-XXXX-JP-Aの製作は偶発的に行われた事が判明しました。発見当時対象は当該物品の異常性を把握しておらず、これ以上の勾留は無意味であると判断されたため、記憶処理を行った後に解放しました。

上記の事案を受け、類似する実体の捜索が行われた結果、SCP-XXXX-JPと同様の異常性を持つ模造刀が日本各地で合計██本発見されました。また、後に行われた実験の結果、外観1に一定以上SCP-XXXX-JPとの共通点及び類似点を持つ模造刀(以下、SCP-XXXX-JP-Aと記載)を製作した場合、その材質を問わずSCP-XXXX-JPと同一の異常性を獲得する事が判明しました。SCP-XXXX-JPの外見のデザイン性の高さ、及び一般的に「ファンタジー物」に分類される創作物に登場する武器との類似点の多さを原因としたSCP-XXXX-JP-A実例が偶発的に製作される可能性の高さから、現在オブジェクトクラスの再分類が議論されています。

付与予定タグ: euclid 精神影響 jp scp 武器 道具 金属


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The katata's portal does not exist.


エラー: katataのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7948071 (28 Mar 2022 06:29)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License