SCP-XXX-JP「行く末」

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在収容できていません。民間人がSCP-XXX-JPを目撃した場合、Bクラス記憶処理を施行してください。

説明: SCP-XXX-JPは過去に親しい人物を失った人間(Homo sapiens)の近く、特に家などのドアの先にランダムに繋がる異常です。SCP-XXX-JPの扉を開けると、時間や場所を無視し、「天国」と表現される花畑(以下SCP-XXX-JP-1と呼称)へ繋がります。SCP-XXX-JPに咲く花は入る人間によって変わります。
以下は入った人間の特徴と咲いていた花の種類、その花言葉です。


花畑には入った人間の''大切な存在''がいますが(以下、SCP-XXX-JP-2と呼称)、球体のため(一般的に考えられている''魂''の姿)、視覚はありません。しかし、声帯が確認されていないにも関わらず生前に話していた言語を話し、声を聞き取る事ができます。SCP-XXX-JP-2は話している相手が誰か認識できませんが、、断片的な記憶や自らの人生、死因などは覚えているようです。SCP-XXX-JP内で自分の名前を発声すると2秒〜20秒で心臓が止まり、死体はSCP-XXX-JPの地面に吸収されます。ただし、他人が自分の名前を呼ぶ場合は反応は起きません。
下記はD-8197によるSCP-XXX-JP内の調査記録です。

調査記録XXXX - 日付20██/██/██

対象:SCP-XXX-JP
実施方法:4年前に父親を亡くしたDクラス職員による探索
<録音開始>

███博士: では、あなたの手前にあるドアに入ってください。

D-8197: はいはい。分かりましたよっと。うわ、聞いてたけどやばいな……綺麗…天国みたいだ。

███博士: 花畑がありますね?何の花が咲いているか渡した図鑑で調べてください。

D-8197: えっと……サルビアっぽい赤い花と、バーベナが咲いてる。

███博士: それは何色ですか?

D-8197: 桃色。なんで色なんで聞くんだ?

███博士: こちらの事情です。引き続き探索を進めてください。

D-8197:はあ。

███博士:何か見つかりましたか?

D-8197:んーと、川があるみたいだ。水の音は聞こえるけどどこにあるか分からない。

███博士:そうですか。万が一それを見つけても入らないようにしてくださいね。

D-8197:もちろんそうするさ。あ、なんか黄色くて浮いてるものがある……光ってるな。

███博士:接近してみてください。おそらく非攻撃的です。

D-8197: 嫌だな………化け物だったらすかさず逃げる、悪しからず。

███博士: 逃げてもいいですが、交戦はしないように。

D-8197: 化け物と殴り合いなんかするかよ。まぁ腕は無さそうだが。

SCP-XXX-JP-2: やあ、前が見えないんだけど。声だけ聞こえるようだ。

D-8197: え、あ…こ、こんにちは。どうしたんですか?

SCP-XXX-JP-2: 首吊って気がついたらここにいて。ここはいい所だけどもう橋を渡りたいと思って。

D-8197: 橋?そんなものあるんですか?

SCP-XXX-JP-2: 目は見えないんだけど、どこの方向にあるかは分かるんだ。

D-8197: あ、じゃあ一緒に行きましょうよ。

SCP-XXX-JP-2: そうだね。じゃあ行こうか。

D-8197: あの……さっきから辛そうですけど大丈夫ですか?

SCP-XXX-JP-2: いや、気にしないでくれ。残してきた息子が気がかりなだけなんだ。

D-8197: そうなんですね………

SCP-XXX-JP-2: 君は死んだのかい?多分ここは天国だから。

D-8197: いや……あ、そうです!

SCP-XXX-JP-2: 災難だねぇ。君は若そうなのに。

D-8197: いやいや、そんな事もないですよ。あの、もしよければ息子さんの事を教えてもらっても…?

SCP-XXX-JP-2: 私はねぇ。私の父親が遺したものと、私の息子がそれを立て直そうとしてくれてできた借金に追われてたんだ。それで、優しい息子の元に借金取りが行っていたみたいで。本当に辛そうだったんだ。それで、私には保険金がかけられていたからね。首を吊ったんだ。███1が幸せになれるなら本望なんだけど。彼が幸せかどうか、気がかりなんだよ。

D-8197: そんな事があったんですね…。きっと彼は幸せだと思いますよ。

SCP-XXX-JP-2: はは、そうだといいな。

D-8197: あ、着きました!木の船がありますね、乗りますか?

SCP-XXX-JP-2: ああ、そうしよう。君はのるかい?

D-8197: あ、僕はいいや。

[船が動く音]

D-8197: …………さよなら、父さん。

SCP-XXX-JP-2: え?███か!?おい!

D-8197: ……ごめんなさい。ありがとう。

SCP-XXX-JP-2: ███!███!

D-8197: また、絶対に会いましょう。父さん。僕は地獄行きだと思うから、まだ長くかかるけど。

SCP-XXX-JP-2: ███!返事をしてくれ!

D-8197: ………………。

███博士: さて。D-8197、元いたドアの場所まで行ってください。

D-8197: ………ああ。

[D-8197が歩く音]

[ドアが開く音]

[録音終了]


終了報告書: SCP-XXX-JP内調査後、D-8197のバイタリティが著しく喪失したため、クラスB記憶処理を実施しました。D-8197は脱走を目論み、実行したため終了処分を決定しました。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Cocolate's portal does not exist.


エラー: Cocolateのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7923631 (09 Mar 2022 00:58)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License