【Qコン】Tale-JP Last Dinner?

現在このページの批評は中断しています。

評価: 0+x
blank.png
3288A18D-C62D-406B-8B29-ABC133032018.jpeg



「お〜い、こっちにも注文頼む」
「はいただ今〜」


家族連れ、カップル、大学生グループ。
その日もレストランは多くの客で賑わっていた。


ナイフ・フォークを動かす音。
コーヒーを啜る音。
世間話、笑い声。



いつも変わらない、日常風景。






1件のメールが全世界に届けられた。


1日目。


前日までの賑わいは無くなり、一部の客と店員がひっそりと過ごしていた。


……と言っても、彼らは故郷で死を望む者、避難する手段がない者、もしくは生存を諦めた者。

食堂から最も近い都市は、瞬く間にライフラインが切断され(未完)




食堂のテレビは、相変わらず正常社会の崩壊を速報で流していた。


「ちとわしの耳には耐え難いのう……」

Warrenウォーレンは顔をしかめながら、備え付けテレビの音量を下げた。

「安心しろウォーレン、あの警告音は儂の耳もかなり堪えとる。……しかし、何十年もこの食堂に来とるが、こんな事は初めてじゃのう。これでゆっくり飯が食えるわい。」

Frederickフレデリック、お主は何を言うておるのじゃ、今世界中の異常現象で、客も店員もとっくに避難しておるわ!」

「まぁまぁ、そんなに声を荒らげるなPatパット、お前さんが病を流行らせても、こんなに人が逃げ惑う事はなかろう?」

「貴様が言うか!大体お前も  

「ええい、黙らんか!何十年同じ話を繰り返すつもりじゃ!やっとこの忌々しい日々から抜け出せそうだというのに!」

「そういうDwightドワイトだって、少しはここが名残り惜しかろう?」

「ウォーレン、何をボーッと生きておる!お前の失敗を挽回するチャンスではないのか!」

「おぉドワイト、あんたとはずっと昔から馬が合わないのう。あんたとは違って、わしは勇ましく血を流すというのに……」

「おぉウォーレン、爆弾を終焉と見間違えた間抜けには良くお似合いの台詞じゃないか!あの時お前が……」


「パット、ちょいとテレビを見るが良い。はっはっはっ、あんなウイルスをお前さんも流行らせれればのう。少なくとも肉には困らんだろうな、はっはっはっ……」

「やはり口だけは達者だな、フレデリック。……おい、あれを見ろ。大量の卵じゃないか。卵があれ程あれば、食糧危機は防げるだろうなぁ。」

「フレデリック、パット、何つまらない争いをしておる!」

「あんたもしていたじゃろうに……」

「ウォーレン!それにフレデリック、パット!もうこんな生活は終わりだ!私達の出番がやっと来たのだぞ!生きた心地のしない、チープな口論なぞ懲り懲りだ!」

「まぁまぁ落ち着け、今は情報を知る事が大切じゃ。……おい、今速報で流れた暗殺者、中々の好青年じゃないか?名は……ちと老眼で見えんかったが、ウェイトレスの金髪嬢ちゃんと良いカップルになりそうじゃないか?」

「ウォーレン、あの嬢ちゃんを本当にウェイトレスだと思っておるのか?わしですらアイツが何を企んでおるのか分かっておったぞ?」

「儂も。」

「何を馬鹿な事言っておる、アイツがわしらを監視しとった事くらい分かっておるわ。……まぁ良いじゃないか、所詮彼らはただの人間。わしらに敵うはずが無かろう。事実、今彼らは同族同士で殺し合いをしとる。」

「やっとお前の仕事だな、ウォーレン。」

「ドワイト、あんたも忙しくなるぞ?」



老人達はテレビの電源を消した。




「なあウォーレン、それ全部食べ切れるのかのう?」


「久々の仕事じゃ。今日ばかりは食べすぎないようにするかのう。」


「最期にスープだけ飲み干させてくれ。」


「もうここのコーヒーが飲めないのは、やはり寂しいものだな……」






「流石に待ちくたびれたわい……」


老人達は、食堂のドアを開けた。


高速道路沿いの景色は一変し、目に見える範囲は全て荒らされていた。


「やれやれ、やっと一仕事出来るな。」




「おぉそうじゃ、最期の土産にパリに行くのはどうじゃろう。ぬいぐるみが街を覆う様子は、あんな小さいテレビで見るより幾らか迫力があると思うぞ。」

「儂等は観光をしにこの場所に降り立った訳では無いぞ!」

「ハッハッハッ、確かにそうじゃな。」



老人達は歩き出した。


ひび割れた高速道路の、ずっとずっと向こう。


白、赤、黒、青白。


4頭の馬は、その目で、来たる厄災をしっかりと見据えていた。






付与予定タグ: jp tale


tag1 tag2 tag3 …..



ページ情報

執筆者: Matcha tiramisu
文字数: 4253
リビジョン数: 59
批評コメント: 5

最終更新: 07 Sep 2022 16:00
最終コメント: 21 Aug 2022 09:00 by Matcha tiramisu

    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Matcha tiramisu's portal does not exist.


エラー: Matcha tiramisuのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7878326 ( 11 Feb 2022 08:23 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License