処分場 投稿済み

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

  

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの存在する洞窟の周囲2kmを収容区域とし、カバーストーリー「環境保護」を理由として一般人の立ち入りを制限してください。侵入者が現れた際は拘束及び尋問を行いAクラス記憶処理をして開放してください。SCP-XXX-JP内部に立ち入る際はレベル4職員2名の許可が必要です。SCP-XXX-JP-Aが存在する空間には最低でも2台以上の監視カメラが起動している必要があり、SCP-XXX-JPイベントの監視を行う必要があります。
SCP-XXX-JPイベントの際発生したSCP-XXX-JP-C-2は全て回収し、異常性が見られたものは別のアノマリーとして扱い特別収容プロトコルを作成してください。それ以外のSCP-XXX-JP-C-2はSCP-XXX-JP-C-2分類ファイルを参照し処理を行ってください。SCP-XXX-JPイベント中、全ての職員は収容区域内から退避してください。
万が一SCP-XXX-JP-Bが収容区域から出るようであればサイト管理者に連絡し可能な限りの重火器を用いて破壊もしくは撃退を行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは███共和国の██████に位置する洞窟内に存在する異常施設とそれらに付随する異常物品の総称です。SCP-XXX-JP-A-1が存在する洞窟最深部にアクセスするためには洞窟内をおよそ1kmほど奥に進む必要があり、その際未知の言語で記入された文字が複数ありいずれも外見上は同一の文に思えます。また後述するSCP-XXX-JP-A-3とされる非常に高性能な監視カメラと思われる異常物品も確認されています。SCP-XXX-JPの調査はSCP-XXX-JP-Bとされる実体により難航しておりSCP-XXX-JP-A郡の具体的な性質が分かっていない事に留意してください。
SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JPを構成する異常施設及び異常物品の総称です。
  
SCP-XXX-JP-A-1は洞窟最深部に存在する推定高さ10m、横幅5m、縦幅2mの巨大な石製の扉でありSCP-XXX-JPイベントの際以外は開くことはありません。SCP-XXX-JP-A-1は未知の場所へ繋がると考えられているポータルです。SCP-XXX-JP-A-1をくぐり抜けようとする試みは全て失敗に終わっておりSCP-XXX-JP-A-1の先がどのようになっているのかは不明です。
また該当実体はSCP-XXX-JP-Bとされる実体により警備されているため観察以外の実験を行えていないため他の異常性があるのかは不明です。
  
SCP-XXX-JP-A-2は洞窟最深部の四隅に設置されている直径3m高さ5mの円柱状の装置です。内部にはスクラントン現実錨及びシャンク-アナスタサコス恒常時間溝と同一の機能を有する装置が組み込まれています。
  
SCP-XXX-JP-A-3はSCP-XXX-JP-A-1にアクセスするための洞窟内に複数配置されている監視カメラと思われる異常物品です。SCP-XXX-JP-A-2はあらゆる物を写し出すことが可能です。霊体・非実体・反ミーム・異常ミームなどの通常の映像記録装置では撮影が困難な物を、異常性を除去した上で映像として記録することが可能です。現在研究チームにより該当実体の解析及び開発が行われています。
  
SCP-XXX-JP-4はSCP-XXX-JP-A-1を囲むように4機設置されている防衛用と思われる超常兵器です。SCP-XXX-JP-A郡に対し損傷を与えようとする、持ち去ろうとするもしくはSCP-XXX-JP-Bが敵対対象と見なすのいずれかの内一つが満たされる事により活性化し先述の行為を行った人物に対し攻撃を行います。SCP-XXX-JP-A-4は[削除済み]と同じ仕組みであると考えられています。
  
SCP-XXX-JP-B-は体長1.5mの人型アンドロイドです。SCP-XXX-JP-Bは最高時速60km/h、推定30万Nと非常に俊敏かつ強力な腕力を有しており戦闘能力に長けた性能をしています。また外部からのエネルギー補給が行われていないにも関わらず、収容開始時から██年経った現在も稼働し続けています。SCP-XXX-JP-Bは未知の銃とカーボンファイバー製のナイフを装備しています。SCP-XXX-JP-Bは通常XXX-JP-A-1の防衛のみ行っています。SCP-XXX-JP-A郡もしくはSCP-XXX-JP-C-1に接近しようとすることで接近してきた人物に対し攻撃を行います。

SCP-XXX-JP-A郡及びSCP-XXX-JP-B郡は回収されたもの全てが潜在的異常活性化率10.00%を示していました。現在財団が確認できている潜在的異常活性化率がもっとも低いものでも0.05%であり故ジェイク博士により提唱された潜在的異常活性化理論によればどの物品あるいは生命も潜在的異常活性化率0.03%を下回ることが無いと考えられいます。この説は現在超常学会で広く支持されています。そのため潜在的異常活性化率が0.00%であるのは異常であると考えられます。
  
SCP-XXX-JPイベントはおよそ一ヶ月に一回の頻度で行われています。SCP-XXX-JP-Aイベント中に洞窟最深部に接近するとSCP-XXX-JP-B-1から激しい攻撃を受けるため、SCP-XXX-JPイベント中に洞窟最深部に向かうことは不可能です。以下はSCP-XXX-JPイベントの内容です。

1. SCP-XXX-JP-A-1が開き防護服を着用した体長1.5〜1.7mの人型実体(以下SCP-XXX-JP-C-1と呼称)が5〜7名出現する。
  
2. SCP-XXX-JP-C-1がSCP-XXX-JP-A郡及びSCP-XXX-JP-B郡のメンテナンスと思われる行為を行う。
  
3. 複数体のSCP-XXX-JP-Bが6m×6m×6mの箱を持った状態でSCP-XXX-JP-A-1から出現する。この際出現するSCP-XXX-JP-Bの数はイベントごとに異なる。

4. SCP-XXX-JP-Bが収容区域内のランダムな地点に箱を破棄する。箱の内部には様々な物品、死亡済みの生命体が詰め込まれている。この箱に収められていた物品をSCP-XXX-JP-C-2と呼称。特筆すべき点としてこれまで回収されたSCP-XXX-JP-C-2群は全て潜在的異常活性化率が0.01%以上です。極稀に異常性を持つ物品が確認されています。
5. SCP-XXX-JP-C-1及びSCP-XXX-JP-A-1から出現したSCP-XXX-JP-BがSCP-XXX-JP-A-1に戻りSCP-XXX-JP-A-1が閉じる。
  
6. SCP-XXX-JPイベントが終了する。
  
以下はSCP-XXX-JP-A-1にアクセスする洞窟内に記されている文字の写しです。現在この文の解読が行われています。

ケイコク
ケガワラシキモノタチヨ
コレイジョウチカズクナ
イノチハナイ

追記: 2022年4月30日に発生したSCP-XXX-JPイベントにて現行人類(Homo sapiens)と同一の遺伝子配列を持つSCP-XXX-JP-C-2 が出現しました。該当実体は既に死亡済みでしたが一枚のメモを所持していました。メモの裏には財団のマークが描かれていました。
以下は該当実体が所持していたメモの写しです。

キズケキミタチハリヨウサレテイル

イジョウソンザイニナリカケノケガワラシキモノタチヨ
ココハワレラガツクッタイツワリノハコニワデアル
ジンルイノタメコノハコニワカラデルコトハユルサヌ
セイナルモンニチカズキワレラノセカイヲオビヤカスナ

付与予定タグ: SCP JP 人工 国外収容


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The bdpq's portal does not exist.


エラー: bdpqのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7856033 (24 Jan 2022 12:28)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License