SCP-XXX-JP - 素成装置(第3稿、更新11/8)

現在このページは批評中です。

評価: 0+x
blank.png
:root {
    --timeScale: 1;
    --timeDelay: 0s;
}
 
/* Converting middle divider from box-shadow to ::before pseudo-element */
.anom-bar > .bottom-box { box-shadow: none!important; }
.anom-bar > .bottom-box::before {
    position: absolute;
    content: " ";
    width: 100%;
    height: 0.5rem;
    background-color: rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12));
    transform: translateY(-0.74rem);
}
 
/* DIVIDER */
.anom-bar > .bottom-box::before {
    animation-name: divider;
    animation-duration: calc(0.74s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/* CLASSIFIED LEVEL BARS */
div.top-center-box  > * {
    animation-name: bar;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.32s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.45s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.61s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.95s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
/* TOP TEXT */
div.top-left-box, div.top-right-box {
    clip-path: polygon( 0% -50%, 150% -50%, 150% 100%, 0% 100%);
}
 
div.top-left-box > *, div.top-right-box > * {
    position: relative;
    animation-name: bottomup;
    animation-duration: calc(0.65s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* CONTAINMENT, DISRUPTION, RISK CLASSES */
div.text-part > * {
    clip-path: polygon( 0% 0%, 100% 0%, 100% 100%, 0% 100%);
    animation-name: expand2;
    animation-duration: calc(0.5s * var(--timeScale));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.text-part > :nth-child(1) {
    animation-name: expand1;
}
div.text-part > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
div.text-part > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.86s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
div.main-class::before, div.main-class::after {
    animation-name: iconslide;
    animation-duration: calc(0.45s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.8s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 /* BOTTOM TEXT */
div.main-class > *,  div.disrupt-class > *, div.risk-class > * {
    white-space: nowrap;
    animation-name: flowIn;
    animation-duration: calc(0.42s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.75s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: ease-out;
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
/*-----------------------------------*/
/*-----------------------------------*/
 
/* DIAMOND */
div.arrows {
    animation-name: arrowspin;
    animation-duration: calc(0.7s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.quadrants > * {
    animation-name: fade;
    animation-duration: calc(0.3s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
 
div.top-icon, div.right-icon, div.left-icon, div.bottom-icon {
    animation-name: nodegrow;
    animation-duration: calc(0.4s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(1.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.12,.41,.27,.99);
    animation-fill-mode: backwards;
}
div.diamond-part {
    clip-path: polygon( -10% 0.37%, 120% 0.37%, 120% 100%, -10% 100%);
    animation-name: diamondBorder;
    animation-duration: calc(0.8s * var(--timeScale));
    animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay));
    animation-iteration-count: 1;
    animation-timing-function: cubic-bezier(.32,.38,.39,.94);
    animation-fill-mode: backwards;
    will-change: box-shadow;
}
 
/* MOBILE QUERY */
@media (max-width: 480px ) {
    .anom-bar > .bottom-box::before {
        display:none;
    }
    .anom-bar > .bottom-box {
        box-shadow: 0 -0.5rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12))!important;
    }
    div.top-center-box  > * {
        animation-name: bar-mobile;
        animation-duration: calc(0.9s * var(--timeScale));
    }
    div.top-center-box > :nth-child(1) { animation-delay: calc(0.1s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(2) { animation-delay: calc(0.2s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(3) { animation-delay: calc(0.3s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(4) { animation-delay: calc(0.4s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(5) { animation-delay: calc(0.5s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
    div.top-center-box > :nth-child(6) { animation-delay: calc(0.6s * var(--timeScale) + var(--timeDelay)); }
 
}
 
/*--- Motion Accessibility ---*/
@media screen and (prefers-reduced-motion: reduce) {
    div.anom-bar-container { --timeScale: 0!important; }
}
 
/*-------------------------*/
 
@keyframes divider {
    from { max-width: 0%;  }
    to { max-width: 100%; }
}
 
@keyframes bar {
    from { max-width: 0%; }
    to { max-width: 100%; }
}
@keyframes bar-mobile {
    from { max-height: 0%; }
    to { max-height: 100%; }
}
 
@keyframes bottomup {
    from { top: 100px; }
    to { top: 0; }
}
 
@keyframes expand1 {
    from { opacity: 0; clip-path: inset(0 calc(100% - 0.75rem) 0 0); }
    to { opacity: 1; clip-path: inset(0); }
}
@keyframes iconslide {
    from { opacity: 0; transform: translateX(-5rem); }
    to { opacity: 1; transform: translateX(0); }
}
 
@keyframes expand2 {
    from { opacity: 0; width: 1%; }
    to { opacity: 1; width: calc(100% - 0.25rem); }
}
@keyframes fade {
    from { opacity: 0; }
    to { opacity: 1; }
}
 
@keyframes flowIn {
    from { opacity: 0; transform: translateY(20px); }
    to { opacity: 1; transform: translateY(0); }
}
 
@keyframes arrowspin {
    from { clip-path: circle(0%); transform: rotate(135deg); }
    to { clip-path: circle(75%); transform: rotate(0deg); }
}
@keyframes nodegrow {
    from { transform: scale(0);}
    to {  transform: scale(1);}
}
@keyframes diamondBorder {
    from { box-shadow: -0.5rem -20rem 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
    to { box-shadow: -0.5rem 0 0 0 rgb(var(--black-monochrome, 12, 12, 12)); }
}
アイテム番号: XXX-JP
レベル2
収容クラス:
safe
副次クラス:
none
撹乱クラス:
dark
リスククラス:
notice

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の標準物品収容ロッカーに保管します。実験の際はセキュリティクリアランスレベル3以上の職員の許可が必要であり、SCP-XXX-JPの画面の数字を「-2」~「173(クリアランスレベル4所持者:174)」の範囲以外に設定することは禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは、一辺1mの立方体の形状をした装置です。SCP-XXX-JPを構成する未知の物質は異常な硬度や不変性を有し、既存のいかなる物質(反物質を含む)でも影響を与えることは不可能です。
SCP-XXX-JPの上底面には一般的に「タッチパネル」と称される画面が存在しており、操作が可能な状態となっています。画面には数字、特定の元素名、元素記号、「次」「前」「化合」「生成」「削除」のテキストが存在します。
以下は各テキストをタップした際の動作です。

・「次」数字が1増加。
・「前」数字が1減少。
(「次」「前」で調整した後の数字を原子番号とする元素の元素名が数字の下部に表示されます。)
・「化合」数字を固定し、数字の横に「+」と他の数字を表示。この数字も「次」「前」を押すことで調整が可能。これにより生成される物質を化合物にすることが可能。
・「生成」表示されていた元素名を持つ元素、またはそれらの元素で構成された物質がSCP-XXX-JP内部に出現。
・「削除」前回SCP-XXX-JPによって生成された物質を削除。

SCP-XXX-JPは前面を上方向にスライドすることで開閉可能であり、SCP-XXX-JP内部に生成された物質に接触することが可能です。SCP-XXX-JPによって生成された元素は天然に存在する元素と同一ですが、例外無く安定しています。

発見: 2018/2/18 0:00、東京都██区に存在するビルの地下駐車場に突如として出現しました。同時刻、同駐車場出口付近にて「何か硬い物体が地面に衝突したような音を聞いた」という報告が相次ぎ、エージェントが捜索したところ、SCP-XXX-JPが無傷の状態で発見されました。発見場所付近の防犯カメラには、SCP-XXX-JPが突如空中に出現し、地面に落下する様子が記録されていました。SCP-XXX-JPが発見された時刻に現場付近にいた人々にはAクラス記憶処理を行いました。

実験記録: 以下はSCP-XXX-JPに関する実験記録です。
実験記録XXX-JP-3 日時2018/2/18 17:39

対象: SCP-XXX-JP

SCP-XXX-JPの画面の数字: 「3」

結果: SCP-XXX-JP内部に1m³のリチウムが出現した。

分析: 指定した元素、もしくはその元素で構成された物質を生成する装置のようだ。「化合」は化合物のことだろうか。-本成博士

実験記録XXX-JP-5 日時2018/2/18 17:47

対象: SCP-XXX-JP

SCP-XXX-JPの画面の数字: 「1+1+8」

結果: SCP-XXX-JP内部に1m³の水が出現した。水は無味無臭だった。

分析: 水素と酸素の化合物が生成された。生成量は1m³で統一されているようだ。何によってこれらの元素は生成されているのだろうか。実験の為と言って飲んでしまったことを後悔している。非常に不味かった。 -本成博士

実験記録XXX-JP-6 日時2018/2/18 18:01

対象: SCP-XXX-JP

SCP-XXX-JPの画面の数字: 「118」

結果: SCP-XXX-JP内部に1m³のオガネソンが出現した。SCP-XXX-JPの周辺の空気の濃度の低下が確認された。なお、本来非常に不安定な元素であるはずのオガネソンは、SCP-XXX-JPの新たに発覚した異常性により安定している。

分析: SCP-XXX-JPは周辺の空気から元素を生成する、また、発生させた元素を安定化させる異常性を持つ可能性が高い。-本成博士

実験記録XXX-JP-7 日時2018/2/18 18:19

対象: SCP-XXX-JP

SCP-XXX-JPの画面の数字: 「0」

結果: SCP-XXX-JP内部に1m³の中性子が出現した。

分析: 数字は自然数でなくとも良いようだ。-本成博士

実験XXX-JP-8において事故が発生しました。以下は本件を事故記録XXX-JP-1として記録したものです。
事故記録XXX-JP-1 日時2018/2/18 19:04

対象: SCP-XXX-JP

SCP-XXX-JPの画面の数字: 「174」

結果: SCP-XXX-JP内部に1m³の[編集済]が出現した。[編集済]により、実験室内のSCP-XXX-JP以外の全物質が消失、実験に参加したD-XXXXXが[編集済]状態で終了した。SCP-XXX-JPの異常性によってSCP-XXX-JPに[編集済]の影響は及ばなかった。

分析: 二度と「174」以降の数字を設定してはならない。こんな物質は宇宙に存在してはならない。-本成博士

実験記録XXX-JP-9 日時2018/3/21 14:00

対象: SCP-XXX-JP

SCP-XXX-JPの画面の数字: 「-1」

結果: SCP-XXX-JP内部に1m³の反水素が出現した。SCP-XXX-JPの異常性によってSCP-XXX-JPとの対消滅は起こらなかった。

分析: 反物質も生成出来るようだ。だがこれは非常に危険な操作である。反リチウム以降の反物質があの装置で生成されると、対消滅で莫大なエネルギーを発すると予想されるからだ。今後はこれに該当する実験は禁止される。-本成博士

実験記録XXX-JP-10 日時2018/3/21 14:20

対象: SCP-XXX-JP

SCP-XXX-JPの画面の数字: 「███1

結果: SCP-XXX-JPの画面に「⚠Error! 当該装置の更新が必要な為、次の電話番号にご連絡下さい。自動新元素登録サービスにより更新されます。[編集済]」というテキストが表示された。

分析: 電話番号について調査する必要がある。-本成博士

追記1: 実験XXX-JP-10にて表示された電話番号を調査した結果、現時点で使用されていない番号であり、また、過去にこのような番号があったという記録は存在しないことが判明しました。「自動新元素登録サービス」という名称の制度が適用されている団体は現時点で存在しません。調査は継続されています。

追記2: 20██/7/3現在、日本新奇原子研究開発(以降JNARDと表記)の地下一階2に設置された研究室にて小型の粒子加速器の研究が進められていることが発覚し、これを受け本成博士がインタビューを実行しました。以下はJNARDの研究員に対するインタビューです。

対象: 叶見研究員

インタビュアー: 本成博士

付記: 叶見研究員はJNARDの上位研究員です。

<録音開始, 19:00>

[重要度の低い会話を省略]

本成博士: …では次に、あなた方が今後行う予定の研究をお教え下さい。

叶見研究員: 予定されているものでは、あらゆる物質からの影響に耐えることが可能な物質の研究、中性子、陽子、電子を空気中の原子から分離してそれぞれ別々に取り入れる研究、不安定な元素を安定化させる研究、あとは、時間逆行を誘発し、物質を過去に転送する研究ですね。

本成博士: なるほど…

[3秒間の沈黙、本成博士は考え込む仕草を見せる]

本成博士: …では最後に、小型の粒子加速器を製造する目的は何でしょうか。

叶見研究員: 小型粒子加速器以外の研究も全て、自由自在に元素を生成できる、科学界に革命を起こす装置の開発を目標にしています。そんな空想に思える装置、開発できるはずがない、なんて思うかもしれませんが、私達にとっては、成功はもはや目前です。今の私達の無限の好奇心の前には、どんな反論も無力ですよ。

本成博士: …では宜しければその装置の完成予想図のようなものがあれば持ってきて頂けますか。

叶見研究員: 分かりました。少々お待ちください。

[叶見研究員がその場から退出し、2分後に再び着席。資料が提示される。]

本成博士: …すみません。念の為もう一つ伺っても宜しいでしょうか。

叶見研究員: はい。大丈夫です。

本成博士: この装置は何かを参考にして描かれたものでしょうか。

叶見研究員: いえ、一から私達が考案したものです。なぜそれを?

本成博士: すみません。こちらの事情です。本日は以上となります。ご協力ありがとうございました。

叶見研究員: …ありがとうございました。

<録音終了, 19:11>

JNARDに対する調査は続けられます。





追加情報の取得には、認証が必要です。

職員コード
パスワード


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The T28's portal does not exist.


エラー: T28のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:7801238 ( 02 Jan 2022 00:52 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License